muta_04
                 

1 :世界@名無史さん:2012/06/28(木) 15:22:47.25 O

牟田口という史上最悪最凶の無能指揮官はなぜ、生まれたのか?

19 :世界@名無史さん:2012/06/29(金) 22:32:44.83 0


「第31師団が死ぬ気で頑張れば勝てた」

20 :世界@名無史さん:2012/06/30(土) 01:11:18.28 O

インドビルマてかなり険しい湿地帯だし、どう考えても無理

 
7 :世界@名無史さん:2012/06/28(木) 21:59:37.55 0

■佐賀県三大恥晒し軍人

①牟田口廉也(むたぐち れんや、1888年10月7日 - 1966年8月2日)
陸軍中将、イギリス人捕虜虐待のビルマ方面軍であり
戦犯容疑も不起訴。無謀なインパール作戦で失敗し
自決の意思を部下に話して制止されることを期待するが
部下からは「黙って腹を切って下さい」と言われ
愕然とするも自決せず余生を全うした
作戦後に失敗は部下のせいであると1時間以上泣きながらの
訓示が行われた。死ぬまで全責任を部下のせいと主張しており
部下関係者などから嫌われていた

②真崎甚三郎(まさき じんざぶろう、1876年11月27日 - 1956年8月31日)
陸軍大将、A級戦犯容疑で逮捕されるも不起訴
皇道派のトップであり青年将校たちをたきつける行動を見せていた
皇道派によるクーデター2・26事件における軍事法廷で
親密だった青年将校が「真崎から煽動された」と告白するが
真崎は「そんな浪人ごときにあったこともない」と答え
自己保身のため逃げた。青年将校たちは全員銃殺刑にされたが
真崎は無罪放免となり今も非難する声がある
東京裁判においても責任を政敵に押しつけて
「天皇ではできなかったことがアメリカによって実現された」などと
こびる態度を続け自己保身に努めている

③坂井三郎(さかい さぶろう、1916年8月26日 - 2000年9月22日)
海軍パイロット、降伏後無抵抗なアメリカ機を攻撃した殺人で戦犯容疑も不起訴。「大空のサムライ」で売名に成功するが
近年ゴーストライターの存在、内容の虚偽が暴露されている
戦中は若いパイロットに暴力をふるい、戦後は天下一家の会事件
(日本初のネズミ講)に加担して多くの自殺破産など犠牲者を
生んだにも関わらず死ぬまで謝罪や反省の言葉がなく
被害者をはじめとして元同僚部下からも嫌われていた


25 :世界@名無史さん:2012/07/01(日) 14:23:41.16 0

>>7
③の坂井三郎だけど、ちょっと別の面で。
大昔存命の時『朝まで生テレビ』の戦争特別討論番組に出ていて
「開戦は議会が決定し・・・」と確かに言ってた。

誰も何も言わなかったけど、これ、軍人としてあるまじき
基本的な間違いだよなあ。
宣戦は天皇大権によるもので
太平洋戦争の開戦には帝国議会は何ら関与していないんだから。
なんでこんな勘違いをずっとしていたんだろう?


26 :世界@名無史さん:2012/07/01(日) 14:26:44.60 0

坂井の主張を聞いてたたら、
自分達職業軍人はひたすら任務を全うしただけで
戦争に関する罪責とかは天皇や政治家にある、
って言いたい感じだったな。

ある意味それは正しいんだけど
戦後生まれの俺はどうしても
「それは一種の思考停止、責任からの逃避じゃないか」と思ってしまう。

27 :世界@名無史さん:2012/07/01(日) 14:29:35.37 0

大井篤も「対米開戦するとどうなるか何もかも分かっていた」
という感じなのに
「では戦争を防ぐべくなんらかの進言はしたのか」
と聞かれたら
「それは自分の職掌の外だ」って言ってる。

