b734

490: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/08(月) 11:35:37 ID:hmD/LdQvO

私の伯父さん(75歳位?)も機銃掃射されて
生き残ったって話を伯母づてに聞きました。
伯父さんは茂みに隠れていたから助かったみたいだけど、
米兵が赤いスカーフをヒラヒラさせて撃ちまくっているいるのが見えたって。
逃げまどっていた同級生はその時に撃たれて亡くなったそうです。

なんだか悲しいね。昔の栃木県でのお話です。
スレチだったらごめんなさい。。
492: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/08(月) 12:07:57 ID:BdIEavxR0

一方、撃墜されつつも不時着して生き残った米兵パイロットは
「恨み晴らさでおくべきか」
とばかり日本国民から壮絶な暴行を受け、死んでいった
(はだしのゲン、だっけか)

どこまで真実なのか、
どんな思いで従軍していたのか、敵国兵を殺したのか
伝聞・過去の記録に頼るしかないが
どっちがどう野蛮だった、というか戦争は基本、殺し合いだからね

真珠湾を攻撃した日本のパイロットは民間人には
発砲しなかった、という話もあるようだが
果たして日本が圧倒的優位に制空権を持っていたとしたらどうだったか

歴史に聞いても答えは返ってこないな

495: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/08(月) 12:43:40 ID:TCjByL8/0

>>492

米国船籍の民間船舶も
だいぶカミカゼ含む日本の攻撃にやられてるね。

民間人殺しは対日戦線の米軍に限った事じゃない。
ドイツの空襲被害は日本の10倍だ。
広島や長崎以上の壊滅的被害を受けたハンブルクは工業地帯ではない。
市街地を攻撃するのも敵国の経済機能や交通網や
物資の破壊を狙う戦略行動と言えば言える。
攻撃側の損害を避けようとすれば工業施設と民家を
区別出来ない絨毯爆撃にならざるを得ない事情もある。

496: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/08(月) 13:28:52 ID:ePvdhXWp0

>>495

神風が非戦闘員の子供や女性を目標にして殺害したのかね?
そうじゃないだろ。米国籍の一般船籍といったって、物資の運送船だろ。
海上だったら狙うに決まってるだろ。論点をずらすなよ。
アメリカは非戦闘員の女、子供も平気で殺したんだよ。
それも初めから予定して小学校など学校を狙うんだよ。

493: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/08(月) 12:23:46 ID:We+kLetP0

真珠湾の時は、機銃掃射は滑走路上の飛行機に対してじゃないか?
ま、その時兵士なり民間人がいれば撃たれただろうが。

最大の海軍基地だから、あまりにも目標が多すぎて、
わざわざ民間人のいるところを狙うことは無いと思う。

494: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/08(月) 12:26:30 ID:LjWWzlwX0

憶測で話さないでくれ。

498: 呑呑 ◆2X9IMiA40A 投稿日:2008/09/08(月) 13:59:34 ID:M13kp3Ol0

アウシュヴィッツ強制収容所では
被収容者の効率的な殺害を是としたため
平均以下の処理数だと「ノルマを達成出来なかった車のセールスマンとか、
赤点取った学生」の如くに担当者は嘆き悲しんだと言う。
戦時に平気で人を殺せるヤツってのは
平時に平和主義をアピールしてるヤツってよりは
正義とか、真実を信じ込む真面目なヤツだぜ。

499: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/08(月) 14:11:08 ID:c+a0G3+zO

そういう経緯から、
戦後に「権威主義」の研究が進んだ。

500: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/08(月) 14:23:08 ID:BdIEavxR0

戦地で一服してたら
「あっちの方角が日本かな」という声が聞こえた

「さあどうかな」などと返事をしていたら
上官の「貴様、誰と話をしているんだ」という声が。

え、と思って今まで声のしていた方を見たら
そこには味方の死体があるだけだった

みたいな話が書き込まれてたスレがあって
けっこう面白かったんだけど
スレタイ忘れてしまった

501: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/08(月) 14:29:10 ID:We+kLetP0

青山繁春が硫黄島に行ったとき、
そこの自衛隊員から海岸を歩いていると、
誰もいないのに話し声がするんですよ、って言われたらしい。

508: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/08(月) 17:35:22 ID:ojQRGNJJ0

>>501

硫黄島の話は空自でも有名ですね。
空自の体験談を聞くと、幽霊って本当にいるのかな?って
思っちゃいます。遺体はそのままにして米軍が
滑走路を作っちゃったんだもんね。
硫黄島で戦死した英霊だけではなく全ての英霊に感謝!

510: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/08(月) 17:50:31 ID:Qrjn3+o40

>>508

英霊には感謝するけど犬死のような気もする
東條の糞ハゲがさっさと白旗揚げりゃ
あんなにひどい死に方せずに済んだんじゃないの?
それとも最後原爆2発落とされるまで
必死で粘ってなんかいいことあったのかな?

いまだに成仏できずにさまよってる兵隊さんをおもうと泣けてくる。

511: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/08(月) 18:01:30 ID:xe+Pb5+aO

>>510

原爆落とされんでも戦争は8月15日に終わる筈だったんだよ。
それをアメ公の奴が…

512: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/08(月) 18:26:03 ID:Qrjn3+o40

>>511

ていうか8月といわずに
もう一年位前から負けるって分かってたんじゃないの?
普通の思考能力ならwww
どんだけひっぱってどんだけ殺してんだよwww大本営www

514: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/08(月) 18:38:40 ID:xe+Pb5+aO

>>512

一年前も何も最初から負けるって分かってたんだけどねw

>大本営
まあ、日本から戦争仕掛けなくても、
アメリカの方から秘密爆撃の形で戦争ふっかけて来た
(ルーズベルトはこの手の計画に積極的にゴーサインを出していた)
んだろうけど。

523: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/08(月) 21:28:59 ID:LoXs3BQ/0

>>514

そうそう。
アメはいつも同じ。
アメがイラクを攻めた時も
既成事実を作ってからやった。
ロシアのグルジア侵攻もそう。

522: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/08(月) 21:24:59 ID:LoXs3BQ/0

>>512

大本営が引っ張ったんじゃなくて
アメがわざと長引かせたの。
原爆投下する前に戦争が終わったらアメが困る。
大本営は戦争終結の裏工作を盛んにやってたんだよ。

773: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/28(日) 13:30:12 ID:W9xipKw70

>>510

>東條の糞ハゲがさっさと白旗揚げりゃ
>あんなにひどい死に方せずに済んだんじゃないの?
>それとも最後原爆2発落とされるまで
>必死で粘ってなんかいいことあったのかな?

東條はそもそも軍部の主戦派を
押さえ込めるための「雇われ社長」だからな。
東條がハンパなところで独断で白旗を揚げたら、
それこそ、主戦派がクーデターおこして天皇拉致して政権奪取、
さらに抑制の効かない状態で継戦。
それこそ本土決戦まで行ってたんじゃないかな?

原爆投下という前代未聞の残虐非道があったからこそ
負けを受け入れる大義ができて、
主戦派もようやく終戦に同意
(それでも実際クーデター未遂までいってるが)。
なんとか終戦にこぎつけたというのが事の次第でしょ。

スレ違いスマソ

引用元:太平洋戦争中の不思議な・怖い話2