ブログ用68

1 :永沢 2000/05/17(水) 12:33

ヒトラーの子孫が誰なのか判って留んですよね?
冷たくされないのかな?


2 :>1 2000/05/17(水) 13:06

親族はいるだろうが,子孫はいないんじゃないか?


43 :名無し@1周年 2000/07/28(金) 01:52

ヒトラーって腹違いの兄弟が何人かいなかったっけ?
確かアロイスとかいう兄がいたような。

51 :ベンゼン中尉 2000/09/19(火) 17:45

ヒトラーの兄はイギリスへ渡り、
事業を起こしたが失敗したようです。
彼は戦後まで生きていました。

ヒトラーには知恵遅れの妹がいたはずですが、
歴史の波に消えているので、どうしているか分かりません。
テレビではヒトラー両親の墓を写しているのを見ますが、
いつも奇麗に清掃してあります。
墓参りに行かねば。


57 :2000/09/29(金) 00:11

アドルフ=ヒトラーの兄・
アロイス=ヒトラーⅡ世は、
戦後ヒラ―と改姓したそうです。


58 :2000/10/08(日) 15:43

アロイスは戦後西ベルリンに住んでいたように思いますが。
たしか50年代に死んだような。
52 :ベンゼン中尉 2000/09/19(火) 18:00

そういえばヒトラーの甥はアメリカ兵として、
大戦に参加したようである。


3 :名無しさん 2000/05/17(水) 15:46

アメリカに渡ったヒトラー家がいるよな。
確かアドルフにとって
甥にあたるウィリアム・パトリック・ヒトラーとか。

この家が残ってるんじゃない?

4 :永沢 2000/05/17(水) 16:24


>2
かなりの女好きときいてますが、これって嘘ですか?


5 :2>4 2000/05/17(水) 16:31

姪に手出して自殺させたりしたと言われてるけど,
エーファ・ブラウン相手に子供作らなかったんだから,
直系はいないはず。

3さんのいうように親戚筋はまだいるだろうけど,


11 :ジーモン@シュトラスブルク 2000/05/19(金) 22:46

ヒトラーには、第一次世界大戦中に
フランス人女性との間に出来た非嫡出児
(私生児)の男の子がいました。

少なくとも、1980年代にはまだ生きていましたが、
”私生児”ですから戸籍上はヒトラーとは無関係なのです。


6 :永沢 2000/05/19(金) 11:13


それじゃ
ヒトラーの親戚は冷たくされないんですか?

以外に、近所の人は事情を知らないとか?


7 :名無しさん 2000/05/19(金) 17:01

ヒトラーの妹さんは米国ペンシルバニアにて
90歳を越してご存命中です。

広大なリンゴ園を経営されていて
そちらの妹さんの末裔は結構成功されている方が大勢います。
その妹さんの孫が一時期日本に来ていました。
商用での来日でしたが三ヶ月くらいは
私の親戚の家に滞在しておりました。

勿論そのお孫さん姓はヒトラーではないですが
ヒトラーの親類だとカミングアウトしており
実際、ビジネスパートナーは
某有名下着メーカーの子息でユダヤ系米国人です。

個人主義の行き届いている米国ですから
ヒトラーとその親戚の区別は付いているんじゃないですか
その一族郎党がヒトラーに加担していたのなら別でしょうが・・・

その孫に限って言えば
米国の田舎の気の良い好青年でしたけどね。

48 :Under World 2000/09/15(金) 11:29

ヨアヒム フォン リッベントロープの御子息
(ベルント F リッベントロープ)のことは知ってる。

“ヒトラーを支えた銀行家-ヒャルマール シャハト”と言う本の
訳者、糸瀬 茂氏が個人的な付き合いがあり、
彼に請われドイツ銀行に転職したそうな。関係ないけど。

ヒトラーの子供たちっていう本では
ナチ党員や元高官、元SS、そして例外の
フォン シュタウフェンベルクやシャハト、
それにデーニッツの御子息のインタビューが興味深い一冊。

49 :名無しさん 2000/09/19(火) 01:11

ロンメルの息子のマンフレート・ロンメル氏が
知ってるつもりのヒトラー暗殺計画の時に
インタービュー受けてましたね。

他にも暗殺計画に参加した
アプヴェールのクライスト=シュメンジン少佐の息子さん
(息子さんも暗殺計画に荷担してた)もまだご存命でした。

ハイドリヒには息子が二人いたはず。どうなったんだろ?
ヴァルキューレスレッドでやった方がいいな(^^;)