なんかみんなどこかで逃げているんだよな。


36 :世界@名無史さん:2012/07/02(月) 14:08:22.86 0

インパール作戦失敗後の7月10日、司令官であった牟田口は、
自らが建立させた遥拝所に幹部将校たちを集め、
泣きながら次のように訓示した。
「諸君、佐藤烈兵団長は、軍命に背きコヒマ方面の戦線を放棄した。
食う物がないから戦争は出来んと言って勝手に退りよった。
これが皇軍か。皇軍は食う物がなくても
戦いをしなければならないのだ。兵器がない、やれ弾丸がない、
食う物がないなどは戦いを放棄する理由にならぬ。
弾丸がなかったら銃剣があるじゃないか。銃剣がなくなれば、
腕でいくんじゃ。腕もなくなったら足で蹴れ。
足もやられたら口で噛みついて行け。
日本男子には大和魂があるということを忘れちゃいかん。
日本は神州である。神々が守って下さる…」
訓示は1時間以上も続いたため、栄養失調で
立っていることが出来ない幹部将校たちは次々と倒れた。 
 

118 :播磨の冠者:2012/08/15(水) 22:32:01.37 0
牟田口ってのは、陸軍士官学校では
優秀な成績だったと聞いています。
インパール作戦の愚かさは筆舌に尽くしがたいものがあります。
むざむざ数万の日本兵を殺したような作戦で、
太平洋戦争の悲惨さを拡大した戦争でした。
たった1週間分くらいの食糧を持って遠足気分で
山脈を上がろうなどは全くアホの限りで、こ
れが軍指導部の真の姿でした。日本兵の退却は白骨街道と言われ、食人等残虐な事実も確認されています。たとえ平地までおりてきても、ビルマの雨季の中で日本兵は傷口にウジをわかせながら
退却していきます。現地人につかまれば、
頭つかまれて刀で首を斬り落とされます。
牟田口は戦後ものうのうと、よくも生き恥をさらしました。
日本兵ゆかりの人々は彼に何も仕返しもせず、
ここまで日本人とは大人しいものかと身につまされます。
牟田口のような指揮官は、
日本ではザラに存在するのではないかと思います。

50 :世界@名無史さん:2012/07/05(木) 11:08:45.88 0

海軍に牟田口はいない
だがあの居並ぶ将官の一人一人が牟田口なのだ

51 :世界@名無史さん:2012/07/05(木) 19:39:43.17 0

牟田口みたいなやつはあまりいない。
富永みたいなやつはゴロゴロいる


102 :世界@名無史さん:2012/07/28(土) 16:52:24.44 0


「勝てば官軍、負ければ賊軍」

という言葉がありますが、

日本人には死人にはムチ打たない

という美学もあるとおもいます 


 

103 :世界@名無史さん:2012/07/28(土) 18:09:56.12 0

その死人が全く反省もせずに畳の上で死んだのなら
やはり叩かれて然るべきだよ。

それと、為政者とか高位の軍人とか、要するに歴史書に
名前が載るほどの人物は厳しく評価されるのは仕方ない。


119 :世界@名無史さん:2012/08/16(木) 05:31:58.14 0

牟田口も当然問題だが、このような人間が独断専行する組織と
なれあいの責任回避につながる場の空気の尊重という
日本人の悪癖が根本だと思う。
そしてそれは現在もまったく変わっていないように思う。
大津の事件での教育委員会等や原発事故後の東電の対応、
更にはサービス残業が当然という風潮
これらすべて根を一つにしていると思う、
そしてそれを変えるというのは非常に困難だろうなあ。



120 :世界@名無史さん:2012/08/16(木) 13:39:06.90 0

戦後はそういう組織のあり方を根本から変えるのが嫌だから、
仕方ないので判断その他は
全部アメリカに丸投げしちゃったのが日本だからな。

原発の爆発もその延長線上にあるし…。 



71 :世界@名無史さん:2012/07/07(土) 22:41:21.61 0

7/7は盧溝橋事件の日
この時の警備司令官代理が牟田口だった 


207 :世界@名無史さん:2012/09/23(日) 11:21:14.40 0

牟田口は盧溝橋事件の時に近くにいた歩兵第一聯隊の連隊長
インパールの時にビルマ駐留の第十五軍司令官と
その時たまたまその場所にいたという最悪のタイミング

辻は勝手に動いてそれを押し通しちゃう
「天保銭」の威光もあったろうけどね 

 

