b544

439: 名無し三等兵 01/12/18 16:50

AFVネタ。
ナチスドイツのヘッツアー機動性に富んだ
軽快な駆逐戦車と定評があるが、
実際はヤクトティーガー並の最高速度しかなかったらしい。
→まあ車重が軽いから基本的にある種の機動性はあると思うが。
440: 名無し三等兵 01/12/18 17:11

>>439

>機動性に富んだ
この評価は初耳だ。不勉強スマソ。
でも駆逐戦車に機動性があっても、
あんまし意味が無かったと思うんだけど、
その辺どうなのかな?スレ違いだけど詳しい人説明キボン
442: 名無し三等兵 01/12/18 19:26

>>440

駆逐戦車が軽快、というのは信仰
だいたい、でかい砲と重装甲で軽快に走れっていうのが無理な話

448: 名無し三等兵 01/12/18 22:32

>>442

あれ?でも米軍に80キロ出る奴があったよね?

450: ベタ藤原 01/12/18 22:38

>>448
さま
M-18ヘルキャットですね。
駆逐戦車と云っても、ドイツのそれとはコンセプトが違いますから……

441: T.K 01/12/18 19:22

帆船時代の水兵の食事はそれはそれは凄まじい物だったそうで・・・。

主食はカンパンと塩漬けの肉とチーズでしたが、
カンパンは船底から染み出す湿気ですぐに穀象虫が涌いてしまい、
常にカンパンの中からは大量の穀象虫が蠢く
音がしていたそうです。 しかもあまりに大量の穀象虫が巣くっているので、
カンパンを揺すって虫を落とそうとしたら、
虫食いで脆くなったパンそのものが粉々に
崩れてしまう事も珍しくなかったとか・・・。

塩漬けの肉も、どんなに塩を効かせても必ず蛆が涌くのですが、
水兵は樽から肉を取り出す前に生魚を上に置いたそうです。 
何でこんな事をするのかと言うと、蛆が塩漬けの肉よりも
新鮮な生魚の方を好むからだそうで(当たり前だ)、
生魚の方に蛆虫が集まったら蛆のたかった魚を捨てて、
樽の中の塩漬け肉を取り出したそうです。

チーズはもっと凄く、当時の言葉で「船のチーズには足が生える」
と言う言われ方をしていたそうです。これはどういう意味かというと、
湿気のこもった船倉ではチーズなどはすぐに腐って蛆が涌くのですが、
あまりにたくさんの蛆がチーズに涌くので、まるでチーズ
が浮き上がって動いているように見えるから
この様に言われたのだとか(イヤ過ぎ)。

443: 名無し三等兵 01/12/18 20:01

>>441

飯を食った後で読んでよかった・・・

445: 名無し三等兵 01/12/18 21:36

>>441

で、水には青藻が発生していたんじゃなかったっけ。

444: 名無し三等兵 01/12/18 21:33

>チーズはもっと凄く、当時の言葉で「船のチーズには足が生える」
>と言う言われ方をしていたそうです。

ちなみに、ビスケットの場合は「はしけの船頭」。ある船乗りによると
「黒い頭の蛆虫は、ふとっていてひんやりしていた。にがくはなかった。」

475: 名無し三等兵 01/12/21 17:34

>>444

「黒い頭の蛆虫は、ふとっていてひんやりしていた。にがくはなかった。
こくぞうむしみたいな味だった。」じゃなかったっけ?

446: 444 01/12/18 21:40

>帆船時代の水兵の食事はそれはそれは凄まじい物だったそうで・・・。

ちなみに、18世紀のイギリス戦闘艦での、平均的な献立

一日、主食のビスケット(港ではパン)とビール8パイント(4.5L)に加えて、

日曜:乾燥えんどうのスープ+塩漬け豚肉
月曜:オートミール、バター、チーズ
火曜:塩漬け牛肉
水曜:オートミール、バター、チーズ、乾燥えんどう豆スープ
木曜:乾燥えんどう豆スープ、塩漬け豚肉
金曜:水曜と同じ
土曜:火曜と同じ

但し、塩漬け肉はそのままではなく、ちゃんと塩を抜いてから供された。
このとき、バターも腐っていることが多かったので、肉を煮る時に出る
油をコックから買ってビスケットにのせて食べることも多かったそうな。

ビールが大量にあるが、ビールは割と栄養価が高く、昔の下層市民にとっては
ビールを主食(!)としていたことは珍しいことではなかったこともあると
思われる。(下層市民とビールについてのソースは「路地裏の大英帝国」)

献立をみると確かにひどい食事なのだが、
それでも水兵になるような下層市民にとっては
自宅よりかなりマシな食事だったようだ。

献立のソースは「輪切り図鑑 大帆船」(岩波書店)。DQNなタイトルで、
名前にたがわず子供向け(?)絵本ですが、かなりしっかりした内容です。

447: 名無し三等兵 01/12/18 21:41

>ヘッツアー
少なくともデザインは速そうだ。

449: 名無し三等兵 01/12/18 22:36

>448
アメリカ駆逐戦車はドイツと違って、弱装甲高速がウリ。

451: 名無し三等兵 01/12/18 22:40

輪切り図鑑シリーズは作者がマニアだからどれもお薦め。
私がもっている「輪切り図鑑 クロスセクション」は
T34とUボートの輪切りが入ってる。
T34は、乗員まで輪切りで腸が見えるというジョークが入ってたりする。
この本、殆どの項にトイレが書いてある。

460: 444 01/12/18 23:49
>>451
あ、そういや大帆船の方にもトイレの話がいくつかあった。
水兵800人に対してトイレは6だそうで(;´д`)

465: 名無し三等兵 01/12/19 20:06

>>460

その6つのトイレ、
多分全て「士官用」で船の一番後ろの張り出し部にある穴。
タダの水夫には特にトイレは用意されていなかったらしいが、
船首部分の張り出し(ビークヘッドとか言うらしい)に
排水用に空いてる穴を利用するか、
もしくは舷側で適当に済ませたらしい。
船首だけに海が荒れると行方不明が頻繁に発生したとか・・・

452: 名無し三等兵 01/12/18 23:01

肉って塩ずけなの?
胡椒をかければ腐らないと聞いたが。

453: 名無し三等兵 01/12/18 23:08

胡椒かけても腐った匂いが気にならなくなるだけで、防腐効果はないよ。

457:   01/12/18 23:33

>>455


答えはすでに>>453にある。

454: 名無し三等兵 01/12/18 23:21

胡椒その他の香辛料って、
傷みかけた肉を誤魔化すためじゃなかった?
それに、胡椒は塩よりはるかに高価。

455: 名無し三等兵 01/12/18 23:27

>それに、胡椒は塩よりはるかに高価。
使っても意味ないんなら何で高価なんだよ!

455: 名無し三等兵 01/12/18 23:27

>>455
>>454の1行目に用途が書いてあるだろうが。
昔は、冷蔵庫なんてモノがなかったから、食品は傷みやすかったんだよ。
まあ、美味しく食べるというのもあるけど。
あと、薬効のようなものも期待されていたようだね。


456: 名無し三等兵 01/12/18 23:32

ヨーロッパには胡椒を作れる土地が無かった。

アジアやアフリカから輸入するしかない。

そもそも、胡椒を使わなくても臭いのを我慢すれば食べられた。

つまり、胡椒は高級な嗜好品

(゜д゜)))タカー!!

引用元:復刻★信じられないが、本当だ。 Part2