ブログ用56

1 :平和主義者 04/05/14 20:08 ID:???

彼らがいなければアジアに平和は訪れず、いまだ
軍国主義ニッポンによるアジア支配は続いていました!!


4 :名無し三等兵 04/05/14 20:09 ID:???

いやあ国府軍がサイコーだけどねえ


36 :名無し三等兵 04/05/14 23:20 ID:???

国府軍が統一してたら
今ごろ地域ごとに独立国が乱立してたろうな。


5 :平和主義者 04/05/14 20:12 ID:???

外道日本陸軍を撃破し、下衆な成金の蒋介石率いる
軍隊を倒したのも、八路軍の活躍である!!


9 :名無し三等兵 04/05/14 21:03 ID:???

>>5
ソ連の援助無しにはな~んもできなっかたんだがね(ぷぷぷ


11 :名無し三等兵 04/05/14 21:33 ID:8sFWmnr6

>>9

結局は孤立無援で敗れた

我がニッポンはどうなる。。。。。

21 :打通さん 04/05/14 22:55 ID:sHEf9M8T


>ソ連の援助無しにはな~んもできなっかたんだがね

ヤルタ協定でもソ連は国民政府支持だよ。
単に国民党政権が自壊して、指導部が交代しただけ。
人民解放軍=国民政府軍で間違いない。
ちょうど毛沢東と四人組から鄧小平に変わったようなものだ。

こんなたかが「チンピラゴロツキ」相手に死傷16万も出して、
朝鮮の南半分しか取れなかった
米陸軍なんて大したことなかったよな。

そんな調子で日本本土で帝国陸軍と
ガチ●コ決戦なんて夢のまた夢。


7 :名無し三等兵 04/05/14 21:01 ID:???

しかし簡単に中国統一しやがったな。
まるで手品。


13 :平和主義者 04/05/14 22:16 ID:???

>>7
正義は勝つ!!という事だ。
ただの成金はげ親父の軍隊など真の民衆の代表にはかなうはず
が無いのだよ。

>>9
かわいそうに、事実が全く見えてないようだね。
無敵の八路軍にはソ連の援助など勝利の要因としては微々たる物。


14 :名無し三等兵 04/05/14 22:20 ID:???

>>13

日本軍が使っていた武器を

そのまま流用したくせに


17 :名無し三等兵 04/05/14 22:48 ID:???

平和主義者はもっと系統立てて
八路軍の素晴らしさを論説するように。
このままでは「パーロ、パーロ」とまるで壊れたラジオのようね。


32 :名無し三等兵 04/05/14 23:14 ID:???

岡本喜八「血と砂」観たとき、三船敏郎がよく口にする
「パーロ」が、途中まで何を意味してるのか
わからなかった俺はヲタ失格


34 :名無し三等兵 04/05/14 23:17 ID:???


何が何でも味方の戦死者を回収しょうとする執念がすごい


65 :名無し三等兵 04/05/16 08:01 ID:???

そういえば「悪魔君」で

「マルクスやレーニンがしたように
貧乏人を救うため悪魔君は甦るのだ」

ってせりふがあって(それが最後のコマで)
結構ぐっときたなぁ。


72 :名無し三等兵 04/05/20 13:57 ID:???

>>65
ああ、なるほど共産主義の地獄に
貧乏人を逆落としって意味じゃ確かに悪魔君だ罠(w


74 :名無し三等兵 04/05/20 14:13 ID:???

>>72
馬鹿もん水木御大は自らの貧乏を愁いて
共産主義でも悪魔でもいいから
自分を救ってくれとこの作品に祈りを込めておられたのだ。
当然それは当時の風潮を反映していたのだ。
漫画とはそういうものなのだ。
お勉強になったかね?


94 :72 04/05/24 18:00 ID:???

>>74
まぁ、当時の風潮(というか空気)が
そういうモンだったってのは理解しているけど・・・
当時にしたってブラックジョークや
良く言ってユーモアの部類だと思うぞ。


62 :名無し三等兵 04/05/16 01:15 ID:gLjpqNrt

松の葉から兵士を作り出した金日成元帥に率いられた
抗日朝鮮人民軍を称えない>>1は反動


20 :名無し三等兵 04/05/14 22:51 ID:???