92 :世界@名無史さん:2012/07/22(日) 21:04:01.80 0

ビルマ方面軍司令官の木村兵太郎だよな。

文字通りの敵前逃亡、
敵軍の迫るラングーンから飛行機で自分だけ
タイに逃げ延びたのは。

しかも逃亡途中になぜか大将昇進という変な逸話付き。

インパールは無論悲惨だけど、
その後のビルマ戦線の総崩れのほうが
規模的にはより悲惨。民間人も数多死んだ。


96 :世界@名無史さん:2012/07/25(水) 22:18:36.06 0

ビルマ戦線で言えば部下に直接暴力をふるいまくって
将校クラスにまで自殺者を続出させた花谷正も嫌いだ。
こいつ、天保銭組であることをとにかく自慢して
「陸大も出ていない奴が何を言うか!」が口癖だった。

戦後、葬式の時は旧部下が全然参列しなかったらしい。


94 :世界@名無史さん:2012/07/24(火) 17:15:21.92 0

山奥で孤立気味の基地でも、空路で補給すれば包囲されても勝てる、と言う前例を作った牟田口将軍はディエンビエンフーで
空輸にたよったフランス軍の敗因を作ったベトナム独立の英雄。


45 :世界@名無史さん:2012/07/04(水) 03:21:41.93 O
ジンギスカン作戦なんて、死に行くだけだろ

46 :世界@名無史さん:2012/07/04(水) 03:41:09.65 0

史上最凶の作戦


48 :世界@名無史さん:2012/07/04(水) 17:22:45.58 O

餓死と栄養失調なんだから、本当に悲惨だ


69 :世界@名無史さん:2012/07/07(土) 20:48:58.32 O

一番悲惨なのは、無理難題を押しつけられた日本兵なんだよな
牟田口の無茶苦茶な作戦で多くの日本兵が死んでいったんだから


275 :世界@名無史さん:2012/10/06(土) 00:27:16.98 0

補給線を軽視しているのは、いつものことだし。
大きな犠牲を出すのもいつものことだし。
指揮官が無能なのもいつものことだね。

337 :世界@名無史さん:2013/04/30(火) 05:51:44.90 0

昭和18年5月 アッツ島(約3000人)★戦死率99%
昭和19年7月 サイパン(約3万人)★戦死率98%
昭和19年7月 グアム(約1万8000人)★戦死率97%
昭和19年10月 フィリピン(約40万人)★戦死率91%
昭和19年11月 パラオ(約6万3000人)★戦死率97%
昭和19年11月 ペリリュー(約1万1000人)★戦死率96%
昭和20年3月 硫黄島(約2万人)★戦死率96%
昭和20年6月 沖縄(約10万人)★戦死率92%

この死亡率みてると、
死亡率7割のインパール作戦が優秀にみえてきただろ?


342 :世界@名無史さん:2013/05/27(月) 13:10:02.03 O

戦死者の多くは餓死
指導部の責任は重い


95 :世界@名無史さん:2012/07/24(火) 21:36:01.25 O

牟田口のせいで、何万の日本兵が餓死で死んだのに
牟田口はヘラヘラしてたとかやりきれないな 
 

37 :世界@名無史さん:2012/07/02(月) 18:09:32.22 O



悪魔みたい奴だな。牟田口

 

38 :世界@名無史さん:2012/07/02(月) 19:50:55.43 0

しかし、そんな人間を司令官にしてしまった
陸軍の組織としての責任はどうなるんだ?

