ブログ用67

1 :世界@名無史さん 2007/03/13(火) 12:09:57 0

ヒトラー雑学について語りましょう。
ゲッベルスやヘスやデーニッツに
ついてでもいいですよ。


2 :世界@名無史さん 2007/03/13(火) 12:44:59 0

ヒトラーは前科者だった。
ムショにぶち込まれている間暇だったんで、
我が闘争を書いてた。


4 :世界@名無史さん 2007/03/13(火) 15:13:36 0

>>2
所謂、ミュンヘン一揆。
これに失敗したからこそ、
その後の大成があった


5 :世界@名無史さん 2007/03/13(火) 15:17:41 0

当時のムショは待遇がいいんだな。
本を書けるほどヒマなのか。
何をやっていてもよかったのかな? 
それから考えると、今の日本のムショは待遇がひどいな。


6 :世界@名無史さん 2007/03/13(火) 15:48:03 0

>>5
確かヒトラーは特別扱いされていたらしいですぞ


8 :世界@名無史さん 2007/03/13(火) 18:31:29 0

ヒトラーは大の甘党でいらいらする時には
ショートケーキを貪り食った。
また、チョコレートを牛乳で流し込む食べ方も好きだった。

9 :世界@名無史さん 2007/03/13(火) 19:04:57 0

>>8
バターをこってりぬったトーストが好きもあるでよ


16 :世界@名無史さん 2007/03/14(水) 22:50:59 0

>>8
菜食主義と甘党は相性が良いねえ


10 :世界@名無史さん 2007/03/13(火) 19:49:19 0

占い師の宣託を聞きながら
飴だかボンボンだかをつまむのも大好き


33 :世界@名無史さん 2007/03/17(土) 09:44:43 0

軍服のポッケの中にドロップがいっぱい。
「くれ」と言えばいつでもくれた。


17 :世界@名無史さん 2007/03/14(水) 23:48:45 0

ヒトラーが菜食主義者なのは有名だが
完全な菜食主義になったのは人生のかなり後ほどのことらしく
特別列車の中でソーセージを食べる姿も目撃されている。


41 :都内私立高校2年 2007/03/19(月) 00:51:41 0

俺も一つ。
ヒトラーが菜食主義になったのは姪に対する弔意から。


3 :世界@名無史さん 2007/03/13(火) 14:01:23 O

ヒトラーの声が変なのは毒ガスをくらったせい


7 :世界@名無史さん 2007/03/13(火) 18:15:34 O

ヒトラーが一番好きな作曲家はワーグナー


86 :770 2007/09/15(土) 12:55:35 0

各種銃砲の発射音を聞き分けられるように
真似するのが隠し芸であった。


11 :世界@名無史さん 2007/03/13(火) 21:43:32 0

クリスマスが大嫌い


85 :世界@名無史さん 2007/09/15(土) 12:02:44 O

>>11
クリスマスになると
おふくろの手作りシュトレンを思い出すから


12 :世界@名無史さん 2007/03/13(火) 21:55:21 0

雪が嫌い。
雪嫌いに言及した逸話
(独ソ戦とは関係なし)が二つほど残っている。

理由は不明だが、
若い頃の体験(wwⅠorウィーン時代)に原因すると思われる。


67 :世界@名無史さん 2007/05/06(日) 05:54:24 0

ヒトラーがタバコ嫌いだったせいで、
今でもドイツでは嫌煙を強く主張できないらしいね。

嫌煙家の俺には最悪だ。


23 :世界@名無史さん 2007/03/15(木) 15:42:56 0


売れない画家だったのは有名すぐる


24 :世界@名無史さん 2007/03/15(木) 15:59:45 0


売れない画家じゃなくて今でいうフリーのイラストレーター。
書く絵柄も風景や建築物の写生がメインでそこそこ売れた。


30 :世界@名無史さん 2007/03/16(金) 14:23:53 0

画家になろうとしたけど美大落ちたんだろ


31 :世界@名無史さん 2007/03/16(金) 15:57:48 0

ヒトラーが美大に落とされた時の受験生(同じく不合格)で
後に美術史に名前を残した人物が居る事は、
あまり知られていない。

40 :世界@名無史さん 2007/03/18(日) 20:14:41 0

>>31
誰、それ?

