b565

51: 名無し三等兵 2001/06/30(土) 12:56

よく、ドイツ軍の末期の軍服から
ホツレてる繊維を引っ張ったらず~~~っと
金髪の髪の毛が出てきた...ってホント?!
そうゆう品物こそコレクションに加えたいな~

53: 名無し三等兵 2001/06/30(土) 20:59

ユダヤ人の髪の毛って洋服に使われたんだっけ?
とりあえず、ユダヤ人から採った石鹸はあったよね。
54: 名無し三等兵 2001/06/30(土) 21:04

ユダヤ人から採った石鹸って入手可能?

55: 名無し三等兵 2001/06/30(土) 21:09

今となっては博物館位しかないのでは。
モノが物だけに。
金歯とか回収されてたんですよね。火葬場で。
日本の火葬場でもそうなんですよね。実は。。。
骨拾う時、金歯の類は見たことないと思うのですが。
何かの拍子に考えが及びショックだったが。

56: ロシア兵 2001/06/30(土) 21:16

白い軍服の日本兵は撃っても倒れないので嫌だった。

57: 名無し三等兵 2001/06/30(土) 21:21

>>56
それ、ヲッカの飲み過ぎちゃう?(w

58: 名無し三等兵 2001/06/30(土) 21:41

死した連隊の更新が見られるのはどこだっけ?
旭川市の旭橋だったか?

89: 名無し三等兵 2001/07/04(水) 02:58

餓島で陸軍一木支隊が米軍に占領された飛行場へ突撃し、
粉砕したその日の早朝頃、一木支隊の駐屯地であった
旭川連隊の営門を隊列組んだ軍靴の響きが聞えたそうである。
59: 名無し三等兵 2001/06/30(土) 21:42

>>54
人の香り ユダヤの香り~♪
人間石鹸 良い石鹸 ♪

61: 名無し三等兵 2001/06/30(土) 22:02

>>59
黒いな…

62: 名無し三等兵 2001/06/30(土) 22:04

>>61
問い:黒人だけの空挺師団が降下したらどうなる?
答え:夜
っていうブラックジョークを思い出した・・・・

60: 名無し三等兵 2001/06/30(土) 21:58

渋谷のショップでRZM規格のミシン糸売ってるけど人毛なのかなぁ
64: 名無し三等兵 2001/06/30(土) 22:09

第1次世界大戦のときも
人の油で石鹸つくったんだよ ドイツは..

どこまで、ほんとかはしらんけど..

65: 名無し三等兵 2001/06/30(土) 22:14

>>64
たしか、フランスとかロシアでもそんな話あったけど、
実のところはヒマワリ油だって聞いたけど...

66: 名無し三等兵 2001/06/30(土) 22:16

ハンバーガーにミミズが使われているといった類と同じレベルか。

67: 名無し三等兵 2001/06/30(土) 22:28

>>66
そうそう、この前新聞に出てたけどWW2が終結した時に
ポーランド在住のドイツ人が数万人規模で虐殺されていたとか、
歴史は奥が深いのう。

68: 106 2001/06/30(土) 22:36

>>64
じゃあ日本では、人間の汗っていうか、
漢たちの汁から塩でも作りましょうか

69: 名無し三等兵 2001/06/30(土) 22:44

プロテインも・・・

71: 名無し三等兵 2001/07/02(月) 00:20

>>68
南方のどこだかで、補給が途絶えて塩が無くなったんで尿から塩を
取ろうとした事があったらしいです

70: ナナシニコフ 2001/07/02(月) 00:14

―”北”へ向かう列車―

数年前のある日の午後、私は友人宅からの帰途、
一人JR武蔵野線の座席に座り、本を読んでいた。
その日は丁度梅雨の合間の蒸し暑い日で,
題名のみにひかれて大学図書館で借りた本は難解かつ退屈で,
おまけに前夜友人宅で飲み明かした私は、たちまち睡魔に襲われた。

2~30分程経っただろうか、
私はこの先のある駅で乗り換え無ければ
ならない事に気づき、いやいや目を覚ました。
しかし、前夜友人宅で飲んだ怪しげな酒のせいか?今一視界の焦点が合わない。
そうこうする内に電車は減速し、薄暮のプラットホームに滑り込んだ。
かすんだ目で駅名表示板を見た私は、一瞬わが目を疑った。

  ― ”北朝鮮”―

”そんなバカな!?”そう訝しがる私の耳に、
駅名を告げる物憂げな駅員のアナウンスが聞こえてきた
―”きたあさか~きたあさか~、東武東上線はお乗換えです”―
吐き気をこらえつつホームに降りた私の朦朧とした目に、駅名表示板の
        
          ―”北朝霞”―
の文字が、刺す様にまぶしかった。

・・・すんません。逝ってきます。

72: 名無し三等兵 2001/07/02(月) 02:15

>>64
だ~か~ら~

それは敵を悪魔化するためのプロパガンダなの。
強制収容所はあったけど
どうやら 石鹸と ランプシェードはガセみたいだよ

73: じゃ、さ? 2001/07/02(月) 02:24

600万は嘘だった。ガス室は無かった、いうと
ちょっと国際人の仲間入りできるって本当かよ?

