ブログ用241

1: 世界@名無史さん 2002/06/13 20:08:00

詳しい人いらっしゃいますでしょうか・・・。
いいと思われる書籍とかについても
教えて下さい。

3: 世界@名無史さん 2002/06/13 20:14:00

ソ連の国際スパイ。
コードネームは、"ラムゼイ"、"インソン"、"フィックス"他多数。
現在のアゼルバイジャン共和国、バクー生まれ。
父アドルフはドイツ人技師、母ニーナはロシア人。

第一次大戦にドイツ軍志願兵として参戦し、三度負傷。
その後、共産主義者となる。
ドイツの新聞記者、ナチス党員を装い、
駐日ドイツ大使オイゲン・オットの私的顧問となり情報を収集。
ドイツと日本の国家機密をモスクワに打電していた。

1933年より41年まで、ゾルゲ諜報団の中心人物として組織を指揮。
41年に日本の特別高等警察に検挙され、
44年のロシア革命の記念日に仲間の尾崎秀美とともに処刑された。

その活動が日本で再評価されるのは、
冷戦が終わった最近のことである

5: コピペ 2002/06/13 20:15:00

《略歴》

1895年 
バクーに生まれる。
1914年 
ドイツ志願兵として第一次大戦に従軍。
1919年 
博士号(政治学)取得。ドイツ共産党入党。
1924年 
同党の指示でモスクワに派遣される。
1925年 
ソ連共産党に入党。コミンテルン要員として国際スパイ活動を始める。
1928年 
ハンブルクで主著『新帝国主義論』出版
1929年 
ヤン・ベンジン大将の指示でソビエト赤軍参謀本部第四部に所属。
1930年 
上海にて諜報活動に従事。
米国人ジャーナリストアグネス・スメドレーと交際し、
彼女に尾崎秀美を紹介される。
1932年 
モスクワに戻る。
1933年 
モスクワで、エカテリーナ・アレクサンドロブナ・マクシーモワと結婚。
9月に日本に派遣される。

以後、後に“ゾルゲ事件”と
呼ばれるようになる諜報活動を展開。《詳細》

1941年 
10月18日、特高に逮捕される。
1943年 
死刑判決。
1944年 
ゾルゲの上告棄却。11月7日、死刑執行。
1964年 
ソ連最高会議幹部会から“ソ連邦英雄”の称号を授与される。
6: 世界@名無史さん 2002/06/13 20:23:00

ゾルゲがスパイした重要な事項をかいつまんで挙げると

1.日本の南進政策転換  
これによってとりあえずソ連は日本の心配がなくなり、
ドイツ戦に専念することができた。

2.ノモンハン事件    
ゾルゲによって、日本が本格的に
戦闘に参加する気がないと分かるや、
ソ連は大兵力をノモンハンに全勢力をあげておくりこみ、勝利した。
これによって日本にソ連恐怖症を植え付けることができ、
後の南進政策転換に結びつくとも言える。

3.ドイツのソ連侵攻情報 
せっかくのゾルゲの死を賭けた情報も、
スターリンはゾルゲを信用せず、うまく利用できなかった。
これがゾルゲを捕虜交換でソ連に返す事無く、
日本で処刑される事になった理由とも言える。

435: 世界@名無史さん 2003/07/30 22:49:00

いまだにノモンハンでソ連軍が圧勝したというデマを垂れ流してたな。
勉強不足なのかソ連シンパのアカなのか?

437: 世界@名無史さん 2003/07/30 22:55:00

露助は二万も死傷してるからな。
大苦戦の末にようやく勝ったというのが実情だろう。

440: 世界@名無史さん 2003/07/30 23:36:00

全極東軍をつぎ込んで関東軍の一部に痛み分け
ソ連はよほど日本を警戒してたんだなぁ
ゾルゲがもっと早く捕まっていればと悔やまれる

18: pt 2002/07/21 03:54:00

日本軍が北進するか南進政策なのか調べてた人
ナチ党員に偽装してた

24: 【^▽^】胃病ジョーカー土佐守 2002/07/21 14:57:00

第一次世界大戦敗北まではゾルゲも
多くのドイツ青年と同様に(彼はハーフだけど)愛国者で、
西部戦線での負傷で片足が少し短くなっちゃったんだよね。

7: 1 2002/06/13 20:24:00

詳しい方いらっしゃるんですね~。
勉強になります。メモメモ。

2: 世界@名無史さん 2002/06/13 20:11:00

ゾルゲ氏ね


4: 尾崎秀美 2002/06/13 20:14:00

>>2

もう死んでるって、既に。


9: 世界@名無史さん 2002/06/13 21:43:00

ゾルゲを落とした特高刑事が亡くなられたそうな。

11: 世界@名無史さん 2002/06/13 22:22:00

無事にソ連に帰れたとしても粛清の対象だったという悲劇的な人。
正確な情報を入手したにもかかわらず、
なんら活用されず、母国がドイツ軍に
蹂躙されるのを黙って見ているしかなかった。