同時代で『受かった』人なら知っているけれど。
でも、そいつは後に退学して、スペイン風邪で30前に死んだ。


70 :世界@名無史さん 2007/06/27(水) 07:25:10 0


一方、ヒトラーより知的に見えない
スターリンは優等生だった。
トップの奨学金でカフカス随一の神学校に入り、
優秀な成績残し、中退。


71 :世界@名無史さん 2007/06/27(水) 16:06:38 0

ヒトラーって、父親に反発して
学校の勉強するのやめちゃったらしいね。

しかもなかなか就職しようとしないし、
この人、反抗期が長いね。


177 :アドルフ 2008/01/25(金) 10:54:13 0

ギネスブックに載ってます。
世界の政治家で一番個人面談した人はヒトラーです。
未だ破られていません。寝る時間あったのかな。

あと、あの髭、付け髭だそうです。
写真であります。髭なしヒトラー。

髭なしヒトラーはピカソにマジ似です。
やっぱり芸術家思考だね彼は。


20 :世界@名無史さん 2007/03/15(木) 11:01:27 0

デビュー当初はやせっぽっちの
さえない七三でいまいち人気がなかったが
ある少女の「おひげを生やしたどうかしら?」という
匿名の投書によって
あのチョビヒゲが誕生したことは有名な話


22 :世界@名無史さん 2007/03/15(木) 15:30:16 0

ヒトラーのちょび髭はドイツ労働者党の先輩の
ゴットフリート・フェーダーのを真似した筈。
WWⅠの頃は当時流行していたカイゼル髭。


183 :世界@名無史さん 2008/04/29(火) 15:38:12 0

議員時代は社交界で浮き名を流すほどのモテモテ振りで、
付いた渾名は「美男子アドルフ」

113 :世界@名無史さん 2007/10/04(木) 19:03:05 0

ヒトラーのある演説での文句に

「私は諸君(一般労働者)の中に居た」

なんてのがあるけど、
出征前は画家を目指してモラトリアム、
出身はマジメにしてれば大学も狙えた良家の出。
当時の一般大衆とはかけ離れた経歴じゃないかと。


114 :世界@名無史さん 2007/10/04(木) 20:53:13 0

>>113
「「私は諸君(一般兵士)の中に居た」

って意味じゃないの?
プロイセン貴族の将校ではないと言う意味で、
「良家」ではない。


74 :世界@名無史さん 2007/07/02(月) 06:05:07 0

酒場で政治議論していた時

ヒトラーとレーニンがいた


87 :世界@名無史さん 2007/09/15(土) 12:59:15 0


エバを伴って行きつけの飲み屋で、
偶然に居合わせた宮崎市定と握手している。


51 :世界@名無史さん 2007/03/25(日) 11:37:49 0

胸の大きい女性が好きで
エバブラウンはコンプレックスを抱く


52 :世界@名無史さん 2007/03/25(日) 12:29:14 0

ヒトラーが認知していない子供がいると
聞いたが、それは事実?


53 :世界@名無史さん 2007/03/25(日) 13:13:01 0

出征時に出来た子供であると
自称していた人が居たな。嘘だった。

ただし、ホンモノの子供は存在していた。
ソ連の検視によると、エファは妊娠していたそうだ。


57 :世界@名無史さん 2007/04/10(火) 17:18:29 0

ヒトラーはマザコンだった。 
女性も母親の面影のある女性を好んだ。


60 :世界@名無史さん 2007/04/11(水) 18:22:57 0

母親の主治医だったユダヤ人医師を
世話になったと名誉アーリア人にして
移送対象から外した
実はチョコ人びいきだった

親友のクビチェクは戦後なんであんたチェコ人なのに
ヒトラーと仲良かったのか聞かれて

「親友だから」

とマジ回答
実は明確な人種論とかそういう考えが「全く」ない(w
発言内容がくるくる変わる


62 :世界@名無史さん 2007/04/12(木) 20:32:28 0

髪の毛はほとんど黒に近いけど、鷲鼻じゃないし。
それにユダヤ人顔といっても欧州人と
混血しまくりのユダヤ人を人種的特長によって
識別するなんてナチスでさえ諦めていたくらいだしw

