1 :石原 莞爾 2006/08/14(月) 18:16:26 ID:???

「戦力は根拠地と戦場との距離の二乗に反比例する」

「戦争の勝敗は最初(開戦の時点)から分かっている。
皇軍の作戦は既に攻勢終末点を越えている。
戦力は根拠地と戦場との距離の二乗に反比例する。
持久戦争では攻勢終末点が最初から確立されなければならない。
東条(英機)の戦争はデタラメで決戦戦争(短期決戦)の方法だ。
攻勢終末点を越えれば叩かれるのは当然で、
負けると分かっている所(餓島)へ兵を送る馬鹿はない」

「本土周辺及びサイパン・テニヤン・グアムの南洋諸島を
一切難攻不落の要塞化し、何年でも頑張りうる態勢を取ると共に、
外交では支那事変(日中戦争)解決に努力を傾注する」

「特にサイパン防衛には万全を期し、ここは断固確保する。
これで米軍の侵入は充分防げた。米軍はサイパンを確保しなければ、日本本土への爆撃は困難であった。従って、
サイパンさえ防衛出来れば、レイテ(フィリピン)を守り、
持久戦に持ち込めた(戦争を膠着化)。蒋介石(中国・国民党総統)が態度(完全に連合国寄り)を明確にしたのはサイパン陥落後だ。
サイパンさえ死守出来たら、日本は東亜(東アジア)の内乱を
政治的に解決し、支那(中国)に心から謝罪して支那事変を解決し、
次に民族の結合を利用して、東亜一丸となる事が出来たであろう」

「今次大戦で、もしも自分が(陸軍)参謀総長だったなら、
日本は絶対に負けなかったであろう」

27 :名無し三等兵 2006/08/17(木) 11:42:56 ID:???

>>1
戦略持久の概念がなかったから。


9 :名無し三等兵 2006/08/14(月) 20:15:14 ID:???

何もかも海軍が悪い


10 :名無し三等兵 2006/08/14(月) 20:32:40 ID:wpDRSYWN

サイパン・グアムを無防備都市にしておけば、
武力で攻めてこなかったと思う。


11 :名無し三等兵 2006/08/14(月) 20:43:18 ID:???

>>10

平和裏に飛行場ができ、

そこから飛び立つB29で

本土は焼け野原っと。


13 :名無し三等兵 2006/08/14(月) 21:30:25 ID:???

>本土周辺及びサイパン・テニヤン・グアムの南洋諸島を
一切難攻不落の要塞化し、
>何年でも頑張りうる態勢を取ると共に

絶っっっっっっ対ムリwwwwww


14 :名無し三等兵 2006/08/15(火) 00:28:57 ID:J2xUcrXJ

>本土周辺及びサイパン・テニヤン・グアムの南洋諸島を
一切難攻不落の要塞化し

一文で済ましてるけど、具体的にどうやんの?


16 :砂漠狐達 ◆eVB09GorVw 2006/08/15(火) 00:52:20 ID:???

>>14
具体的な案などあるまい。
「絶望的観測で始めた戦争を、希望的妄想で進めて、
絶望的な結果に終わった」
その焼き直しなんて、小学生のさくぶんで良いのさ。
要は仮想戦記よ。

多分、満ソ国境の要塞地帯みたいな物かと。
もしくは東京湾要塞地帯。でも、イギリス御自慢の昭南島は陥ちたし、(状況が少し変わるが)青島も、セバストポリも、旅順も陥ちた。
「漢の妄想」と書いて『ヲトコのユメ』と読ませる、
陸海空何処からせめても失陥しない
無敵要塞を空想していたんでしょうね。


3 :名無し三等兵 2006/08/14(月) 18:20:24 ID:???

アメリカを敵に回したわけなんだから、
そもそも勝てるわけが無いだろうに。


4 :名無し三等兵 2006/08/14(月) 18:43:11 ID:Ogqc0moa

仏印や蘭印への進出、三国同盟の締結がなければ
米国も中立の立場を貫き対日石油輸出も
禁じられる事もなかったと思われる。
支那事変のみならある程度まで進攻した時点で落としどころを見つけ停戦にすれば良い。米国に勝つ以前に戦う理由すら無くなるわけで。当然サイパン防衛なんて考える必要もなく。


6 :名無し三等兵 2006/08/14(月) 19:04:24 ID:vr7KRqk2

大和、武蔵を砲台として

座礁させておけば

米軍の上陸は不可能だった。


7 :名無し三等兵 2006/08/14(月) 19:17:25 ID:???