15: 世界@名無史さん 2002/07/21 02:29:00

ソ連は日本にスパイ交換を持ち掛けられてもゾルゲを見捨てたが、
ゾルゲは本当は、何の価値もない存在だったのではないか。

例えば瀬島龍三とか、関東軍、大本営には
ソ連のエージェントがうじゃうじゃいただろう。
瀬島が抑留中に
スパイになったというのは間違いで、戦時中からだろう。

ゾルゲがもてはやされたのは、
日本人スパイの存在を隠すためだろう。

戦後も日本人エージェントは活動し続けたようだし。

17: フジサンケイ取材班 2002/07/21 03:25:00

えー・・・瀬島龍三が戦時中からソ連と内通してたいうの、
ちょっと(信じられない)推測は推測でかまわないが、
それを示唆するソースをしめしてほしいな。

あと、アグネス・スメドレー-ゾルゲの上海人脈って本当謎だよね。
尾崎も上海特派員時代リクルートされたようだし、
このへんのつながりってわからん

20: 世界@名無史さん 2002/07/21 14:34:00

>>17

それを示唆するソース。

おいおいあの 瀬島龍三がテレビでてるぞ!!
http://choco.2ch.net/news/kako/1009/10099/1009984334.html

30:   2002/07/23 12:11:00

ごめん。秀実の妻子への書簡集は「愛情は降る星のごとく」だった・・・

http://members.jcom.home.ne.jp/y-moon/flashlessindex.html

17>>20
なるほど~。そのスレ、僕も注目してました。
正直、ソースが
「自民党ソ連崩壊後資料調査団の持ち帰り文書を斜めに読んだ
ソース不在のハマコー政界暴露本」であるのは、
ちょっと・・・と思いますが、昭和20年頃から、一応、
中立条約むすんだ条約相手国と瀬島龍三が、
なんらかの連絡協議をもち末期、戦後の保身をにらみある程度の内通
(スパイ行為なんでしょうな)はあったかもしれませんね。

しかしそのスレ、イワレンコとレフチェンコ間違えたり、
中曽根首相はソ連のスパイといったり
けっこう無茶いってる人もいますねえ(苦笑

32: 世界@名無史さん 2002/07/23 16:43:00

>>30

戦後の保身をにらんだのではないだろう。
瀬島は大本営時代、太平洋戦線の帰趨が見えてきたところで、
仮病を使って外れ、自ら志願して関東軍に配置換えになった。
保身目的なら、米国に対してするだろう。

33:   2002/07/24 01:29:00

瀬島って日商岩井だっけ
伊藤忠だっけ?

38: 世界@名無史さん 2002/07/25 14:04:00

>>33

伊藤忠商事副社長だか専務を経て顧問。
ついでに言えばデヴィ夫人を
インドネシアに行かせたのもこのオヤジらしい。

68: 世界@名無史さん 2003/03/17 00:34:00

しかし戦後、関東軍司令部が率先して将兵を労働者として
ソ連軍に提供したのではないかという疑惑がささやかれている。

だが全抑協の切なる願いも虚しく、瀬島龍三は、
シベリア抑留問題を含め大東亜戦争の真実を語ろうとはせず、
一九九〇年十二月には、ソ連側要人と密会し、

「すでに戦後四十五年を経ている。大半の日本人捕虜は傷も癒えた。
いまさら資料公開で波風をたてないでほしい。」

と申し入れたのである…。

シベリア捕虜収容所において、瀬島龍三は、
天皇制批判を行い、将校団の民主化運動(共産主義洗脳)を推進し、
将校達に「赤いナポレオン」とささやかれていた…。

http://touarenmeilv.infoseek.livedoor.com/siveria.htm

117: 世界@名無史さん 2003/05/24 00:57:00

>>68

10年も前ではないかもしれないが、
満州シベリア定住化を目論んで
抑留を快諾したという文書が公開されたよ。
日本民族が大陸に集団でいることが
将来的に有利になるというのが理由らしい。