ちなみにヒトラーの先祖はチェコ人。
ユダヤ人を先祖に持つと思われるナチス要人には
哲学者で東方大臣のローゼンベルクがいる。
”ローゼンベルク”はユダヤ人特有の姓だそうだ。


103 :世界@名無史さん 2007/10/01(月) 18:51:49 0

>>62
ヒトラーの先祖はチェコ人で
そのまた先祖はウクライナ人。
典型的なウクライナの姓の語幹。


88 :世界@名無史さん 2007/09/16(日) 02:24:03 0

実はチャップリンの「独裁者」を鑑賞している。
しかも、複数回。


89 :世界@名無史さん 2007/09/16(日) 10:41:15 0

たしか二回。


90 :世界@名無史さん 2007/09/16(日) 10:47:00 O

ヒトラーは「独裁者」については
ノーコメントなんだよね


91 :世界@名無史さん 2007/09/16(日) 11:11:46 0

一方、宣伝省省舎で鑑賞した

ゲッベルスは大笑いしていた。


95 :世界@名無史さん 2007/09/16(日) 11:27:00 O

>>91 ゲッベwww


93 :世界@名無史さん 2007/09/16(日) 11:22:06 0

当時でもギャグやネタは古臭く、
往時のチャップリン作品にも劣る完成度だと思う>「独裁者」
が、ナチス治世下で見れば格別に面白いだろうなw


92 :世界@名無史さん 2007/09/16(日) 11:14:03 0

ヒトラーはテストステロン注射を常用していて
ボインボインの女性化乳房だった。


94 :世界@名無史さん 2007/09/16(日) 11:22:30 O

ヒトラーてディズニー好きでしょ?
総統の顔とか死ぬための教育については
どう思ったんだろ。

>>92
ワロタ


102 :世界@名無史さん 2007/10/01(月) 18:49:21 0

>>94
>>92はマジです。
ステロイドを常用するボディービルダーはみんな知ってる。
テストステロンにもいろいろあるが、
ヒトラーが使ってたのは
テストステロン・エナンセートという薬物。

1930年代にドイツで製造開始され、
ドイツではこれを使うとマッチョになるとして流行った。

三島由紀夫も使ってたというのを聞いたことがある。

テストステロン・エナンセートは
女性化乳房などの副作用が強いため、
現在これを使用しているビルダーはほとんどいない。


151 :32歳童貞 2007/11/23(金) 18:12:31 0

っていうか、ヒトラーが死ぬ前の日に結婚した、
女の人は何を思ってヒトラーと結婚したんだろ?
結局次の日毒殺されてるし、死を望んでたのかな?


155 :世界@名無史さん 2007/11/24(土) 19:56:36 0

>>151
>毒殺されてるし
エファ・ブラウンは毒殺されたんじゃなくて服毒自殺ね。
ソ連軍が目前に迫ったベルリン「来るな」と言われていたのに
来たのは最後まで伴にすることを宣言したようなもの。
防空壕での挙式はその献身さに感動したヒトラーが
彼女の願いを受け入れてやったもの。

ちなみに、ソ連の検視ではエファは妊娠3ヶ月だったという。
バルジ敗戦を受けたヒトラーが
避妊を止めちゃった結果だとしたら、
その思惑がどこにあったのだろう。


153 :だすやーぱん ◆AYOO7OxxKs 2007/11/24(土) 01:00:15 0

>>151
洋の東西を問わず情死と言うものは行われる 
それだけだ


154 :世界@名無史さん 2007/11/24(土) 01:27:43 0

>>153
情死じゃねえよ殺人だよドあほ


171 :だすやーぱん ◆AYOO7OxxKs 2007/11/29(木) 18:50:11 0

>>154
殺されたのは犬とゲッベルスの子じゃね?


