国家総動員報

2ちゃんねるの軍事関係のスレをまとめています。 その他、大日本帝国時代を懐古する様なスレもまとめています。 過激ではなく穏やかに保守の思想を貫きます。

イメージ
_________________________________________________________________________________________
_________________________________________________________________________________________
イメージ
記事一覧

【冬戦争】フィンランド軍を語ろう【継続戦争】

ブログ用7

16 :名無し三等兵 2005/10/08(土) 23:14:15 ID:SLOUr0Go

フィンランドの歴史はスラブとの戦いの歴史


114 :名無し三等兵 2005/10/09(日) 14:26:22 ID:???

フィンランド人は何であんなに強いんだ?
ろくな武器の無い人口370万の小国に
150万の赤軍が押し寄せても負けない国。
バクラチオン攻勢ではドイツ軍がクールラントで押しつぶされる横で
ほとんどパンツァーファウストだけで反攻作戦に転じてる。
あのシュトゥルモヴィクを対戦車銃で撃ち落す根性って一体‥


1 :名無し三等兵 2005/10/08(土) 22:50:57 ID:SLOUr0Go

「自国すら守れない民族を他国が助けてくれるはずがない。」

「もし、助けてくれることがあるなら、
何か別の野心を持っているだけのことである。」
 
「従って、大国に頼り切ることは
大国に逆らうのと同じくらい危険である。」

カール・グスタフ・エミール・マンネルヘイム

286 :名無し三等兵 2005/10/13(木) 16:05:17 ID:???

シベリウス 交響詩《フィンランディア》

スレのBGM

続きを読む

_________________________________________________________________________________________

日本はサイパン島が陥落した時点で降伏するべきだった

ブログ用6

1 :日出づる処の名無し 2006/06/03(土) 09:05:38 ID:Rnmw5vj9

結局あんだけ本土爆撃されたのに負けたし。
あの時点で降伏してもたいして変わらなかっただろ


52 :日出づる処の名無し 2006/06/04(日) 09:41:07 ID:LAETNWAl

明治維新の失敗だ

伊藤出て来い


53 :日出づる処の名無し 2006/06/04(日) 09:51:55 ID:d3Uw6T1L


安重根でてこい


21 :日出づる処の名無し 2006/06/03(土) 12:06:30 ID:V2Y7NJdM


>>1
結果論乙

続きを読む

_________________________________________________________________________________________

【難攻】サイパン防衛は不可能だったのか【不落】



1 :石原 莞爾 2006/08/14(月) 18:16:26 ID:???

「戦力は根拠地と戦場との距離の二乗に反比例する」

「戦争の勝敗は最初(開戦の時点)から分かっている。
皇軍の作戦は既に攻勢終末点を越えている。
戦力は根拠地と戦場との距離の二乗に反比例する。
持久戦争では攻勢終末点が最初から確立されなければならない。
東条(英機)の戦争はデタラメで決戦戦争(短期決戦)の方法だ。
攻勢終末点を越えれば叩かれるのは当然で、
負けると分かっている所(餓島)へ兵を送る馬鹿はない」

「本土周辺及びサイパン・テニヤン・グアムの南洋諸島を
一切難攻不落の要塞化し、何年でも頑張りうる態勢を取ると共に、
外交では支那事変(日中戦争)解決に努力を傾注する」

「特にサイパン防衛には万全を期し、ここは断固確保する。
これで米軍の侵入は充分防げた。米軍はサイパンを確保しなければ、日本本土への爆撃は困難であった。従って、
サイパンさえ防衛出来れば、レイテ(フィリピン)を守り、
持久戦に持ち込めた(戦争を膠着化)。蒋介石(中国・国民党総統)が態度(完全に連合国寄り)を明確にしたのはサイパン陥落後だ。
サイパンさえ死守出来たら、日本は東亜(東アジア)の内乱を
政治的に解決し、支那(中国)に心から謝罪して支那事変を解決し、
次に民族の結合を利用して、東亜一丸となる事が出来たであろう」

「今次大戦で、もしも自分が(陸軍)参謀総長だったなら、
日本は絶対に負けなかったであろう」

27 :名無し三等兵 2006/08/17(木) 11:42:56 ID:???

>>1
戦略持久の概念がなかったから。


9 :名無し三等兵 2006/08/14(月) 20:15:14 ID:???

