b425
b5

816: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 07:07:40

やっぱりサムライですね。
ところで何で日本は戦争したのですか?
習ってきたのは、日本が勝手に戦争しかけて
自爆したように教えられてるのですが‥
自分の国を守る為ですか?

819: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 07:07:40

>>816
何故戦争したのか、自分も日本史を勉強しつつ
当時の事を振り返ってる途中だからはっきり言えないけど、
参考図書なら紹介できるし、816も自分の目で見て、頭で考えて答えを出してみて。
自分のお勧めは、田母神塾かなぁ。あの当時の事を言及してるから。
他にも図書館や本屋で書籍を手にとって、余裕があるなら
靖国や原爆ドームなどに行って学んでくるといいよ
820: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 07:07:40

819、ありがとうございますm(__)m
自分で、調べてみます。
戦争の話しとかは、興味があって
チラチラ見たりするのですが、だいたい
原爆の悲惨な状態を見ることが多くて、
実際なんで戦争したかが分からないんですよね‥
ありがとう。

821: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 07:07:40

日本は戦争を仕掛けたんじゃなくて、
けし掛けられたんだよな。アメリカに。
当時アジアに進出して次々に植民地を手に入れていた
ヨーロッパ列強に、遅れを取るまいとアメリカも躍起になってたんだが、
どうしても大東亜共栄圏ってやつが邪魔で、
ハルノートを突きつけてきたんだな。

要するに日本が領有していたアジアの植民地のほとんどを
手放さないと痛い目にあうぞという恐喝文書。
で、当然日本はそんなもの受け入れるはずはなく、
アメリカは徹底した経済封鎖を日本に仕掛けてきた。

当時最大の輸入相手国だったアメリカにそんなことをされりゃ
日本人の大半は飢え死にするかよくても極貧生活をよぎなくされる。 
残された道はただ一つ。アメリカと喧嘩して勝つこと。
真珠湾攻撃も事前に暗号を傍受されていた。
ルーズベルト大統領は家族に
「私は戦争を始めるのではない。戦争を作るのだ」と語ったという。

アメリカってもともとそういう国。

822: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 23:53:52

そう アソコで戦争を回避する選択もあった
それならそれで、米はまた違う要求を突きつけ、戦争に追い立てただろうね

そうでなければ、暗号傍受していても、黙って真珠湾を見殺しにはしないだろ

826: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 07:07:40

>>816
長くなるから、覚悟してねw

植民地を持つことは当時の先進国にとって最も重要な経済活動だった
世界の情勢は、植民地を持つ列強と植民地にされる弱小国に分けられ
植民地になりたくなければ、植民地を確保し経済をふくらませ、強い軍隊を持つ
この方法以外は存在しないと言う状態だった。

アメリカにより開国させられた日本は、
自国の植民地化を逃れるため明治以降、急速に近代化を推進した、
その日本が当時中国大陸を支配していた清国とぶつかり
これを破ったことで、当時眠れる獅子と呼ばれ、欧米列強がその潜在能力を
計りかねていた清国の弱体化が露呈された、このことにより中国大陸は
列強が取り分を相争うケーキに例えられ、日本もまたこの植民地争奪戦に
身を投じていくこととなった、この日本の前に立ちはだかったのが
当時のロシア帝国である、ロシア帝国は、
自国の領土拡張と中国大陸での権益の拡張のためには
日本が邪魔であったことから、日本と対立を深めていく
この中で問題に上がったのが朝鮮半島である

続く

827: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 07:07:40

>>816
続き

当時朝鮮半島は、日本が、朝鮮の宗主国であった清国を破ったことから
清国の冊封体制(早い話が属国)から独立し、大韓帝国を名乗っていた
ここに目を付けたのがロシアであった、当時の朝鮮半島はロシアの干渉による
親ロ勢力と、親日勢力の間で苛烈な政争が繰り返されていたが
朝鮮半島をロシアに抑えられれば、日本はのど元に短刀を突きつけられた形になり
近代化どころか、自国の独立まで危うくなると言う状態だったため日本は
親日派の韓国人と協力して、韓国を日本の保護国(実質属国)にして
インフラや経済を拡充させ、ロシアに備える事となった。

こうして日本はロシアと対決姿勢を強め、
日露戦争へと突入しイギリスの協力のもと
有色人種は白人に勝てないと言われていた
当時の世界にあって奇跡とも言われる勝利をロシアから勝ち取り、
世界に置いて確固たる先進国としての地位を築き上げます。

こうして日本は、自らの血で購った
大陸の権益に対する執着心をを持つようになります
いわく、大陸は日本の生命線である。

828: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 07:07:40

>>816
更に続く

時代は飛んで、昭和

当時の日本に取って、中国大陸は自国の経済にとって無くては成らない
重要な地域となっていた、またアジアへの勢力拡大を狙うアメリカにとっても
中国大陸の権益は喉から手が出るほど欲しい重要地域となっていた

