ブログ用91

1: 名無し三等兵 2010/09/29(水) 20:48:32 ID:???

4: 名無し三等兵 2010/09/29(水) 21:27:43 ID:???

朝鮮は素通り
朝鮮の住民もあんま気にしてなかったらしい
白将軍の伝記に書いてあった

5: 名無し三等兵 2010/09/29(水) 21:33:42 ID:???

>>4


平壌の戦いが行われているんだが?

7: 名無し三等兵 2010/09/30(木) 03:08:12 ID:???

>>5

それでも戦ったのは清軍と日本軍で
朝鮮の人たちは

「なんか兵隊がよく通るなー」

レベルだったらしい
2: 名無し三等兵 2010/09/29(水) 21:02:15 ID:???

清軍はこの時期になっていても、
先込め式ライフルを使用していたのか?

12: 名無し三等兵 2010/09/30(木) 21:58:07 ID:???

>>2

舞台によってかなりばらつきがあるみたい。
最新鋭の連発銃だったり、
火縄銃みたいなやつだったり。


6: 名無し三等兵 2010/09/29(水) 23:42:16 ID:???

ドラマの坂に上では清朝軍の指揮官は
キョンシーみたいな衣装を着てたけど
この時代になってあんな格好で戦場にでてたの?

9: 名無し三等兵 2010/09/30(木) 11:10:24 ID:???

日清戦争は資料が少ないし、
知識のある軍オタも少ないだろう。

このスレは伸びないと思うが頑張ってもらいたい。
つかフィクションの
坂の上の雲を参考にしてはいかん。

10: 名無し三等兵 2010/09/30(木) 14:01:01 ID:???

>>9

>つかフィクションの
坂の上の雲を参考にしてはいかん。

何故?

11: 名無し三等兵 2010/09/30(木) 14:04:33 ID:???

フィクションだからじゃ?

13: 名無し三等兵 2010/10/01(金) 18:40:34 ID:???

最新鋭の連発銃?

14: 12 2010/10/01(金) 19:50:26 ID:???

>>13

Gew88とか。

15: 名無し三等兵 2010/10/01(金) 21:06:02 ID:???

日本軍もミニエー銃が基本装備だったんじゃない?
西南戦争時とほどんど変わってなかったとか。

16: 名無し三等兵 2010/10/01(金) 22:40:02 ID:???

>>15

日本軍は18年式村田銃が基本。
一部の部隊は連発の22年式村田銃。

後備だとスナイドル銃なんかの
旧式小銃も使ってたけど、
流石に先込のミニエー銃は無いんじゃないかな?

17: 名無し三等兵 2010/10/02(土) 07:12:38 ID:???

13年式だろと思ったら騎兵銃の16年式と、
日本人の体格にあわせた18年式があった。
22年式は近衛師団のみ配備されてて、
日清戦争では前線に参加しとらんよ。

西南戦争の頃でも西郷軍はともかく、
鎮台兵はスナイドル銃が主力。
エンフィールド銃を元込めに
改造すればスナイドル銃になる。
ミニエーが主力なのは幕末までだ。

清軍は幕末の諸藩みたいなもんで
洋式最新装備もあれば、
伝統的装備の部隊もいたんでないかな。
でも戦争してるのは北洋軍閥軍だけでしょ。

19: 16 2010/10/02(土) 12:15:30 ID:???

>>17

第四師団にも配備されてたらしいよ。
詳しいことはちょっと分からないけど、
少なくとも台湾平定戦では使われたみたい。

20: 名無し三等兵 2010/10/03(日) 22:00:28 ID:???

エンフィールド銃=ミニエー銃

21: 名無し三等兵 2010/10/04(月) 12:05:48 ID:???

それはみんなわかってると思うんだが。
ゲベール銃も輸入物だけでなく、
国産の火縄銃を火打石式に
改造したから大幅に値崩れした。
白虎隊が使ったのは
先込式ライフリング入りのヤゲール銃。

幕府がフランスから贈呈されたのはシャスポー銃で、
紙薬莢ボルトアクション。
シャスポー銃を金属薬莢にしたのが
グラース銃で、村田銃はグラース銃の模倣品。

幕末のシャスポー銃を
金属薬莢に改造した改造村田銃もある。

32: 名無し三等兵 2010/10/04(月) 20:05:58 ID:???

西洋でも旋条銃とミニエー弾が普及するのは
1851~1855年だが。

1850年代まで滑腔マスケット銃が主流。
1m位ある銃身の内側に
ライフル切るのって手間かかるぞ。

明治の村田銃でさえ
銃身は国産できずに輸入物してる。

33: 名無し三等兵 2010/10/04(月) 20:45:37 ID:???

>>32

でも実際、ヤーゲルって
当時の日本人自身が自分達で
ライフリングを施したものだし。

39: 名無し三等兵 2010/10/04(月) 22:22:53 ID:???

