b328

518: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 20:48:48

油槽船第三図南丸(19200㌧)は、
米潜から発射された魚雷が5本命中しても沈まなかった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/第三図南丸
すべて不発だったのである。その後この船は魚雷が突き刺さったまま帰港した。
Mk14魚雷は初期、とても不具合が多かった。
それでも5発とも不発だったのは幸運だったのか、
逆に5本も当たるとは悪運が強いのだろうか。

519: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 00:04:55

幸運なお船ですね
520: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 20:48:48

米潜の乗員は怒り狂っただろうな(w

521: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 23:06:33

5本当てて撃沈できなかった潜水艦の艦長は
ノイローゼになっちゃったんだよね。

522: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 20:48:48

ちなみに第三図南丸は戦争を生き抜き、
戦後は大型捕鯨母船として活躍したそうです。

米潜の乗組員は相次いで魚雷の不具合を当局に訴えましたが
「発射諸元の入力ミス」「戦場では冷静さを欠いてしまう事が多いので・・・」
と認めようとせず、仕方なく米潜は旧式魚雷を積んだり高価な撮影機を
自費で購入して魚雷発射を記録したりして抗議したそうです。笑えないね。
これで1943年にようやく改良されました。

ちなみに14型の欠陥は軍縮時に開発されたため
わずかな数しかテストされていない事と、
接触撃発システムと磁気起爆システムが
試作品のまま搭載されていた事だそうです。

蛇足ですがほぼ同様の魚雷不発が
1940年、ドイツでも起こって、
こちらでは即座に対応が取られ、
解決した挙句に開発責任者が処分されました。

523: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 00:04:55

ますます幸運。雪風なみ。

525: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 20:48:48

処分とはシアン化ガス室?
東部戦線?

527: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 20:48:48

>>525
処分、と載ってるだけなんでわからん。
たぶん謹慎か免職程度じゃないか?
開発した兵器に原因があると認めようとしなかったので処分されたらしい。
問題起こしたのはPi-I型魚雷だそうな。

引用元:復刻★信じられないが、本当だ。