b564

515: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/08(月) 19:40:43 ID:XFmpWgLZ0

対米戦争は、長期戦になると負けると分かってたはず。
軍(特に海軍)は知米派が多いので、緒戦に大打撃を与えて
米の国内の反戦意識を高めて講和に持ち込めれば良しだった。
けど、逆に真珠湾攻撃がだまし討ちとの批判を浴びてしまい
反日意識を高めてしまったので、講和どころか原爆まで落とされてしまった。
逆にうまくいったのが日露戦争で、緒戦に陸海軍が勝って米が間に入って
講和に持ち込んで日本の勝ちだった。
これが、フランスやドイツみたいにモスクワまで進撃したら日本は負けてたよ。

516: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/08(月) 20:09:03 ID:d7Na863N0

かくすれば かくなることとは 知りながら
 
                                        やむにやまれぬ 大和魂
517: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/08(月) 20:11:07 ID:IoeS6HSC0
 
ようつべに機銃掃射の動画があったよ。

【貴重】カラーフィルム・昭和の戦争と平和 (4/6)・・・一番終わりの部分
http://jp.youtube.com/watch?v=z-i_BsDLl8g


【貴重】カラーフィルム・昭和の戦争と平和 (5/6)・・・冒頭部分にかけて写ってる
http://jp.youtube.com/watch?v=VlpUFPW7WNw


アメリカ軍が戦争末期、都市への無差別爆撃をやってた頃、
爆撃機の護衛で飛んできた戦闘機が、動くものなら何でもいいと銃撃してた。

538: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/09(火) 16:34:46 ID:udlZXjFF0

>>517

交通機関(列車)を破壊するのは戦略上理解できる
(疎開先へ向かう民間人が乗っていたりするのだろうけど…)
だけど普通の平屋の民家や逃げまどう民間人
まで掃射しているじゃん。

むごいもんだ。

520: 呑呑 ◆2X9IMiA40A 投稿日:2008/09/08(月) 20:44:29 ID:M13kp3Ol0

在日米軍による低空飛行訓練が日本中で行われている。
同盟国だから仕方無いだろうと半ば諦めていたら、
低空飛行訓練は安全上、自国や同盟国では行わないのが世界の常識らしい。
おっと太平洋戦争中の話じゃないぞって指摘は受け付けないぜ。
今でも占領国扱いじゃ太平洋戦争が続いてるのと似たようなもんだからな。

527: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/09(火) 07:38:33 ID:kdiSOghe0

「夏の葬列」
短編小説だけど、これ、かなりこわい
中学の国語の教科書にものったらしいけど

529: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/09(火) 08:24:46 ID:XQe3SLWh0

>>527

俺も「機銃掃射」で夏の葬列が頭に浮かんでいたよ。 
作品発表時の時代背景もあるから、類似作品は多いが、
なんだか物悲しくなる話だよな。

528: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/09(火) 07:48:14 ID:KcX9eJAC0

そういう意味じゃ北朝は大したもんだよな。
アメ相手にあれだけの駆け引きがやれてるんだから。
日本も少しは見習うべきだ。
まあそれでも大嫌いな国だがw

530: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/09(火) 08:43:13 ID:X6Ddbi1W0

「機銃掃射の弾が当たると胴体がちぎれて無くなって手足頭しか残らん」
と伯父さん(当時7歳)に聞いたが子供だった俺には
どんな状況か見当が付かなかった。
て言うか7歳でそんな状況を見る事すら想像できない。

532: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/09(火) 14:40:13 ID:+XUIR1RI0

>>530

学校で年配教諭が同じような話してたよ。
壁に、撃たれた人の内臓が飛び散ってはりついたって。
人を射殺するのにHMGは強力すぎなんだよね、だから惨いんだ。
ただ対物の場合、パイロットって撃った後
どうなってるかわからない(理解してたら撃てない)
なので物に対して射撃したという感覚がほとんどだろう。

民間人、それも子供と知りながら射撃したパイロットは悪魔だね。
たとえ敵国であっても子供に罪なんてないのだから。

戦略と殺戮、命令と個人の判断、
戦場心理と醜悪な行動を区別することは
実は簡単なんだよね。

533: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/09(火) 15:22:44 ID:7bzcqGTg0

不時着して生き残った敵パイロットを
リンチにかけた心情は充分理解できる。
圧倒的に優位な立場で非武装の一般人を虐殺した米軍パイロットは
日本のA級戦犯となんら変わりない。
戦争ってのは負けるもんじゃねぇな。
勝った側にどんな理不尽・不条理なことをされても文句が言えねぇ。

せめてもの救いは占領国が米英だったことか。
露助とかシナ畜だったらどんな目に遭っていたか。

543: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/09(火) 17:35:14 ID:DqXvHnW70

>>533

Aじゃなくて、BかC級戦犯だね。

534: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/09(火) 15:26:03 ID:hM7sgzTf0

まったくだ。
軍人が出征してほとんど民間人しかいない街に、
無差別爆撃や原爆を落した連中が英雄なんだから。

535: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/09(火) 15:41:24 ID:LO/4AGLC0

俺は白人の子供に機銃掃射は出来ないけど、
朝鮮人、支那人ならばためらいなく出来るわ。

536: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/09(火) 16:14:03 ID:U+arygC10

不謹慎だけど、自分達より劣ると思える人種・民族には
あまり抵抗がないと思う。戦争になったら。

実際、中国の田舎とか行くと動物とあんまり変わらない人間いるし。
密林や島に居る色黒人とかも・・・・・

悲しいけど、これが人間の本性・・・・・

引用元:太平洋戦争中の不思議な・怖い話2