何もかも海軍が悪い


10 :名無し三等兵 2006/08/14(月) 20:32:40 ID:wpDRSYWN

サイパン・グアムを無防備都市にしておけば、
武力で攻めてこなかったと思う。


11 :名無し三等兵 2006/08/14(月) 20:43:18 ID:???

>>10

平和裏に飛行場ができ、

そこから飛び立つB29で

本土は焼け野原っと。

続きを読む

_________________________________________________________________________________________

海軍中将南雲忠一の功罪

ブログ用5

1 :名無し方面隊 01/09/27 23:18 ID:qbRJykeI

真珠湾では反復攻撃をせず、ミッドウェイでは命令変更を繰り返し、
サイパンではかつて指揮した機動部隊の援護を得られず自決した、
ある意味海軍人事の犠牲者とも言える
海軍中将南雲忠一について語りましょう。


88 :名無し三等兵 01/10/28 03:26 ID:JAOHvVbB


名将南雲忠一を讃えよ


89 :名無し三等兵 01/10/29 20:14 ID:KWJotWyJ


>>88
讃えたいのは山々だが、例えばどういうことを讃えればいいので?


4 :名無し三等兵 01/09/28 00:21 ID:ljKgC.zw

艦隊運用能力は海軍随一。航空作戦に於いて、
源田(&草鹿)の様なボンクラに“任せ過ぎ”たのが彼の不幸なのだ。
尤も、山本(長官)がそのような人事になる様に
細工したからなんだが。
柴田(源田と同期)辺りなら、かなり違ったと思われ。

続きを読む

_________________________________________________________________________________________

南雲忠一提督を語るスレ

ブログ用4

1 :日本@名無史さん 02/09/04 22:09

南雲機動部隊についていろいろ語りましょう。


3 :名無し三等兵 2005/06/07(火) 15:37:26 ID:???

米沢藩出身だっけ?

昭和の海軍は長岡藩の五十六といい朝敵が多いなw


30 :日本@名無史さん 02/09/04 23:51

米沢は“米沢の海軍”と言われるように、
海軍の将官を輩出したことで有名。
大将、山下源太郎(海兵10期)、黒井悌次郎(10期)、
中将、上泉徳弥、釜屋忠道、釜屋六郎兄弟、
千坂智次郎(家老・兵部の末裔)、大湊直太郎、
今井信次郎、左近司政三、
片桐英吉、近藤英次郎、小林仁など多数。


62 :名無し三等兵 2005/06/12(日) 17:06:07 ID:???

1929年11月30日 海軍大佐・軽巡「那珂」艦長
1930年12月 第11駆逐隊司令
1936年10月 軍令部第1班第2課長
1933年11月15日 重巡「高雄」艦長
1934年11月15日 戦艦「山城」艦長
1935年11月15日 海軍少将・第1水雷戦隊司令官
1936年12月1日 第8戦隊司令官
1937年11月 水雷学校長
1938年11月15日 第3戦隊司令官
1939年11月15日 海軍中将
1940年11月1日 海軍大学校長
1941年4月10日 第1航空艦隊司令長官
1942年7月14日 第3艦隊司令長官
1942年11月11日 佐世保鎮守府司令長官
1943年6月21日 呉鎮守府司令長官
1943年10月20日 第1艦隊司令長官
1944年3月4日 中部太平洋方面艦隊司令長官兼
                       第14航空艦隊司令長官

11 :日本@名無史さん 02/09/04 22:36

南雲中将はいつしんだの?


14 :日本@名無史さん 02/09/04 22:44

昭和19年 7月 6日 サイパン島

玉砕(万歳突撃)

戦死(享年57歳)


続きを読む

_________________________________________________________________________________________

日本外交はなぜ太平洋戦争を回避できなかったか

ブログ用3

1 :名無しさん@お腹いっぱい。 2006/05/20(土) 14:19:16 ID:6RC9M0hQO

日本外交史上最大の失敗。
なぜ日本外交はその手段を失い、
無謀な開戦に踏切る事になってしまったのか検証してください。

527 :名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/16(日) 12:56:45 ID:171MVWzM0

