b350

1: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 20:48:48

終戦時に外地では見つけ次第、問答無用で死刑にされた様です。
一般的には悪の組織の様に言われていますが、その実態は不明です。
再組織に備える為にも、考察しましょう。

6: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 23:06:33

戦後、所属の職員は、ほとんどが公職追放されたものの、
後に旧自治省・警視庁・公安調査庁などの上級幹部職に復職している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

素晴らしい、その血脈は絶えて無かった!
8: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 20:48:48

旧軍の憲兵というと、
戦後の偏った教育のせいで「恐怖の大王」「悪魔の使い」
のように思っている人は多いだろう。

しかし、昭和のはじめに吹き荒れた、
「軍内テロ」(永田鉄山斬殺事件など)や、
「軍内革命」(満州事変など)
をきちんと予防・取り締まり・再発防止ができなかった時点で、
旧軍の憲兵がいかに弱体であったかが分かる。
というか、ほとんど無能ではないか?

実際は「憲兵が横暴」ではなく
「憲兵が弱すぎ」が、旧軍が暴走した原因と思う。

10: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 20:48:48

「憲兵といえば、東条英機」と
イコールで連想する人も多いでしょうが、実は
ヒデキもまた憲兵や特高警察の監視に苦しんだ時期がありました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/東条英機
それは皇道派が権力を握った、5.15事件から2.26事件の間です。
憲兵政治のそもそもの端緒は、皇道派の領袖に祭り上げられた
荒木貞夫陸相であり、その専断的な人事に加えて、要注意人物には
容赦なく憲兵や特高刑事の監視を張り付けました。
この場合の「要注意人物」とは、統制派の面々である事は
言うまでもなく、ヒデキもまたその対象でした。
https://ja.wikipedia.org/wiki/荒木貞夫
相沢事件で軍務局長だった永田鉄山が斬殺された時、
ヒデキは閑職の久留米・歩兵第24旅団長でした。
ヒデキは「永田の血染めの軍服を貰い、
事件の状況・実情をつぶさに確認する」ため、密かに上京します。
もちろん皇道派の目を避けるために、細心の注意を払っての隠密行動でした。

この時、後の首相秘書官となる赤松貞雄が呼び出され、
偕行社に自分の名義で部屋を借ります。しかし、
赤松は自分の軍刀(ヒデキはその時、私服です)を
部屋の入口にうっかり置いてしまい、ヒデキから
「そんなところに置くな!」と叱責されます。
永田の最後が思い出されたのでしょう。

11: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 20:48:48

>>1
特高等警察って中途半端な略し方するなよぉ

12: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 20:48:48

戦後国会議員になった特高官僚の名は?54人

戦前、特高警察の拷問などで命を奪われた人だけでも1697人以上にのぼります

大久保留次郎・警視庁特高課長、 増田甲子七・警保局図書課、
松浦栄・秋田県特高課長、 大村清一・警保局長、
鈴木直人・広島県特高課長、 岡田喜久治・警視庁外事課長兼特高課長、
青柳一郎・熊本県特高課長、 鈴木幹雄・警視庁特高部外事課長、
中村清・京都府特高課長、 西村直己・静岡県特高課警部、
館哲二・内務次官、 町村金五・警保局長、
池田清・警視庁外事課長・警視総監、 今松治郎・警保局長、
大麻唯男・警保局外事課長、 岡田忠彦・警保局長、
岡本茂・新潟県特高課長、 河原田稼吉・保安課長・内相、
菅太郎・福井県外事課長兼特高課長、  薄田美朝・大阪府特高課警部・警視総監、
田子一民・警保局保安課長兼図書課長、
館林三喜男・警保局事務官活動写真フィルム検閲係主任、
富田健治・警保局長、 灘尾弘吉・内務次官、
丹羽喬四郎・京都府特高課長、 古井喜実・警保局長、
山崎巌・警保局長、吉江勝保・滋賀県特高課長、
相川勝六・警保局保安課長、 雪沢千代治・兵庫県外事課長、
橋本清吉・警保局長、 保岡武久・大阪府特高課長、
伊能芳雄・警視庁特高課長、 大達茂雄・内務相、
後藤文夫・警保局長、 寺本広作・青森県特高課長、
広瀬久忠・内務次官、 大坪保雄・警保局図書課長、
岡崎英城・警視庁特高部長、 唐沢俊樹・警保局長、
纐纈弥三・警視庁特高課長、 亀山孝一・山口県特高課長、
川崎末五郎・警保局図書課長、 高村坂彦・鳥取県特高課長、
重成格・警保局検閲課長、 増原恵吉・和歌山県特高課長、
桜井三郎・警保局事務官ローマ駐在官、 湯沢三千男・内相、
安井誠一郎・神奈川県外事課長、 奥野誠亮・鹿児島県特高課長、
古屋亨・岩手県特高課長、 金井元彦・警保局検閲課長、
原文兵衛・鹿児島県特高課長、 川合武・長野県特高課長

13: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 20:48:48

特高官僚って何だよ

そいつら全員ただの内務官僚だろ

14: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 20:48:48

内務官僚って言ったら
いまの大蔵官僚みたいなもんだろ?

普通に頭良くないか?

15: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 23:06:33

いいよ、多分帝大卒ばっかり
入省して、あちこちの部署に異動して他省にも出向、
その経過に特高のポストにも座ったりする。
特高は警務、刑事と同じく警察の一部門で、
警察は内務省の一部門だから当然。

最終的には内務三役と呼ばれた
内務次官、警視総監、警保局長に就任でゴール。
ついでに議員にもなれれば勝ち組。

16: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 20:48:48

警保局長ってのは今の警察庁長官ね
ただ、今と違って警視総監は警保局長の下には無い
しかも警保局長より警視総監の方が先任ポスト

17: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 00:04:55

そそろマジ、復活させろよ。
取り締まり対象、外国人、カルト教団。

18: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 23:06:33

>>17
おれもなんで復活させないのか疑問

内閣府事務次官
警視総監+(新設)首都憲兵隊長
警察庁長官+公安調査庁長官

とかで良いんじゃんという気がする

19: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 20:48:48

憲兵総監のほうがしっくりくる>役職名

20: 名無し三等兵 投稿日:01/10/02(日) 00:04:55

>>17
ヒント:警視庁公安部

引用元:▼ 憲兵隊、特高等警察を考察するスレ ▼