50 :名無しさん@1周年 2000/09/19(火) 01:30

以前NHKで放送したドキュメンタリー
「ヒトラーと6人の側近たち」でマルチン・ボルマンの息子が
インタビューを受けてました。
名前もそのまま、マルチン・ボルマンJr。

彼が、戦後どのような人生を送ってきたのか
興味があります。


55 :名無しさん@そうだ選挙にいこう 2000/09/23(土) 08:39

>50 
以前何かの本で読んだけど、ボルマンの息子は
父親がブラジルに潜伏しているのを知っていたようだよ。
そして、実際にブラジルまで行き、生前の父親に会っているらしい。
たしか弁護士だった気がする。まだ生きてるでしょう。

その本には、ナチの高官の息子たちの
人生について書かれていた。
随分前に読んだので、忘れてしまいましたが・・・。


8 :名無しさん 2000/05/19(金) 18:01

大分前から疑問に思っていたんですが、
ヒトラーという名字はドイツでは
メジャーな名字だったんでしょうか?

明智のように第2次大戦後、一族全部改姓をした等々は?

9 :>8 2000/05/19(金) 20:46

元々はオーストリアのほうで,
「ヒュードラー」とかいう名字だったはず。
ご先祖が何かの機会に,
語感が軽いヒトラーという性に変えたらしいけど。

いずれにしても,決してメジャーな名字ではありません。


33 :heydrich 2000/07/21(金) 00:05

「ヒトラー」は珍しい姓ですが、
「アドルフ」はごく一般的な名前です。
ただ、第二次大戦後、ドイツでこの名前が
子供につけられることはもう二度とないでしょうが・・・

ちなみに、語源的には「高貴な狼」
というくらいの意味合いがあります。
ヒトラーは、自分の大本営を
「ヴォルフスシャンツェ(狼の巣)」と呼んでいましたね。

15 :Armando 2000/05/20(土) 21:39

今でもドイツ語圏で、「アドルフ」って言う
ファーストネームをつけることはあるのだろうか? 
ヒトラー以外で有名どころと言えば、
アディダスの創始者アドルフ・ダスラーかな?
アドルフを縮めてアディ、ダスラーをくっつけてアディダス。

山本健一さんという人のラーメン屋が
「ヤマケン」みたいなもんだね(^^;)


21 :ヒドラ 2000/05/29(月) 16:19

ヒトラーの名は、
チェック人のヒドラール、ヒュドラール、ヒュドラチェク
などの派生のようです。


35 :七篠権兵衛 2000/07/25(火) 15:55

誰かチェック語知りませんか。
確か「ヒュドラール」と言う苗字は、
伝説の竜「ヒドラ」からきてると思うのですが。

「アードルフ」またはラテン名
「アドルフス」はそれほど珍しい名ではないみたい。
日本でも「樋虎」さんって人がいたはず。


26 :名無しさん@1周年 2000/07/14(金) 17:49

ヒトラーという名字の人って今もいるの?


28 :名無しさん@1周年 2000/07/15(土) 01:14

>26
数ヶ月前、ヒトラーっていう姓の人が亡くなったって
フランス発のニュースにあったよ。
フランスでは、ヒトラー姓はその人一人だったらしい。
だから、フランスにはもういないってさ。
他の国はどうなのかわからないけど。


29 :名無しさん@1周年 2000/07/15(土) 13:56


大戦後、アドルフという名を嫌って、
ドルフに改名したとかいう
学者の話を聞いたことがある。


39 :名無しさん@1周年 2000/07/27(木) 23:10

アドルフって名前はドイツ国王でもいました。
ナッサウ家(現オランダ王家の遠い先祖)の出身。


41 :名無しさん@1周年 2000/07/28(金) 01:18

>39
スウェーデン国王でもいたよ。
グスタフ・アドルフという人が。


42 :名無し@1周年 2000/07/28(金) 01:48

ドイツ極右の国家民主党(NPD)の党首は
アドルフ・フォン・ダッデン


17 :>15 2000/05/21(日) 09:32

関係ないけどナチス政権下では
馬にアドルフという名前をつけることが
禁じられていたらしい……(デマかも)


18 :>17 2000/05/21(日) 11:26

「自主規制」というのは聞いたことがある。
まぁそこらじゅうに<SA>がいたくらいだからね。


30 :名無しさん@そうだ選挙にいこう 2000/07/16(日) 15:34

>26
うろ覚えですが、
ドイツ憲法(西ドイツ基本法?)で、

「ヒトラーという姓は禁止」

されているハズです。
# もともと珍名さんですし、
ドイツ国内にヒトラーはいないと思います。

引用元 http://mimizun.com/log/2ch/whis/958534421/