とりあえずここは日清戦争スレなんだし、
この話題は該当スレで続けてもらいましょ。

佐賀・薩摩藩と幕府直轄工廠は
西洋式で発達してたみたいね。
東北諸藩他でも出来たかは知らんが。

77: 名無し三等兵 2010/12/24(金) 21:00:35 ID:We0tnA9S

清朝軍の装備のレベルって
どの程度のものだったのかな?

78: 名無し三等兵 2010/12/24(金) 21:44:17 ID:???

下はマジに青龍刀、
上はマウザー・ボルトアクションにクルップ砲まで、
部隊によって差がありすぎる。
幕末の日本の軍勢並だ。

79: 名無し三等兵 2010/12/24(金) 22:48:58 ID:???

>>78

軍or営って師団、
旅団単位でそれらを統括している
将軍次第な所が大きかったらしいね。

81: 名無し三等兵 2010/12/25(土) 19:49:55 ID:???

>>78

清国軍といっても、私兵の集まり、
海軍でさえ個人の軍隊。

80: 名無し三等兵 2010/12/24(金) 22:54:54 ID:???

日中戦争の頃も
「蒋介石の直系軍」というのが居たわな。

131: 名無し三等兵 2012/02/19(日) 12:05:08.70 ID:???

日清戦争物語読んだけど
内臓でてるのに

「珍円まだ沈まないの!?」

って言うなんてすごいと思った

132: 名無し三等兵 2012/02/24(金) 01:32:01.67 ID:???

日本海軍には、
兵卒からして立派な人が多かったんだ。
ちなみに日露戦争の方の黄海海戦は
日本海軍の失敗だからね。

58: 名無し三等兵 2010/10/29(金) 20:11:26 ID:Vg3VDKAn

鎮遠、定遠の30センチ砲って
時代的にどのぐらいすごかったの?

59: 名無し三等兵 2010/10/29(金) 21:15:19 ID:???

>>58

とりあえず就役した1885年当時だと、
日本はもちろん建造したドイツでさえ
定遠級に匹敵する艦を保有していない。

ロシア・アメリカ・イタリアにもなく、
世界中で定遠級に対抗できるのは、
英のコロッサス級と仏のクールベ級だけ
っていう位にすごい艦。

因みにまだ戦艦でなく装甲艦の時代で、
定遠より前の艦だと主砲が前装填だったりする。

60: 名無し三等兵 2010/10/29(金) 21:18:57 ID:???

>>59

まだ木造スループが軍用艦艇として
現役の時代だからなあ。

62: 名無し三等兵 2010/10/29(金) 22:20:01 ID:???

鎮遠、定遠って30センチ砲を載せながら
ラムを残してたり
新旧ごちゃまぜの艦という感じがする

64: 名無し三等兵 2010/10/30(土) 01:26:34 ID:???

>>62

1866年のリッサ海戦で
衝角戦術が注目されて以来、
戦艦を撃沈できるのは
衝角戦術のみと思われてたからな。

それは日露戦争で砲撃のみで
戦艦を撃沈できると証明されるまで続く。

日清戦争では速度を生かして衝角戦術をかわし、
小口径速射砲で上部構造破壊して
戦闘不能にしただけ。

日露戦争で春日が誤って
吉野に衝突して沈めてしまい、
1905年就役の筑波型で
廃止されるまで衝角はある。
だから1885年就役の定遠級に
衝角があるのは当然で、三笠にだってある。

65: 名無し三等兵 2010/10/30(土) 01:32:31 ID:???

要するにラムってのは、
あの時代における魚雷の代わりみたいなもん。

装甲艦の登場で既存の戦列艦が全て陳腐化して、
たくさんの砲より大口径砲の時代になるが、
まだ砲弾が未熟で装甲が砲に優る。

南北戦争の装甲艦同士の対決、
モニターとバージニアも砲撃では
勝負がつかず引き分け。

71: 名無し三等兵 2010/12/03(金) 09:46:32 ID:hxKgpjxU

>>65

この時代、魚雷は実用化されてるのだが

63: 名無し三等兵 2010/10/29(金) 23:24:05 ID:???

過渡期だからな
近代戦艦の確立前だし

86: 名無し三等兵 2011/01/22(土) 12:24:52 ID:K6qlB4PZ

日清戦争が勃発するころには、
30cm砲の砲弾は数発しか積んでいなかったらしい。

清は、砲弾をかき集めるのに大変だったようだ。

87: 名無し三等兵 2011/01/22(土) 12:30:29 ID:???