>>6

つ、釣られないぞ!!


17 :名無し三等兵 2006/08/15(火) 01:38:13 ID:kPRCU5ox

山本長官の「最初の半年~1年にかけては存分に暴れてみせます」
からもわかるように短期決戦を想定した攻撃は最大の防御なり、
しか考えてません。守りを重視しての長期戦なんて想定外です。


18 :名無し三等兵 2006/08/15(火) 03:13:10 ID:???

陸海軍で予算の取り合いをしている時点で負け決定。
対米開戦前に中国に対抗して年20万ドル位対米工作に
使えればそんな面倒なことをしなくて済む。

19 :名無し三等兵 2006/08/15(火) 08:43:54 ID:???

陸海空海兵の4つで

予算の取り合いをしていた

米軍に言われたくない。


24 :名無し三等兵 2006/08/15(火) 21:54:14 ID:???

>>19
すみません。マリンコはNAVYの予算内でやりくりしていますから
この2つの間で取り合いはありません。


21 :名無し三等兵 2006/08/15(火) 12:50:29 ID:???

要塞化したらしたでマジノみたくスルーされたりして。


22 :名無し三等兵 2006/08/15(火) 16:48:20 ID:???

ラバウル・トラックは見事にスルーされましたが?


25 :名無し三等兵 2006/08/15(火) 23:47:07 ID:???

すべて海軍が悪い。 


29 :名無し三等兵 2006/08/18(金) 22:50:17 ID:ZWH9QCJr

断固守らなければいけないなら、
3個師団でも5個師団でも配置すればいいのに
どうしてしなかったの?硫黄島 サイパン グアム なんで1個師団?


100 :名無し三等兵 2006/08/20(日) 00:21:11 ID:y2eCVl7B

一個師団しかいなくてなにが絶対国防圏だよ
いくら広くたって台湾とか内地には陸上部隊なんかいらんだろ
中国の要所ひとつ取られるより
サイパンとられるほうがよっぽどか苦しいんじゃねえの


30 :名無し三等兵 2006/08/18(金) 23:00:47 ID:oDmjLXlQ

断固守らなければならない場所が余りにも多すぎたから
夏だから小学生がいるのは仕方がないけど
太平洋戦争がどれだけ広範囲で
戦われれていたかくらいは知っておいた方がいいよ


31 :名無し三等兵 2006/08/18(金) 23:05:50 ID:???

>>29
それぞれ2個も3個も師団配備できるほど大きな島じゃないですから。
攻撃軍はせいぜい1ヶ月で済むけど、
防衛側は半年以上駐留することになる。

ついでに硫黄島は1個師団ですら
飲料水の確保に苦労されておりました。


102 :名無し三等兵 2006/08/20(日) 00:54:54 ID:y2eCVl7B

じゃあ守れないじゃん・・・


32 :名無し三等兵 2006/08/18(金) 23:20:34 ID:???

同じ玉砕するにしても、

万全の体制で

迎撃してもらいたかった。

やっぱり海軍が悪い。


35 :名無し三等兵 2006/08/19(土) 02:00:31 ID:jonQPnhp

サイパンは地盤が沖縄、硫黄島と異なり貧弱なので、
重巡以上の艦砲射撃、水平爆撃に耐え得る要塞化は不可能。

そもそも、制海権を失った時点で勝ち目は無い。
制海権さえあればいつでも、どこでも、自由に兵を展開できる。
制海権が無いと上陸作戦が出来ないので攻勢には出れず、
海上輸送はままならず、
敵が上陸するのを指をくわえて見ている他無い。

そんな軍隊がどうがんばったって、防衛は不可能


28 :名無し三等兵 2006/08/18(金) 22:08:13 ID:7fuPBUEy

すべて海軍が悪い。

37 :名無し三等兵 2006/08/19(土) 02:32:06 ID:???

古来、補給・援軍のない篭城で勝った例はあるのか?

38 :名無し三等兵 2006/08/19(土) 03:02:46 ID:???

>>37
瓶割り柴田とか・・・。
これぐらいしかおもいつかんw

39 : 2006/08/19(土) 08:16:30 ID:pa28VosU

もし、本当にサイパン攻略が不可能なら、
アリューシャン→千島みたいに
北太平洋から攻撃するルートをとるんじゃね?

123 :名無し三等兵 2006/08/24(木) 12:11:21 ID:???

栗林中将をサイパン防衛司令官に推薦


124 :名無し三等兵 2006/08/24(木) 23:39:25 ID:???

