b485

194: 名無し三等兵 01/11/14 20:58 ID:JNcMKYyS

第2次世界大戦直後の中国で、
漢口にあった「中国第六空軍司令部飛行隊」では
日本陸軍の航空勤務者が軍の階級そのまま横滑りして勤務することになり、
給料、給食はもとより、いっさいが人民解放軍と
まったく同じ扱いの傭兵となってしまった。

195: 雑民 01/11/14 21:11 ID:8VYjzaun

>194
日本人が? さすが中国、度量が大きいね。
198: 名無し三等兵 01/11/14 23:38 ID:fqGRS3yZ

台湾沖航空戦の大本営発表を間に受けた連中から
次々と日本政府に祝電が到着。
その中には永世中立国スイス政府のものもあった。

202: 名無し三等兵 01/11/15 00:14 ID:4jWwPS5v

砂丘の残像ってゆう映画、知らなさ過ぎる軍オタが多いのは本当だ
97式戦闘偵察車萌え~!でも戦車相手には非力すぎるぞ

208: 名無し三等兵 01/11/15 02:42 ID:CsAhnlGR

>>202

検索したら自主制作映画だった。
知らなくて当然と思われ。

206:    01/11/15 01:50 ID:GircWJng

旧ソ連軍が、対日戦を開始して、
満州に攻め込んだとき、日本の若い女性を素っ裸にして、
機関車の先頭に縛り付けて走らせたそうだ、、、
考えただけでも、吐き気がする。

207: 名無し三等兵 01/11/15 02:32 ID:VRgaIFaS

>>206

似たような話で、
英軍がノルマンティー後の戦いで、捕虜にした独軍の
連隊長だかを戦車にくくりつけて攻撃したそうだ。

246: 名無し三等兵 01/11/17 01:03 ID:qNjTdEPv

>>207

カナダ軍じゃなかったっけ?
あとで調べてみよう。

213: 名無し三等兵 01/11/15 09:43 ID:3VkZ7Bs7

>>206

何回も出た話だが、ちゃんとソースはあるのでしょうか?
(別に206を疑ってるわけではないが)
正規軍が開戦してすぐならそこまでモラル低下すると思えないので、、
いくらソ連とはいえ。

214: 名無し三等兵 01/11/15 12:37 ID:+tfxRP3u

>>213

206ではないが対日戦以前に散々ドイツとやってたから
モラルも低下しきってたんじゃないの?

217: 213 01/11/15 21:51 ID:qk/FrINL

>>214
ドイツとやってる部隊とは別と思うが。

いや、単純に女に飢えてるはずのソ連兵が
そんな勿体無いことするかなー と思って。

215: 206でないが。 01/11/15 21:42 ID:pDvOWmAw

>>213

司馬遼太郎の本に書いてある・・・。

210: £@歴史抹消主義 01/11/15 07:42 ID:aBPxer7d

1942年二月に上海の虹口地区にユダヤ人用隔離地区が作られ、
当時上海に居た、8000人のユダヤ人が収容された。

211: 名無し三等兵 01/11/15 09:14 ID:41Bv+RSk

>>210

「ユダヤ人用隔離地区」ってゲットーってこと?
ゲットーだったら必ずしも迫害施設を意味するものじゃないよ。
もともと欧州では古くから普通に存在していたものだし、
ユダヤ人のゲットーだけでなく他人種用のゲットーもあったしね。

ナチのオリジナルの施設でもなく、
確か最初はベネチアで抗争中だったオスマン人を
暴徒から保護するための施設として出来たもの。
情勢不安な上海において他の疎開地区からは
締め出されていたであろうユダヤ人を保護するために
ゲットーが出来たとしても不思議でも何でもないと思う。

推測ばっかでスマソ。
210氏、よくお見かけしてますし、
凄くお詳しい方だと感心していますが、
この件についてはもう少し情報を示して欲しいな。
せめて隔離されたユダヤ人達が
当時の平均的な上海地区とくらべて
悲惨な生活だったのかどうかぐらい。

212: 211 01/11/15 09:18 ID:41Bv+RSk

あ、復刻★泣ける話スレにも同趣旨のものを210氏はレスされていた
ので、内容的に211は誤爆に近いものかも。重ね重ねスマソ。

257: £@歴史抹消主義 01/11/17 07:03 ID:T+dV5IVH

>>212
さま
誤爆じゃなくて、向こうに書いた後 
「あ~コレも信じられないけど、本当な話だよね」 
と思いなおして、書いたのです。 スミマセン。

で、上海ユダヤ人用隔離地区が出きるまでの経緯をお話をしときます。

1941年12月の日米開戦まで、
日本政府内部には、ユダヤ勢力を利用して
対米関係の好転を謀ろうとしたり、
経済の行き詰まりをユダヤ資本の導入で打開しようとする勢力が
存在していたそうです。

しかし、日米開戦により、事態は急転し、
ユダヤ勢力を使った時局打開論はその論拠を失ってしまいます。 
42年3月のユダヤ人問題に関する会議において
「我方が利用中のもの又は将来利用せんとするものは好意的に扱う」が、
それ以外のユダヤ人は厳重な監視下におくという主旨の決議がなされました。

また相前後して、それまでの日本の生温いユダヤ人対策に
不満を持っていたドイツからの強い要請もあり、
43年2月、上海の虹口地区にユダヤ人、8000人を収容する
隔離地区が出来ました。

住民は『J』とスタンプされた、
黄色のストリップ入りの出入パスを持たされ、
隔離地区外で住むユダヤ人には、
ダビデの星入りのマークをつける事が強制されたそうです。
また、世界各地から送られていた救済基金が途切れた為、
上海のユダヤ人達の生活は苦しくなり、一日分の食事量が、
1300キロカロリーまで落ち込みましたが
、ユダヤ人達は結束して大戦を乗り切ったそうです。

◆ソース◆
『昭和史の謎を追う 上』(文春文庫)
秦 郁彦 著 本体価格(税別) 705円
ISBN 4-16-745304-5
出版社のPRページ
http://www.bunshun.co.jp/search/html/7/45/30/4167453045.html

第11章 河豚プランと日本 ーユダヤ論の系譜が元ネタになってます。
大き目の本屋なら大概置いてあるよ~なので、
一度手にしてみてはいかがでしょうか? 
対米最終通知の話しなんかも収録されてて面白かったですよ。

引用元:復刻★信じられないが、本当だ。 Part2