当たらなければどうということはない

88: 名無し三等兵 2011/01/22(土) 13:25:35 ID:K6qlB4PZ

松島も30cm弾喰らって、エライ目にあったから、
北洋艦隊もそうあなどれない。

でも、中国ってわかりやすい。
2、3優秀なやつはいるけど、それだけ。
そいつらがやられれば、はいそれまでよ。

イザベラバードという婆さんの
朝鮮紀行という本があるが、
よく書かれている。

日清戦争も始まったときは、
兵隊の募集には苦労しなかったが、
成歓の戦いで多数の死者が出たら、
サッパリで強制徴募。

精巧な村田銃の前では、
ただの標的でしかないと言わせている。

90: 名無し三等兵 2011/01/22(土) 14:27:56 ID:K6qlB4PZ

偉海営がそう。結局×。
鎮遠か定遠の館長の劉何某は、ピストル自殺したり、
砲台では最後まで立て篭もった
ガッツのある奴もいたが、後は総崩れ。

あんまりデタラメすぎるから、
日本も格好が付かなくて
でっち上げた話かもしれない。

73: 名無し三等兵 2010/12/15(水) 14:52:26 ID:???

ベトナムが元々清国だったと知った・・・

第二次大戦での日本軍の対応が
なんで他と違うのか理解できたような気がする

74: 名無し三等兵 2010/12/20(月) 02:00:41 ID:???

何見たか容易に予想は付くが、んなこたーない。
ベトナムは朝鮮と同じくらいに
清朝への従属朝貢国で清軍の援助は受けてるが、
清朝とはあくまで別物だぞ。

しかし蒼穹の昴の今日の回と、
坂の上の雲の日清戦争回、見比べたいねえ。
雲の今日の回のちょうど十年前の話で、
ここで真之が部下の死に
出くわしてるんだよとか言ったら、
老母が見入ってた。

84: 名無し三等兵 2011/01/15(土) 02:09:20 ID:agskE/mu

私の曾祖父さんは日清戦争では吉野の艦長でした。

吉野を回航するときには、
あの秋山真之を英国に連れていきました。
日清戦争中は、加藤友三郎も部下でした。

しかし、同期の山本権兵衛には、
早くから大差をつけられていました。
ドイツへ留学していたときまでは
同じ船(ライプツィヒ)に乗っていたのに・・・。

123: 名無し三等兵 2012/01/09(月) 21:58:50.61 ID:???

元高麗殺し
島津1対20征伐 


大陸打通作戦

全部みれば圧倒的だけど、
兵質くそすぎて負けてるだけなんだよね。
そして大国シナが妄想なんだよ。

はっきりいえば日本の国力等比で
日本が大国~といっていいほど強いのは
事実上ロシア、アメのみ

ほかは毎回毎回日本等比で
圧倒的な大国にならない、なれないほど。
ただの大国は大国にならない。
小国。

日本にとって大国は
スーパーパワーのロシア、アメリカくらいだよ。
実際歴代の大国って日本等比でくそ弱いぞ。

124: 名無し三等兵 2012/01/09(月) 22:58:01.33 ID:???

>>123

英、仏、独なめとんのかお前
日本が叶う相手じゃないというか
日本が必死になって知識を吸収してたというのに

138: 名無し三等兵 2012/04/28(土) 12:15:23.96 ID:OcNfrj+e

>>124

>英、仏、独

英、軍事先進国、諜報無敵腹黒国家、
しかし兵隊自体は弱かった。
紳士ばかりじゃ戦争には勝てん。

仏、軍事先進国、軍隊自体の弱さは
世界で1・2を争うw

独、軍事先進国、ドイツの科学は世界一ィィィw、
しかしロシアには勝てんかった。
規則ばかりじゃ戦争には勝てん。

147: 名無し三等兵 2012/05/30(水) 02:25:41.22 ID:???

三国干渉で日本は遼東半島を手放したけど、
逆に言えば、犬猿の仲の、
ロシア、フランス、ドイツが手を組まないと、
日本を屈服させる事が出来ない事が
証明された歴史的な快挙だよね?

129: 名無し三等兵 2012/02/19(日) 10:16:19.65 ID:???

日清戦争の10年前、
清仏戦争でフランス軍は陸戦で苦戦してたよな。

対して日清戦争における日本陸軍は
鮮やかな連戦連勝ばかり。

日本陸軍が強かったのか?
フランス陸軍が弱かったのか?
清国陸軍が弱くなったのか?

135: 名無し三等兵 2012/04/18(水) 06:45:27.31 ID:???

>>129

旗掲げながらワラワラと移動する清国軍に
苦戦するというのはフランス陸軍は
相当弱いんじゃないか?

まず誤射があり得んのだから、
大砲撃ち放題じゃないかw

130: 名無し三等兵 2012/02/19(日) 10:22:11.10 ID:???

フランス陸軍は強かったが
戦力の逐次投入やら
補給線が伸びきってたからなぁ。

140: 名無し三等兵 2012/04/29(日) 14:46:42.01 ID:???