残留孤児も案外その線で戦後すぐの捜索ほっといたのかも。

153: 世界@名無史さん 2003/05/28 21:38:00

日本は世界で唯一成功した公務員社会主義国

155: 世界@名無史さん 2003/05/29 11:05:00

日本が一種の社会主義国っていうけど、経済システムの面だけだろ。
戦後、言論・文化面ではマスメディアは比較的自由だったし、
デモ、労働運動も活発だった。論壇も反体制色が強かったし、

社会主義国ではこうはいかないよ。日本は十分、自由主義国。

160: 世界@名無史さん 2003/05/31 13:40:00

>>155

戦後日本の言論、文化面はもろに極左だったと思うけどなぁ。
世論がそれを支持したかはともかく。

共産党が武力革命を放棄したのは、つい最近だし、
社会党なんて非武装中立は
共産国軍を引き込むための方弁だったことを
(昔は) 認めていたからなぁ。

一般世論が共産主義を支持しなくて良かったよ。

31: 世界@名無史さん 2002/07/23 15:23:00

ゾルゲっていう名前がすでに悪役。


35: 世界@名無史さん 2002/07/24 16:44:00

日本人がゾルゲを悲劇のヒーロー扱いするのは間違ってる。

36: 世界@名無史さん 2002/07/24 16:53:00

>>35

ヒーローではなくとも、客観的に見て悲劇の人ではあるなあ。
ちなみに、ゾルゲの名前が付いた学校がソ連時代にはあったらしい。
今もあるかな?

45: どとうとしや 2002/09/02 05:56:00

「リヒャルト・ゾルゲは、多数の人命を救った」といったら嘘だろうか?
彼の情報で、シベリアのソ連軍多数をモスクワに送れたわけで、
それがなければモスクワ陥落があり得たかも。

そうすれば、ナチスドイツ崩壊は
ずっと先になっていたんではないだろうか?
私自身は、歴史に翻弄されつつも、人間ゾルゲに興味をもってます。

日本国の司法機関は、リヒャルト・ゾルゲ氏と尾崎秀実氏および
その同志に対する再審をおこなって、
無罪判決を出していただきたいものです!

46: 世界@名無史さん 2002/09/02 07:51:00

>>45

ソ連が生き残ったため、
スターリンによる自国民粛清と満州、樺太に
条約違反をして侵略し一般邦人20万人が死亡した。

もっと早くゾルゲを拘束し売国奴であった共産主義者を処刑しておけば
日本の終戦時の悲劇も避けられたのです。

47: 世界@名無史さん 2002/09/02 10:49:00

>>46

ナチスの支配下でも
イデオロギー的要請に従って、
旧ソ連国民の内、スラブ系諸民族は奴隷化され大量死するでしょう。
さらに言及すればポーランド人もスラブ系であります。

もっともモスクワが陥落した上で
日本がソ連に中立条約違反で戦争を仕掛けても
かえって大日本帝国解体が早まった可能性もありますが。

56: 世界@名無史さん 2003/01/13 21:36:00

>>45

日本の国家機密(ソ連侵攻の意思はない、など)を
ソ連に通報したので、それが結果的に
何万人救ったか救わなかったかに関係なく、スパイ罪は成立する。
再審請求は却下されるだけ。

73: 世界@名無史さん 2003/04/05 07:33:00

未だにロシアではゾルゲの銅像があり、
GRU(ロシア軍情報機関)の教育ではいかに一人のスパイの情報が
国の命運を左右するかを説いてるらしいね。

当時ゾルゲをとっ捕まえた特高警察は現在でいう「公安」だが、
それら日本の情報組織もそういう情報活動を重視する教育の下、
海外情報収集に力を入れるべきではないか?
外務省のヘボぶりを見てると特にそう思う。

96: 無知な人間 2003/05/21 02:54:00

映画公開のせいか、ちょっとしたゾルゲ・ブームみたいだけど、
ある記事で戦後ゾルゲや尾崎秀実は
平和主義者として再評価されている、
とか書いてあるのを読んだんだけど、マジなの ?