1937年(昭和12)8月22日、中国共産党は、
抗日のための国共合作の結果、
27年創設の紅軍を国民革命軍に改編し、
そのうち、華北主力を第八路軍とした。

一般通称は「八路」、国民政府軍編成では第18集団軍に属する。
武器・弾薬・資金は国民政府が提供し、
日本軍の背後に出て遊撃戦を展開する、というのが
基本構想であった。また進出各地に人民をして根拠地を建設し、
持久戦も展開できる「人民戦争戦略」を行う。

八路軍は1軍編成(軍長は朱徳、副軍長彭徳懐)で、
第115師(師長林彪)、第120師(師長賀龍)、
第129師(師長劉伯承)からなり、
当初兵力は約4万5000人であった。

共産党の根拠地だった陝甘寧辺区から出撃し、
平型関で勝利したのを手始めに華北を経て山西、山東まで進出し、
晋察冀(山西・河北・察哈爾)、晋冀魯予(山西・山東・河北・河南)
晋綏(山西・遠綏)などの根拠地を築いた。

40年には兵力40万人、支配人口は1億人を越えた。
この時点で、抗日作戦「百団大戦」を展開したが、
日本軍の反攻と国民軍との衝突などで勢力を半減した。
そこで、三風整頓運動、生産自救、地方軍化を行い、
戦略的には戦争・生産・工作、戦術的には地下道戦、
地雷戦、麻雀戦を展開した
(麻雀戦とは小部隊(雀)を出没させるゲリラ戦法のこと)。

45年には、兵力310万人(正規軍は90万人)に達し、
19の根拠地を支配するまでになる。
日本軍の敗退後、その武器を摂取するなどして軍備を整え、
46年国共内戦勃発で、華北、華東、西北、中原の各野戦軍に
再編成して展開し、47年10月に中国人民解放軍となった。


22 :名無し三等兵 04/05/14 22:56 ID:???

しっかし自ら『解放軍』なんて名乗るかね。
恥知らずもいいとこだな。ソ連でさえ『赤軍』なのに。


23 :平和主義者 04/05/14 22:58 ID:???

>>21
なかなか適切な解説だがたった一つ間違いがある
八路軍はチンピラゴロツキではない。

>>22
正確には「農民と労働者の為の赤軍」だがね。


27 :名無し三等兵 04/05/14 23:08 ID:???

>>23
じゃあ、何かね。
退却能力の高いイカサマ愚連隊のあつまり?

29 :名無し三等兵 04/05/14 23:12 ID:???

まぁ結果、勝者は八路軍という事だな。


30 :名無し三等兵 04/05/14 23:12 ID:???

マオ思想を輸出するのだけは

止めて下さい。

侵略されるより迷惑です。


31 :名無し三等兵 04/05/14 23:13 ID:???

なんといってもその装備する火器が多彩なのがすばらしい。
まさに、動く軍事博物館。ソ連製、旧日本軍製、
国府軍から捕獲した米国製、英国製、
チェコ製、旧ドイツ製と多様です。

これら各国製の小銃、機関銃、短機関銃、迫撃砲、野砲、山砲、
戦車、装甲車、トラック・・・すべて取り揃えている。
口径が違う各種砲弾をどうやって補給したのか不思議。神業ですね。


40 :打通さん 04/05/14 23:28 ID:sHEf9M8T

中国共産党初代は
毛沢東でも周恩来でも朱徳でもなく、
陳独秀のはず。

べつにチンピラゴロツキの内部抗争で
指導者が変わるのは、日常のこと。

辛亥革命だろうが共産革命だろうが文化大革命だろうが、
「革命」なるものは所詮、
チンピラゴロツキがチンピラゴロツキ同士で
権力闘争に励むための口実にすぎない。


43 :名無し三等兵 04/05/14 23:34 ID:???

違うよコミンテルンだよソ連指導部の
謀略体質が諸悪の根源なんだよ。

結果教え諭しておだてて騙して知らん顔して
人の上に立つなんて奴らが
革命に参加するようになったから駄目なんだよ。


45 :打通さん 04/05/14 23:46 ID:sHEf9M8T

盧溝橋事件から始まる「中国八年抗戦」だが、アチラの本だと
ひたすら日本軍が残虐に攻勢を仕掛けてきたことばっかりだ。

日本側からすれば何作戦発動でもない、身に覚えのないことだ。
むしろ中国人が通州で残虐かつ組織的な邦人虐殺を行い、
それで皇軍兵士たちが激昂したということだ。

また大陸打通作戦が行われた当時の
延安政権の報道紙には、抗日戦争のことが
殆ど触れられてなかった。中共なぞ当時としては
農村における小さな新興宗教団体のようなもので、
「反ファシズム連合軍」なんて言えた立場じゃない。
国民党が抗日戦連戦連敗で自壊してちょうど
その上に乗っかっただけだ。