>>123
他が一緒なら栗林中将がなっても意味なし。
硫黄島の陣地防御は彼の発案じゃないし、
まっとうな陣地構築の為の時間がそもそもないし。


40 :一国民 2006/08/19(土) 12:44:25 ID:vUM4gyOU

もし仮にサイパンが本当に難攻不落な要塞化が構築できたとしよう。
そうなると米軍は戦略価値と損害を天秤にかけてスルーするでしょうネ
小さい島に大兵力
補給無しで第二の餓島だ
あとバンザイ突撃は、弾薬食料が枯渇したために
帝国軍人が選ぶ崇高な戦死

「どうにもならないので恩給を家族に支給してもらう為に
考えついた自殺だから、突撃に参加出来ない兵隊は
手榴弾で自爆、手榴弾が無い場合銃殺」

 硫黄島や沖縄は自殺も禁じたそうだが


42 :名無し三等兵 2006/08/19(土) 12:59:06 ID:???

セメント等足りなかった話を聞くがサイパンの話じゃなかったかな?


43 :一国民 2006/08/19(土) 13:12:33 ID:vUM4gyOU

もう輸送も困難だよ
油足りない、輸送船沈没し杉、護衛する駆逐艦も不足、
内地は熟練作業員まで徴兵した為生産力著しく低下
「後でまた作業員に戻すんだけど」徴兵した時期だよネ


134 :名無し三等兵 2006/08/26(土) 02:56:17 ID:bgSCIu/T

サイパンの防衛強化には一応力を入れていたらしい。
しかし、内地から送られた物資の多くは
トラックなどでの効率的な輸送が出来ず港に山ズミ。
サラニ優先的に飛行場の整備に使われたため
島の要塞化はさらに遅れたとか。
しかし米上陸時には、他の地域に送られる寄航中の部隊、
再編成中の部隊などが島にいて彼等が急遽サイパン防衛に
借り出された云々という話を聞くと、
サイパンの攻防戦がこれから行われるという事自体が
一部を除いて大部分の人間には
認識されていなかったのではないか・・・

47 :名無し三等兵 2006/08/19(土) 16:15:34 ID:hST9tSpd

サイパンを一大航空要塞と化して米海軍を迎撃
機動部隊を一挙壊滅できればあるいは


48 :緑装薬4 ◆8R14yKD1/k 2006/08/19(土) 16:22:57 ID:IFp+DcNd

反攻作戦のない島嶼作戦に勝ちはないよ。

先島だって冗談で
「防衛しないで取り返したほうが損害少ないよなあ」
ってこと言ってるし(笑)
まあ、政治的には防御しないしでおくことはできないがねえ・・・

戦術的に言えば、そのほうが絶対にいいわけだし、
逆に言えば島は取りかえせないと意味がないわけで・・・


49 :名無し三等兵 2006/08/19(土) 16:25:09 ID:???

サイパンの守りに入った時点で敗北まっしぐらだろ
別に米軍は飛行場が欲しいのであって、
サイパンの防備が堅ければほっといてテニアン取ればいいだけ


50 :緑装薬4 ◆8R14yKD1/k 2006/08/19(土) 16:31:16 ID:IFp+DcNd

まあ、そもそも「防御」だけで戦闘に勝つことは出来ないわけで。

相手の意思を砕くような防御をするなんてことこそ
不可能だろうてねえ・・・


53 :名無し三等兵 2006/08/19(土) 16:39:00 ID:vz3sfvX/

戦史叢書に、マリアナ敗北直後に
幻のサイパン増援計画ってのがあったと書いてあった

山城+第5艦隊に護衛させて
サイパンに輸送船団を送り込む内容だった
神参謀が「俺が山城艦長として突っ込む」と息巻いていたらしい

神がサイパンで死んでいれば、大和特攻なぞせんで済んだのに


150 :名無し三等兵 2006/09/12(火) 22:31:06 ID:msLi4Ngf

神さんが言うみたいに戦艦を問答無用で突っ込ませたらどうだろう?
レイテや天一号のときと違って
ある程度の航空支援は期待できるし……


153 :名無し三等兵 2006/09/12(火) 23:24:31 ID:???

>>150
>レイテや天一号のときと違って
ある程度の航空支援は期待できるし……

どこから航空支援をするのよ?
レイテや沖縄よりも、突入作戦が計画された時期のサイパンは
航空支援がしにくい場所なんだが。


55 :名無し三等兵 2006/08/19(土) 17:48:50 ID:zmAYOgDi

連合艦隊の総力を挙げて

島を曳航すれば良いんだ!