40 :世界@名無史さん:2012/07/02(月) 21:31:54.62 O

権力構造て、昔から何ら変わってないな


208 :世界@名無史さん:2012/09/23(日) 17:53:18.25 0

個々の将軍の行動がどうということより、
日本の組織というのは、責任体制がない。
将軍が勝手に行動してそれを抑制できない。
満州事変がその代表。あれでは戦争はできない。
戦争は戦うだけでなく、どこで停戦にするかなどの、
指揮命令系統がなければ出来ない。
天皇の権力、位置があいまいだった。
日本の会社もアイマイだったのが、国際競争に対応できないで
いまごろ確立しようとしている。
みずほ銀行は3人指導者でやっていた。


 119 :世界@名無史さん:2012/08/16(木) 05:31:58.14 0

牟田口も当然問題だが、このような人間が独断専行する組織と
なれあいの責任回避につながる場の空気の尊重という
日本人の悪癖が根本だと思う。
そしてそれは現在もまったく変わっていないように思う。
大津の事件での教育委員会等や原発事故後の東電の対応、
更にはサービス残業が当然という風潮
これらすべて根を一つにしていると思う、
そしてそれを変えるというのは非常に困難だろうなあ。


120 :世界@名無史さん:2012/08/16(木) 13:39:06.90 0

戦後はそういう組織のあり方を根本から変えるのが嫌だから、
仕方ないので判断その他は全部アメリカに丸投げしちゃったのが
日本だからな。

原発の爆発もその延長線上にあるし…。

209 :世界@名無史さん:2012/09/23(日) 22:34:34.80 0

将軍レベルの独断専行なら別に珍しくない
昭和陸軍の場合佐官、それも連・大隊長ではなく指揮権のない
参謀が独断専行するという異常事態

214 :世界@名無史さん:2012/09/24(月) 16:23:45.64 0

独断って言っても、大概は追認されて勲章もらえたしね。
ただインパールとかは失敗確実だったから。


215 :世界@名無史さん:2012/09/24(月) 16:35:50.45 0

>>214
そういう事態を避けるためにも、
満州事変の時に処分者を出さなきゃダメだったんだけどな。


267 :世界@名無史さん:2012/10/02(火) 23:31:01.91 0

粛清される恐怖が無いので好き勝手出来た。
昭和天皇がスターリン並の裁断をしていれば
無謀な作戦を遂行した奴らも躊躇しただろう。


127 :世界@名無史さん:2012/08/22(水) 08:15:46.66 0

学歴的には超エリートなんだけどな。

128 :世界@名無史さん:2012/08/22(水) 08:21:01.45 P

帝大生から一段格下に見られてたけどな陸大


129 :世界@名無史さん:2012/08/23(木) 12:05:41.58 0

陸軍大学は2年以上勤務した30歳未満の中尉・大尉が
行くところだから、普通の大学と比較するのはおかしいがな。

比較するんだったら、陸軍士官学校だろ。


134 :世界@名無史さん:2012/08/23(木) 22:29:16.56 0

>>129
現代でいえば、

防衛大学 = 陸軍士官学校、海軍兵学校
指揮幕僚課程 = 陸軍大学、海軍大学

だからな。


130 :世界@名無史さん:2012/08/23(木) 13:36:16.32 0

牟田口というより日本軍全体が学歴エリートと実務能力が必ずしも
比例しないことを実証してしまった…。

というかエリートが暴走すると無能よりも性質が悪い、
被害範囲が国全体に波及するからな。


193 :世界@名無史さん:2012/09/21(金) 15:17:30.57 0

牟田口もそうだけどエリート将校は手段を選ばないから。
あなたとは違うんです、っていう意識が強く、
人の意見など聴かない。特に一度見下した人間のいうことは。

偉い人の中では、
荒木、南、板垣あたりは結構いい人っぽいんだけどな。


196 :世界@名無史さん:2012/09/21(金) 19:52:15.79 0

そのエリート教育に失敗したおかげで、
戦後はエリート教育一切せず、
難しい国際判断は全てアメリカまかせというありさま…。


199 :世界@名無史さん:2012/09/21(金) 21:21:24.45 0

>>196
エリート意識を持つ事が悪い事のようになってるから
自然と高学歴のやつは
内にこもった歪んだエリート意識を持つんだよな


140 :世界@名無史さん:2012/09/07(金) 05:01:11.14 0

>>130
梅津美治郎は陸大を首席で卒業したけど普通に有能じゃね?