だから人民解放軍は日中戦争の
チンピラゴロツキということで間違いない。


47 :打通さん 04/05/15 00:02 ID:o686h1eU

>コミンテルンだよソ連指導部の謀略体質が諸悪の根源なんだよ。

いやそれよりも中国人の倒錯した白人崇拝が諸悪の根源だ。
白人崇拝の中国エセ抗日チンピラゴロツキ団にとっては、
米英独ソが味方につけば日本恐るるに足らずだった。

それはちょうど、ナチのドイツ軍誉めて
日本軍を貶める、反日ドイツ軍ヲタと同じだ。

米英独ソ四カ国ともに、「反日」つーことでは足並みが一致してた。
ドイツが同盟国というのは大間違いで、
日本軍が第一次大戦でドイツの中国権益を奪ったことを、
コチラは忘れてもアチラは決して忘れてない。


68 :打通さん 04/05/16 12:27 ID:rhwKq0zu

共産革命は共産党員が悪いんじゃない、
悪いのは共産革命が起こるのを助長した国民党政権の政策だ。

共産党員を殺すことが共産革命を防ぐ手段ではない、
重要なのは農地改革を進めるなどして、
その基盤を封じておくことだ。

チンピラゴロツキは自分だけ金目の物を奪って
安全な場所で金と女に囲まれて道楽することしか能がなかった。
こんな調子では共産革命が起こって当たり前。


51 :平和主義者 04/05/15 12:34 ID:???

まあ大陸打通だなんだとかいったところで、けっきょく
外道日本軍は無敵八路軍の前に敗れ去った訳だが。


58 :名無し三等兵 04/05/16 00:17 ID:???

>>51
八路軍を評価することが、
どうして平和主義者に可能なのですか?

共産党の戦争の道具じゃないですか?


97 :平和主義者 04/05/25 23:54 ID:???

いやまぁ声高に叫ばなくでも、
八路軍はアジアの平和を守った正義の軍隊である事は、
誰もが承知している事だからな。


98 :名無し三等兵 04/05/26 00:21 ID:???

>>97
帰ってきたので、折角だから釣られてみる。
証拠は? それに、「平和」とは誰の為の平和?
「承知している」とはどこでソースを得ることができる?

少なくとも、君の脳内にあるのは確からしいが。
主観で物を語りすぎるのは良くないよ。 


37 :名無し三等兵 04/05/14 23:20 ID:???

「八路軍なんで日帝に勝ったかわかるか?」

「なんで?」

「この北京鍋よ。これで美味いものつくる。兵隊よく働くね」


42 :名無し三等兵 04/05/14 23:32 ID:???

>>37
懐かしいねw
右翼と左翼とアメちゃんの戦争トリオ


44 :名無し三等兵 04/05/14 23:37 ID:???

>>37
「八路軍」が「日帝」に勝ったの?


48 :名無し三等兵 04/05/15 01:33 ID:???

>>44
ええ?日本はいつ中国に降伏したんですか?


49 :名無し三等兵 04/05/15 01:35 ID:???

>>48

???

そもそも、八路軍=「中国」ではないが、、、


50 :名無し三等兵 04/05/15 01:41 ID:???

>>48

さらに、八路軍=中共
ですらないな、、、


80 :打通さん 04/05/20 15:30 ID:a1hLyYAV

平型関で有名な八路軍は国民政府下で、
毛沢東の延安政権とは無縁だろ。

国共合作により、
抗日戦は国民政府主導で行うものと決まっており、
延安に居た毛沢東はほとんど関係無い。

中華人民共和国建国は大陸打通作戦で
全軍総崩れになった国民党軍の上に
乗っかってできたにすぎない。


102 :少佐 04/05/27 13:33 ID:gjeOI7lB

当時は共産主義があたかも宗教のごとく
熱狂的に絶対的真理として信仰されてた時代である。

さらにその支持基盤となる極貧層は山ほどおり、
彼等は死ぬことや残虐行為を一切ためらわない。
そしてソ連から最新式の武器が山のごとく送られてくる。
これだけの好条件があったら強くて当然だろう。

だがこれに勝っていた日本軍はさらに凄まじい。


引用元 http://mimizun.com/log/2ch/army/1084532885/