むかしむかし、
清国という国が中国にありました。

眠れる獅子と各国が恐れて
誰も手を出さんかったが
フランスと日本だけが手を出した。
手を出してみればなんとモロイw

結局、清国は弱さを露呈し
各国によってたかられ
清国は消えて無くなりましたとさ

めでたし、めでたしw

141: 名無し三等兵 2012/05/10(木) 20:57:17.22 ID:???

>>140

仏軍は清仏戦争の陸戦で
清軍にボコボコに惨敗しているのですがw

159: 名無し三等兵 2012/10/13(土) 08:13:46.07 ID:???

>>140

日本は圧倒的な軍事力で
好き勝手に手を出した様に言う奴がいるけど
実は当時の日本世論も今みたく
支那の規模には半ばビビってたし
出来れば話し合いで解決しようとはしてたんだぜ

日本敗北説や日本傾国説の
ネガティブキャンペーンもあったしな

向こうは全く聞く耳持たない上に
一刻を争うからいざ戦ってみたら
まぁ弱い

142: 名無し三等兵 2012/05/10(木) 22:45:24.14 ID:???

陸戦でボコボコにされても、
なぜか勝利条件を満たして、
戦争終了時にちゃっかり勝ってるんだ。
仏軍恐るべしw

143: 名無し三等兵 2012/05/10(木) 23:01:57.62 ID:???

まあ清仏戦争の苦戦ぶりの責任を追及されて、
フランス本国では政権が倒壊してしまったがな。

144: 名無し三等兵 2012/05/11(金) 07:22:35.17 ID:???

フランスなんか、第2次大戦時、
本国が地球上から消えてなくなっても
最終的には戦勝国側にいるんだよねw

146: 名無し三等兵 2012/05/17(木) 07:20:04.24 ID:???

>>144

政府と国民さえあれば
国土が無くともなんとかなるって証左ですな

148: 名無し三等兵 2012/05/30(水) 09:27:38.72 ID:???

>>144

広大な植民地があったからな
あとはイギリスとアメリカ様にお任せ

145: 名無し三等兵 2012/05/11(金) 21:13:10.82 ID:???

第2次大戦で蹂躙されまくった
中国が戦勝国だからな。
局地戦の勝敗は戦争自体の勝敗には
直接影響を及ぼさんのだろう。

149: 名無し三等兵 2012/06/14(木) 16:50:27.04 ID:???

日清戦争って完全に会戦前戦力の時点で
シナは弱国 小国だった。
情報偽証ないし情報間違えで
間違いが起こった。

日本

国家歳入1億円以上相当 

金銀保有額 10億円 

GDP2~3億円 

食料生産3000万トン

正規30万 

大砲各種3000門  

艦隊6万トン



国家歳入3000万円ほど 

金銀保有 未明推定5000万~1億円 

食料生産8000万トン

傭兵20万 

予備役 40万 

大砲各種6000?門 

艦隊8万トン

経済力は日本が5倍以上 
食料はシナが2倍 
規模はシナが2倍

でも質的圧倒でほぼ日本の圧倒。
むしろ典型的に低連度部隊がまける 典型。

で素人的な換算でわ、シナが巨大になるが、
シナはあまりに弱すぎて即死

150: 名無し三等兵 2012/06/14(木) 16:51:53.21 ID:???

質的優位と経済優位が圧倒的にきた。
とりわけシナが弱かった。
装備の質も浅いし、 つまり武器では日本に劣った。

訓練以前に事実上の正規部隊もなく、
編成カオスで参謀そして錬度にこの差が一気にでた。

結果1対50以上で惨敗
最大レートだと 1対100レベル

160: 名無し三等兵 2012/10/22(月) 06:27:32.65 ID:???

日清戦争ってその後に
中国がグダグダになったから
勝って当たり前みたいに思われやすいけど、
日露戦争以上に勝算のたたない戦争だった。

少なくとも光緒帝は勝てると思い、
明治天皇は負けるかもと思って開戦した。

ロシアのニコライ2世は直前で
避戦を訓令したのに対して、清は一貫して強気。

161: 名無し三等兵 2012/10/22(月) 06:31:37.40 ID:???

しかし日清戦争での
清兵のだらしなさは
現代中国によみがえってる感じだな。
ロシアは緒戦で負けが込んでも
兵士が勇敢に戦ったが、
清は優秀だったのが司令官個人レベルだけ。

あれじゃ勝てる戦争も勝てない。
中央集権的なロシアと、
地方ごとに派閥が出来る中国の違いかな

168: 名無し三等兵 2013/03/03(日) 22:08:56.78 ID:???

中国とか清みてると
三国志や項羽と劉邦や始皇帝時代の軍人って
あんな有能なのかと疑ってしまう

引用元 http://unkar.org/r/army/1285760912