まさに不沈空母。

名付けてひょうたん島作戦


60 :名無し三等兵 2006/08/19(土) 20:55:17 ID:???

マリアナ近辺の空港建設可能な島を
全て大規模地下要塞化した上で可能な限り食料を貯めこんでおく。

米軍の損害は史実より増えるだろうが、勝てる気はしないなあ・・・


61 :名無し三等兵 2006/08/19(土) 21:00:07 ID:UdciEFc0

東條参謀総長はマリアナの守りはバッチリおkって
太鼓判押してるんだよな。陸軍は島を奪い合って戦うって
概念が乏しいような気がする。
島国陸軍の癖に思考法が大陸軍的なんだ。
まあ基本的には海軍の領域なので仕方ないのかもしれんが。


62 :名無し三等兵 2006/08/19(土) 21:05:56 ID:bg+GmSYH

制空権も制海権もない孤立した島でどーやって勝つの?
増援ってったって潜水艦にボカボカ沈められてたんだから。
所詮戦は国力がモノをいうのさ…


63 :緑装薬4 ◆8R14yKD1/k 2006/08/19(土) 21:06:23 ID:IFp+DcNd

>61
中国大陸での戦闘を主眼に整備されて、教育してきたからなあ。
ジャングル戦ですら太平洋戦争が始まってから
研究しはじめてるしねえ。

「陸軍は中国を、海軍はアメリカを」って住み分けだったからねえ。


64 :名無し三等兵 2006/08/19(土) 21:07:58 ID:???

500円で買った「硫黄島の砂」を見ていて思ったんだが、
日本には海兵隊が必要だったんじゃないか?
陸軍は大陸戦が専門だろ。


66 :名無し三等兵 2006/08/19(土) 21:08:51 ID:???

>>64
あのね 海軍陸戦隊が(ry


67 :名無し三等兵 2006/08/19(土) 21:11:47 ID:???

海軍陸戦隊ってどの程度の規模で錬度だったのよ?


68 :名無し三等兵 2006/08/19(土) 21:12:29 ID:???

米海兵隊に対抗できるしろものだったのか?


69 :名無し三等兵 2006/08/19(土) 21:12:47 ID:???

>>67
つ 上海事変


75 :名無し三等兵 2006/08/19(土) 21:26:44 ID:???

真珠湾やインド洋で

華々しい戦果を上げていた

南雲中将。僅か三年後、

サイパンで壮絶に散る自分の姿を

想像ついたであろうか


109 :一国民 2006/08/20(日) 12:10:23 ID:WOypwwLV

サイパン方面軍の基地航空機は約150機配備
サイパン上陸直前に大多数が空襲により破壊、全滅

米上陸前日
陣地構築中の日本に対し艦砲射撃や艦載機の爆撃により
水際に集積してあった大量の物質を喪失

米上陸一日目
水際作戦により米軍の被害増大
一部物資回収
水際作戦の幸運は野砲が無傷だった

米上陸二日目
マリアナ沖海戦大敗
事実上連合艦隊壊滅

上陸七日目
使用可能火器
重火器は既に無し、戦車3両、爆雷と手榴弾と機銃、銃のみ
「地雷ではない」

大本営
降伏命令ダセよ


110 :名無し三等兵 2006/08/20(日) 12:14:13 ID:???

なにもかも海(ry


147 :名無し三等兵 2006/09/12(火) 15:59:15 ID:JFACr+Tm

サイパンは日本の領土です
アメリカに返還してもらいましょう


148 :名無し三等兵 2006/09/12(火) 16:36:45 ID:MmLWazck

>147
現実はともかく、今もサイパンが日本領(って言うか、
正確には信託統治だったわけで日本の領土とはちと違うが)だったら、日本人もチャモロ人もカナカ人も皆幸せだったんでわ?
と夢精、もとい、夢想してしまう。


149 :名無し三等兵 2006/09/12(火) 22:29:11 ID:jeeZw1yQ

ある程度の持久戦はできたんじゃないかな。
正面から戦闘したから大敗して
最後はおきまりの万歳突撃じゃなあ。


114 :えICBM 2006/08/20(日) 13:46:05 ID:???

サイパンの負けをその後の持久戦術に生かしたのだから、
皇軍も学習能力がある事がわかる。
兵士にとってはいい迷惑だが。


23 :名無し三等兵 2006/08/15(火) 17:34:19 ID:???

なにもかも海(ry

引用元 http://mimizun.com/log/2ch/army/1155546986/