190 :(;´■`)ハァハァ… 2008/05/04(日) 04:20:33 O

《第三帝国の終り》より1945 5/1

アナウンサー
「アハトゥンク、アハトゥンク!
ドイツ放送社はドイツ国民にきわめて重大な
メッセージをお伝えします」

(ここで三回のドラム連打が聞こえる。)

「総統本部からの報告によれば、
我らが総統アドルフ・ヒトラーは、最後の息を引きとるまで
ボルシェヴィズムと戦って、本日午後、首相官邸の
作戦本部でドイツのために戦死されました。

4月30日に総統はデーニッツ大提督を後継者に任命しました。
総統の後継者である大提督が、
ただいまからドイツ国民に語られます。」

デーニッツ
「ドイツ男子ならびに女子、全軍の兵士諸君!
われらが総統アドルフ・ヒトラーが戦死された。

この上なく深い悲しみと尊敬の念に浸されて、
ドイツ国民は頭を垂れる。早い時点から彼は
ボルシェヴィズムの怖るべき危険を認識して、
これとの闘争に己が存在を捧げてこられた。
彼の闘争の最後、ひたすらまっすぐな彼の人生の道の
最後を飾ったのは、ドイツ帝国の首都での彼の英雄的な死である。
彼の人生はただひとえにドイツへの奉仕であった。

ボルシェヴィキの荒れ狂う洪水と戦った彼の活動は、
ヨーロッパのみならず全文明世界に関わるものであった。
総統は私を彼の後継者に任命された。
その責任を十二分に自覚しつつ、
私はこの運命の刻に当たって
ドイツ国民を指導する任を引き継ぐものである。…」

今でも彼が戦死したと信じているドイツ人がいる。


195 :世界@名無史さん 2008/05/29(木) 11:19:46 0

多くの科学的発見・発明を生み出した
機械文明の最先端ドイツにおいて
突如出現したリバイアサン、ナチス。

この狂気の頭脳集団率いた謎の男。
人類はなぜこの男を生み出したのだろうか。
ドイツ民族の希望を一身に集めた救世主が
実は悪魔的人物とは誰が想像しえただろうか。

204 :世界@名無史さん 2008/05/31(土) 10:05:19 0

もうヒトラーみたいな風雲児でてこないだろう。
外国からきた得体のしれない男が、大国の天下取るなんて。
情報化ですぐ正体ばらされて、中傷されて終わり。
あの時代だからこそ起きた奇跡。

205 :世界@名無史さん 2008/05/31(土) 11:22:45 0

>>204
ヒトラーの時代既に、
メディアの大きく発達した情報化社会だったわけだが。


230 :世界@名無史さん 2008/06/10(火) 03:57:56 0

>>205
いいや、テレビもラジオもアメリカが最初です。
勿論オリンピックの時に使われたものもアメリカが提供した。


208 :世界@名無史さん 2008/05/31(土) 13:20:11 0

>>204
アルベルト・フジモリが日本の総理大臣になるって感覚だよね
いかに奇跡かってことだな

プーチンも相当謎に包まれた登場の仕方したけど
レニングラード大学法学部のKGBキャリアっていう
超エリートだからねえ

ヒトラーとは前歴の輝きぶりば全く違うよね


209 :世界@名無史さん 2008/05/31(土) 13:32:30 0

あとヒトラー自身も自分が起こした奇跡っぷりに驚いていて
自分はドイツの救世主になるために神によって
選ばれた人間って信じ込んだんだよな

だから戦局が悪化しても歴史の神が自分を救うって
1945年の4月になっても信じてたんだよね


引用元 http://mimizun.com/log/2ch/whis/1173755397/