日本の交渉案

[甲案](概要)
日支(日本と支那)間に和平が成立した暁(あかつき)には、
支那に展開している日本軍を2年以内に全面撤兵させる。
支那事変(日華事変・日中戦争)が解決した暁には、
「仏印」(フランス領インドシナ=現・ヴェトナム)に駐留している
日本軍も撤兵させる。通商無差別待遇(自由貿易)が
全世界に適用されるなら、
太平洋全地域と支那に対してもこれを認める。
日独伊三国同盟への干渉は認めない。

[乙案](概要)
蘭印(オランダ領東インド=現・インドネシア)での物資獲得が
保障され、アメリカが在米日本資産の凍結を解除し、
石油の対日供給を約束した暁には、南部仏印から撤退する。
更に、支那事変が解決した暁には、仏印全土から撤退する。

「ハル・ノート」(概要)
日本軍の支那・仏印からの無条件撤兵。
支那における重慶政権(蒋介石政権)以外の政府・政権の否定
(つまりは、日本が支援する南京国民政府=汪兆銘政権の否定)。
日独伊三国同盟の死文化(独伊両国との同盟を一方的に解消)。


633 :名無しさん@お腹いっぱい。 2006/08/02(水) 07:16:59 ID:Lqk1Al6Y0

対米開戦を決定したのは南進→石油全面禁輸のコンボ。


636 :名無しさん@お腹いっぱい。 2006/08/02(水) 11:37:32 ID:F1pxMRVe0

思いっきり概論的なことを言えば、
すでに日本の政治経済がドンづまっていて限界だったから。


639 :名無しさん@お腹いっぱい。 2006/08/03(木) 19:09:43 ID:xIKePTeH0

日本がやる気満々なのが問題といえば問題なのですが。

続きを読む

_________________________________________________________________________________________

【外務省】日本の幼稚な外交術【予算削減!!】

burogu

1 :ZENON2087 ◆fzidj.Qw 02/01/30 04:39
 
中央公論社の日本の近代を読み直しているんだけど、
一次大戦の頃から日本の外交って、失敗続きだね。
外務省、いったん廃止して、作り直した方がいいかも。


6 :ZENON2087 ◆D5HaAhTA 02/01/30 06:06


特に対華21箇条要求から、

太平洋戦争終結までは、

失敗の連続。


7 :日本@名無史さん 02/01/30 09:43


外務省のシパーイと聞いてまず思いつくのは、
対米宣戦布告のときの大使館の怠慢だな。
てめえらのせいでヤンキーどもに
卑怯なジャップ呼ばわりされちまったじゃねーか、全く。 

8:ZENON2087 ◆D5HaAhTA 02/01/30 22:37

なんだろーね。あのタイプライターの故障で、
宣戦布告を遅らしたなんて
続きを読む

_________________________________________________________________________________________

旧日本軍の「盧溝橋事件」の方がえげつない

ブログ用2

1 :文責:名無しさん 01/10/01 10:38 ID:QeI/GguU

近衛内閣が登場してから1ヶ月後の1937年(昭和12年)7月7日、
北平(北京)郊外の濾溝橋で日中両軍の小さな衝突があった。
これがその後日中全面戦争に発展する発端の「濾溝橋」事件である。
義和団事件をきっかけに
日本軍は1901年以来北平に駐屯軍を置いていた。
7月7日の衝突は
歩兵第1連隊第3大隊の第8中隊(清水節朗大尉以下135名)が
濾溝橋近くで夜間演習を行っているときに起きた。
濾溝橋の近くには宛平県城があり中国軍が駐屯していた。
この両軍が接近したなかで数発の銃声が響く。
点呼をとると日本兵1名がいなかった。
このため第3第隊長一木清直少佐は部隊を出動させた。
しかし、この不明の日本兵は行軍中に道に迷い、
のち部隊に帰還している。
このため日本軍は中国軍の不法射撃を問題にして陳謝を要求した。
歩兵第1連隊長の牟田口廉也大佐は
一木第3第隊長に攻撃命令を出した。
第3大隊は宛平県城近くの龍王廟に駐屯する
中国軍の攻撃にかかった。8日と9日の戦闘で12人の戦死者が出た。これが日中戦争の発端である。たしかに柳条湖事件のような
大がかりな謀略で発生したものではなかった。
この不明兵士の問題が解決した後に戦闘が発生した理由は、
牟田口廉也連隊長や一木大隊長が、軍の面目・威信にこだわり、
不法射撃の中国軍に対して一撃をかませてやろうとした
日本軍指揮官の思い上がりと浅はかさの産物であった。
実際、牟田口廉也はその後1944年に司令官として
無謀なインパール作戦を強行して失敗し、
ビルマからインド東北部で大多数の将兵を死なせている。
一木清直もガダルカナル戦で1大隊で同島奪回のために
アメリカ軍1師団と闘って全滅し、自決した猪突猛進型の将校であった。