ソ連がゾルゲを評価するというのは分からなくも無いけど。

97: 名無しさん@3周年 2003/05/21 05:07:00

>>96

再評価というよりも、
ずーと平和主義者として評価されてきたよ。
日本では、冷戦時代を背景に、「反ソ連」「反共産党」に
結びつけようとする流れが確かに存在したが
当事者のソ連は、スターリンの失策に関連することなので
長らく封印していた。

映画「スパイ・ゾルゲ」の公式サイトでの元木のコメントがよかった。
本人のコメントなのか、それとも事務所の指示なのかわからないが。
小雪も結構いいこと言ってたな。
葉月はアホみたいなコメントだった。

98: 世界@名無史さん 2003/05/21 07:00:00

>>97

お前みたいな
共産主義者がまだいることに、
驚きを感じます。


99: 世界@名無史さん 2003/05/21 14:29:00

>>96

ゾルゲに関する著作はいくつか持っているが、
平和主義者なんて言い草をしているのは一冊もないよ。

ゾルゲはあくまでソ連の国益の為にスパイ活動していたのだし、
そもそもスパイというのがそういう性質のものだ。

105: 世界@名無史さん 2003/05/21 20:47:00

>>99

岩波で出版されたゾルゲ・尾崎関連の書籍のあとがきとか
あの出版社はもはや会社全体が真っ赤なんだけどね(w

106: 世界@名無史さん 2003/05/21 20:51:00

尾崎が平和主義を指向してようと結果的に彼の行動が
ソビエト、共産主義の利益になったのは事実

冷戦時代においても、
平和活動やらベトナム戦争反対のデモやらヒッピーやらが
ソ連、中共が扇動してたんだし、
尾崎とソ連、共産主義の関係も似たようなもんだろ

末端は純粋で正義のつもりでも、
背後のスポンサーはそれを利用してるだけ

107: 世界@名無史さん 2003/05/22 15:13:00

日本がアジア解放を指向しようとして結果的に日本の行動が
中国、アメリカ、ソビエト、朝鮮の利益になったのは事実

冷戦時代においても、
反共活動やら右翼やら親米派らがアメリカを調子づかせ、
経済援助という名の賠償金で結局は中国に力をつけさせたんだし、
尾崎の一面的な評価と、結果的に日本を
隷属状態にした輩との関係も、似たようなもんだろ

末端は国益のつもりで動いても、
大国の手のひらの中で踊らされているだけ

136: 世界@名無史さん 2003/05/26 18:02:00

進攻の情報を流したから「裏切り者」、とかいうヤツ、アホすぎ。
「個々の戦闘」という、意図的に狭い視点でしか議論しようとしない。

尾崎は、ファシズムには必ず侵略戦争が伴い、
結局ファシズムは軍事力で打ち砕くしかない、
という本質を理解していた。

初期の段階でファシズムを叩き潰して日本と中国が協力し合わないと、
いずれ双方は欧米の支配下に置かれ、
取り返しのつかないことになることを恐れていた。

尾崎こそ真の大東亜共栄圏を作ろうとした人物。

140: 世界@名無史さん 2003/05/26 21:09:00

>>136

461 名前:    投稿日: 02/01/03 23:16 ID:/0weTasH
ゾルゲ事件で逮捕された朝日新聞の尾崎秀美は、
戦争賛美の上に、北進に傾いた近衛首相を南進に向けたが、
彼が特高の取り調べでゲロした内容は以下の通り。

「日中戦争で国民党軍が壊滅すれば中国は共産化する。
日中戦争は米国との戦争に発展する。
資源禁輸された日本は東南アジアに侵攻するだろう。

そして初期は日本軍が圧倒し
東南アジアから帝国主義勢力を一掃する。
しかし米国の物量を前に劣勢に立たされるだろう。
そこでソ連軍を日本に進攻させ、その協力で日本を共産化する。

そして日ソ連合で米軍を排除し、東アジア全体の共産化が実現する」

これは尾崎個人の発想ではなくコミンテルンのプランだろう。
瀬島がコミンテルンの指令に従っていたと考えれば、
彼の行動はすべてうまく説明できる。

おいおいあの 瀬島龍三がテレビでてるぞ!!
http://choco.2ch.net/news/kako/1009/10099/1009984334.html

100: 世界@名無史さん 2003/05/21 15:29:00

当時、スパイなんて星の数ほど存在した。
もちろん、彼らは国益のために活動した。
処刑されたスパイも星の数ほど存在した。

しかし、ゾルゲや尾崎だけが長期間にわたって
世界中の熱い関心を集め研究されてきたのには、
やはり人々の心をとらえる理由があったからだ。

一国だけの「国益」を超えて
「いかにして悲惨な戦争を阻止するか」のために命をかけたのだから。

引用元 http://mimizun.com/log/2ch/whis/1023966510/