ブログ用69

160: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/08/16(土) 06:34:57 ID:b4Ucjx/9O

大日本帝國狸
狸にも、アジア解放とかナショナリズムがあった時代か・・・

162: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/08/16(土) 07:53:45 ID:DcqdRO180

個人の自由を侵害するなんて日本はとんでもない糞国家だったんだよな
今の北朝鮮と同じようなもんだ
俺たちは原爆開放してくれたアメリカに感謝しないといけないな

164: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/08/16(土) 13:36:08 ID:lMoiFQP60

ここにもネットキムチ共>>162が出没してるのかw
166: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/08/16(土) 16:44:24 ID:pUadG+Cn0

>>162

うちの親父(戦時中小学生だった)によると、
確かにインフラ整備とか、多少のいいことはしてあげたけど、大部分の
一般的な日本人や、下級の兵隊さんたちは
「おいこらちょん」やら「しなちく野郎」とか見下し威張りくさって
棒で日本語出来ない中国人、朝鮮人をこづきまわしてたりしてた、と。

まぁどんなに良く言ったとしても「相手の国を武力で脅して、占領した」
って事実は変わらないからねぇ。当時はそれが当たり前の世界だったとしても

しかし昨日のNHKのフィリピンの戦時中の話、はむごかったOTZ

170: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/08/16(土) 19:25:36 ID:+TBsGbgT0

>>166

日本からほとんど持ち出しで国内不景気になったことを
「多少のいいこと」程度で済ますとは。
南洋諸島の老人に言ってごらん、逆に怒られるから。
しかも朝鮮人は、内地と同じ一党国民
扱いだったんだよ(ちなみに台湾は二等国民)。

>まぁどんなに良く言ったとしても「相手の国を武力で脅して、占領した」
>って事実は変わらないからねぇ。当時はそれが当たり前の世界だったとしても

もう少し歴史を勉強したほうがいい。

181: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/08/16(土) 21:14:40 ID:RZd0hS2q0

旭川の市内にある基地では、
全滅した部隊が隊列をなして戻ってきたという話を聞いた

190: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/08/16(土) 23:31:24 ID:0YCJHxHR0

街中で育った母は花火大会がこわいらしい、空襲をおもいだすから。
焼夷弾でにげた川には死体がたくさんあり、よく人魂を目撃したそうだ、
田舎で育った姑は花火大会が大好き!子供のようにはしゃいでこの夏も
3ヵ所運転手でいかされた。ある意味花火大会が私は嫌いになった。

193: 里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 投稿日:2008/08/17(日) 00:16:36 ID:pfMn9qSDO

南方の食料不足で飢えに苦しんだ戦友の話はよく聞くが、
死んでしまった戦友の人肉を食ったという話も、たまに聞くことではあるが
戦友を「殺して」まで、その肉を食っていた連中(脱走兵)が居たという。怖い。
まあでも、ウサギが自らの肉を焼き旅の老人に与えて、それをもてなしとした、
という逸話もあることだし。いい話かもしれないね。

194: 里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 投稿日:2008/08/17(日) 00:21:47 ID:pfMn9qSDO

死ぬ直前は、それまで大量に這っていた「虱」がすっかり居なくなる。
それで「ああ、おまい、もう長くないな…」と判る。虱ってすごい不思議な奴だ。

195: 里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 投稿日:2008/08/17(日) 00:33:11 ID:pfMn9qSDO

支那では死体に阿片を詰めて密取引をおこなう。
死体は検閲されないからです。死体カバンですね。

197: 里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 投稿日:2008/08/17(日) 00:47:38 ID:pfMn9qSDO

水木しげるが戦争でぬりかべに出会ったという話は有名だが、
水木しげるの太平洋戦争マンガの長勇のルビが「ながいさむ」になっていたのが
気になってしかたがない。「ちょういさむ」デショ?

182: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/08/16(土) 21:17:02 ID:ajay9mnR0

何かと話題になる靖国神社は怪談話とかないのかね。

191: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/08/16(土) 23:35:56 ID:gcwUbwz+O

なんかで読んだんだけど、靖国神社にお参りした
特攻隊員の生き残りが境内で真昼に蛍が舞っているのを見たとか、
南洋の遺骨収拾団が持ち帰った遺骨が靖国境内か千鳥ケ淵かで、
風も振動も無いのに音を起てたりした…なんてのを読んだことがある。

192: 里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 投稿日:2008/08/16(土) 23:58:00 ID:MIEzp55PO

A級戦犯の処刑を担当した軍人(ウォルトンウォーカー)は
A級戦犯が処刑されたのと同じ日づけ、同じ時刻に、
同じ人数(七人)、謎の自動車事故で死んだ。

引用元:太平洋戦争中の不思議な・怖い話2