●この事件での日本軍のえげつなさは以下の通りである。

現地での停戦協定が成立して中国軍の謝罪と宛平県城からの
中国軍の撤退、および日本軍の濾溝橋からの撤退が
決定していたにも関わらず、近衛内閣は派兵を承認し、
濾溝橋事件を中国の計画的武力抗日であるとした。
これは中国民族への侮蔑意識があり、
中国ナショナリズムへの軽視があった。
しかし、中国は西安事件を境に抗日民族統一戦線を形成しつつあり、
日本軍はこれ以後泥沼の日中戦争へと引き込まれていった。



39 :名無しさん 01/10/02 04:32 ID:4T0zhjW6

いまだに濾溝橋事件の原因は

日本軍にあると

思ってる奴がいるとは



22 :文責:名無しさん 01/10/01 23:51 ID:qbspRV/k

え?共産党の謀略だろ?
うまいことやったよねー。
続きを読む

_________________________________________________________________________________________

日本史から見た「日中戦争」を語ろう

ブログ用


236 :あまり美化できない戦争への道2 2005/07/03(日) 03:20:38


日中戦争の発端である盧溝橋事件は、
謎の発砲音に対する日本の攻撃命令で始まる。
発砲音の真偽は定かでないが、一兵士の暴走説や、
共産党の謀略説(日本と国民政府の共倒れ)などがある。

(?) 演習中謎の発砲音。
(日・中) 日本と中国は不拡大を確認。
(日) 再度発砲音の後、日本の攻撃命令。(日本の信用ダウン?)
(日・中) 停戦後双方兵の準備。
(中) 中国の停戦破りの攻撃。(中国の信用ダウン)
(日) 日本の北京占領。(この後通州事件)
(中) 中国の上海攻撃。(第二次上海事変)
(日) 日本の追撃戦。(南京・武漢・重慶)全面戦争化

日本は戦線を拡大する中でヨーロッパ情勢も絡み
東南アジアの資源地帯に狙いを付ける。
そこを支配する欧米列強と対立する事になり、
南部仏印進駐を以て石油の禁輸処置(ABCD包囲網)が採られる。
日本は交渉による打開に失敗。アジアを白人から解放するとの
大義名分を持ち出し、窮鼠猫を噛む戦争へと追いやられる。

続きを読む

_________________________________________________________________________________________

日本航空史上における「零戦」

imagesCANBY3ZP

1 :日野本零太郎 03/05/23 22:22

わが国の航空史上における最大の栄光と最大の挫折、
それは「零戦」。

「零戦」をまず主軸に置いて、
そこからわが国の航空史を辿ってみませんか。

http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/history/1051116777/l50

零戦って優秀だったの?!

http://page.freett.com/updat2ch/030429-1033953992.html

WW2傑作戦闘機を論じる 8

http://page.freett.com/dat2ch05/030514-1047183672.html

WW2傑作戦闘機を論じる 9


13 :NASAしさん 03/05/26 22:21

一度飛んでいる零戦の姿(エンジン音)を見てみたい、
聞いてみたいなあ・・・今はもう無理かな。

15 :NASAしさん 03/05/26 23:07

>>13
アメリカ行け!何機か飛行可能な状態で保存されてる。
エンジンもP&Wとかに換装した奴じゃなくて
オリジナルをレストアしたのがある。


16 :NASAしさん 03/05/26 23:13

>>13
居れも同じ気持ちになったことが何度もありまつ。



続きを読む

_________________________________________________________________________________________

イメージ
無慈悲な鉄槌を加える!
管理人:左大臣                      国民全てにお報せしたい情報を    記事にしております          非常時には国家総動員法に限る 相互リンク募集中です
保 守 を 育 む 愛 国 心
一日一回、清き一票を!
記事検索
最新コメント
アクセスランキング
イメージ
イメージ
イメージ