その上、ロシアでは共産革命によって帝政ロシアが倒されソ連が打ち立てられ
共産主義の急速な拡大は、日本を含めた帝国主義列強を恐怖させた
このことにより、中国東北部は日本にとって経済基盤としてだけではなく
防共の砦としての重要性も高まり、日本は当時同地域の軍閥として
大元帥を名乗って居た張作霖に近づきこれを支援することで、満州における
日本の権益を守ろうとしていた、しかし日々増長して日本に対する叛意を
ちらつかせる張作霖に手を焼いた関東軍は、これを謀殺し当時廃帝と成っていた

清帝国最後の皇帝溥儀を担ぎ出し、
満州帝国を建国させ日本との同盟国とすることで、
権益を守りつつソ連の南下を阻むと言う手法を取った

続く

829: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 07:07:40

>>816
これに対して、不快感と危機感を持ったのがアメリカである
満州国が国家として認められてしまえば、アメリカが同地に権益をのばすことは
非常に困難となってしまう、ここでアメリカは日本に対して圧力をかけ
満州の建国を認める変わりに、南満州鉄道など日本が満州に持つ権益を
アメリカに譲り渡すようにと迫った、当然、大陸の権益を奪われては
日本経済の生命線が切れると考えていた日本は、これを拒否した
また当時日本は、ヨーロッパに置いて急速に勢力を拡大していたドイツと
接近し日独伊三国同盟を締結した、日本としてはこの三国同盟に
ソ連を加え、アメリカに対する牽制を目論んでいたのだが
ドイツとソ連の関係悪化により

(この辺は、ソ連と戦うつもりだったのが独ソ不可侵条約で無しになったり
反対に、日ソ不可侵条約を結んだら、独ソ戦が始まったりと
日本はヨーロッパ情勢に振り回されるのですが、割愛します。)

それが頓挫し、ドイツと敵対していた
米英仏などと関係を更に悪化させる結果になります。

続く、次が最後

830: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 07:07:40

>>816
この結果、アメリカは日本に対する締め付けを強め
次々に経済制裁を行ってきます
日本は、満州を国家として認めなかった
国連(連盟の方ね)を脱退し、ますます孤立を深め、
ついには国家の運営もままならないところまで追いつめられます。
そんな中、日本の参戦により対独戦への参加を目論んでいた
ルーズベルト大統領は

(当時、ルーズベルト大統領はヨーロッパ戦に参戦しないことを公約に掲げており
日本の攻撃で自動的に同盟国である独伊との戦争への参戦を目論んでいた)

日本に対して、ハル・ノートと呼ばれる最後通牒を
日本に突きつけ開戦圧力を強めた
これまでにも、( 日本側の認識では )無理難題とも言うべき要求を
アメリカから突きつけられ、それを飲んできた日本であったが、
このハルノート内容は、日本が植民地の放棄・中国大陸に持つ権益を放棄
日本と独伊両国との同盟の破棄、等明治以降日本が気づいてきた経済基盤や
軍事基盤を、ほぼ全て失うに等しいと言うとても日本側の飲める内容ではなく。

日本は国家の存亡をかけて、戦争へと突き進む以外の道は残されて居らず
日本は、自国の自主独立と、欧米からのアジア解放を大義名分として
アメリカに宣戦を布告し真珠湾攻撃を敢行、また東南アジアの
連合国側の植民地を攻撃し、太平洋戦争が開始された。

こうして日本は昭和20年の敗戦までの足かけ4年の戦いに突入したのです。

かなり端折ってるので、詳しくは自分で調べてください

833: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 23:53:52

>>826-830
スレちながら、簡素かつ的確に判りやすくまとめてあるな・・・。
特に、アメリカが大陸の利権を狙ってた件は
戦後よくスルーされている点だし・・・。

836: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 07:07:40

>>833
恐縮です。
&スレチすみませんでした(^^;;

837: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 07:07:40

>>835
( ^-)_旦~

831: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 23:36:39

日米開戦は日本だけの責任じゃないと思う
いくら日本が対米戦回避を画策しても
やはり開戦の流れは避けれなかったと思う

834: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 07:07:40

スルーというか、それがアメリカの戦後対日政策の一環だからな。
あえてスルーしているというか。

838: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 07:07:40

自分の国について、知っていたほうがいい事を知らないのは
それなりに恥ずかしいことだと思うが、知識として身に着けようとする
姿勢はいいね。

836: 本当にあった怖い名無し 2008/10/06(月) 23:53:52

とりあえず乙 
教科書だけで育った奴はちゃんと学ばないといけないよ

引用元:太平洋戦争中の不思議な・怖い話3