「梅津ある限り、スターリンはビビッて攻めて来れなかった。」
「戦わずして勝つ有能な軍人です。東條英機と違って。」
「有能なキャリア官僚でもあります。石原莞爾と違って。」

by 飯村穣(総力戦研究所所長)


143 :世界@名無史さん:2012/09/07(金) 21:01:47.99 0

>>140
>スターリンは
なだれをうって攻めてきたじゃないか。

梅津の有能さは否定しないけど、参謀総長ひとりが有能なだけで
あの劣勢を挽回するのは無理だったし、
ましてや一国が他国に侵攻するのを防ぐなんて無理。

梅津って全然個人的な回想とかメモとか日記とか遺してないらしい。
残念だな。 



142 :世界@名無史さん:2012/09/07(金) 10:29:02.84 0

陸大を首席で卒業した著名な軍人

第1期 東條英教
第7期 由比光衛
第13期 武藤信義
第17期 渡辺錠太郎
第18期 松井石根
第19期 荒木貞夫
第21期 古荘幹郎
第22期 畑俊六
第23期 梅津美治郎
第26期 山脇正隆
第27期 今村均
第28期 下村定
第30期 鈴木率道
第33期 澄田睞四郎
第42期 西浦進
第51期 瀬島龍三

145 :世界@名無史さん:2012/09/08(土) 01:17:12.48 0

>>142
まともなの今村均ぐらいじゃんか


147 :世界@名無史さん:2012/09/08(土) 16:10:45.92 0

>>145
松井石根は?
南京事件の真偽にかかわらず
この人が罪無くして死んだことには変わりない
基本的に「作戦指導」「現地判断」などの日本特有の
不合理な命令系統の錯綜を理解しないで行われた戦犯裁判は
本当に捕虜や民間人を虐殺虐待した人間がのうのうと生き延び
無関係な「名前だけの責任者」が処罰された例が多すぎ


152 :世界@名無史さん:2012/09/09(日) 19:13:06.59 0

>>147
自ら罪を受け入れたじゃないかw 
泣いて部下の非道を攻めたけど、嘲笑されたんだろ。
それだけ部下の掌握ができていなかったってこったな。


154 :世界@名無史さん:2012/09/09(日) 23:20:34.19 0

松井のような人間が嘲笑されたり、「部下の掌握が出来てない」と
揶揄される組織、日本社会ってなんだろうね。真剣に思うわ。
彼を嘲笑した中島今朝吾は長命とはいえないが畳の上で死ねたな。

獄中で罪を最後に受け入れたというのは
それだけ人間として真面目な人だったってことだ。
俺は松井大将の「自分が死刑になることで日本人に反省を促したい」
という言葉を自分達への遺言だと思ってるよ。

反面、山下奉文はシンガポールでの華僑虐殺に
何の罪悪感も感じていなかったようだ。
フィリピンにいた時、オートミールを食いながら部下の将校に
自分の華僑への「決然とした態度」を自画自賛していたらしい。

だいたい部下の掌握度で功罪を言うなら
辻政信なんかが90点以上になるだろ。
でも辻が良識ある軍人だなんて思う奴いるか?


158 :世界@名無史さん:2012/09/10(月) 17:42:55.76 0

>>154
気持ちは分かるが、それだけトップは責任があると思うよ。
部下の掌握ができなきゃ
それだけの責任を負わないといけない。



156 :世界@名無史さん:2012/09/10(月) 01:37:02.10 0

>154
異常な集団では良識ある人間が異端として爪弾きに遇うもんなあ。


177 :世界@名無史さん:2012/09/14(金) 22:26:08.70 0


>>156

・・・某ネット掲示板のことか

引用元 http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1340864567/