b327


815: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 07:07:40


うちの爺ちゃん、海軍航空隊の飛行機乗りだったが、
当時としてはありえない超高速で、
パッパッとあちこちに飛び回る未確認飛行物体を、
ちょくちょく目撃したって言ってたなぁ。

でも、ある程度の距離を保ちながら
こちらを観察してる感じで、全然攻撃して来ないから、
当時は「アメ公はものすごい偵察機を開発しやがった!チクショウ!」
と思ってたらしいが

823: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 07:07:40


>>815
フーファイターか?
欧州戦線でも頻繁に目撃されてたみたい

なんの本だったか忘れたが、
ミッドウェー海戦のときにも目撃されてたらしい


845: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 07:07:40


満州に油田があったこと。
戦後見つかったんだが、それが戦前に見つかっていれば...
しかしその油田は現在すでに枯れてしまってること。
中国ってどれほど...


866: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 07:07:40


>>845
枯渇したというより、掘削技術と石油の値段じゃないか?
米ほどの技術と石油が以前値上がりしたより
ずっと上がればまた採れるよ
ようはペイしないから掘らない 彫れない


857: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 07:07:40


祖父から聞いた話だが、
ニューギニアだかフィリピンだか忘れたけど、
当時はまだ先住民の中に首狩り族がいて、
友軍が襲われた事もあったそうだ。
祖父が見たのは、どこかの小隊の死体だったが、
すべての死体の首が刃物らしきもので切り取られていたそうだ。

手には銃や軍刀が握られたままの遺体がほとんどで、
帝国軍人らしく、逃げる事無く果敢に抵抗したが、
先住民は大集団で襲って来るので虚しく敗れたんだろうと言っていた。


817: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 23:53:52

家のじいちゃんばあちゃんは、
戦争の映画やテレビが未だ見れない。
恐ろしさが よみがえって涙がでちゃうって。
自分の家の敷地の防火水槽で
母子が抱きあってなくなってたって言ってた。
そういう光景が至るところでみられたらしい。
それを話しながら、また涙を流してたよ。
戦争って…、本当に怖い。


825: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 07:07:40


>>817
おじいちゃんおばあちゃんを大切にしてあげてね 。・゚・(ノД`)・゚・。


引用元:太平洋戦争中の不思議な・怖い話3