76: 名無し三等兵 2001/07/02(月) 22:43

>>73
"一次大戦”だよ。(二次に本気にやるヤツもヤツだが)

77: 名無し三等兵 2001/07/03(火) 19:16

>>76>>73
ガス室はあった、と言うことでも別にかまわんが

石鹸トランプシェードはガセだよ。 

82: ロボット当番兵 2001/07/03(火) 19:53

>72&76
死体から金歯抜いてインゴットにしてたのはまぎれもなく本当なんだから、
石鹸やランプシェードくらいで別に驚く人もいないんでないかなぁ。
本当だったんじゃないの?捏造だというソースは?
(ランプシェードやブックカバーは、
子供の頃イルゼ・コッホに見せてもらったという話を読んだな。)

死体を燃やしきれなくて困ってたくらいだから、
「石鹸にすれば焼く手間が省けてしかも役に立つ製品ができます!」
ってアイデアは、絶対採用されるんじゃないかと思う。

「今月の創意工夫賞」とかいってヘースに誉めてもらえて、
もちろん「黒軍団報」にも載るって寸法さ!!
ひょっとしたらRFSSから記念品がもらえるかも??

83: 名無し三等兵 2001/07/03(火) 20:00

ねーねーソビエトの石鹸工場もガセなの?

84: 名無し三等兵 2001/07/03(火) 20:01

>>82(&72&76)
その話題を続けるなら
どっか別な場所逝くかメールでやってくんないかなあ。

90: ロボット当番兵 2001/07/04(水) 19:39

>>84

「恐い話」なら何でもいいんだろ、、、
って誰か親切にも別スレ立てたみたいだけど。


79: 兵長 2001/07/03(火) 19:30

航空巡最上はミッドウェイで
三隈と衝突し、スリガオ海峡でも那智と衝突した
ツキのない艦だった。
総員退艦がかかった後、
漂う最上からうみゆかばが聞こえたという伝説あり。
(作り話かも知れないが・・・)



川又千秋の“武蔵”(武蔵がスリガオ海峡に突入する)の一節は
元ねたが自分が少年時代に読んだものと同じと思われます。

80: 45/85式改 2001/07/03(火) 19:31

1989年6月5日ミンスク空港にて

その日、一機の奇妙な航空機が突然出現し、ミンスク空港で着陸した
なんとそれはナチスドイツの戦闘機だった
そして中を調べてみると一人の白骨死体が発見されました
調査の結果、1942年に未帰還機として登録された
ジーカート大尉だという事が判明した

81: 45/85式改 2001/07/03(火) 19:43

第一次世界大戦時にドイツの使用した潜水艦U-65に纏わる話

建造中:作業員が鉄板で数人が圧死
進水式:将校が海に転落・溺死
テスト:故障で12時間浮上不可能に
    数人が甲板で魚雷が爆発・爆死
    その後犠牲者の一人「シュバルツェ」の渾名の少尉が自縛霊化
その後:艦長が爆死
    自縛霊を目撃した砲台監守「エルバート」がナイフで自殺
    1918年7月、沈没寸前のU-65の甲板に両手を組んだ男
    をアメリカ海軍潜水艦員が確認
    それからU-65は大爆発・自沈

85: 名無し三等兵 2001/07/03(火) 20:25

さくじょうを見かけませんでしたか?って話はゾッとした

90: ロボット当番兵 2001/07/04(水) 19:39

>>85
自衛隊板の方の「恐い話」にあるでよ。
鉄砲の付属品をなくしてしまった兵隊さんが、
未だに探して演習地を彷徨っているというお話。。。
あれはこわかった。

91: 名無し三等兵 2001/07/04(水) 19:57

アルバイトでドカチンをやってた頃、
新宿の仮面ノリダーの撮影をよくやってた団地のところには
昔の塹壕の跡がたくさんあって、そこにセメントを流しこむとゆう仕事をした。
因果関係は不明だが40度の熱が出て一月入院した。

引用元:■◇ 本当にあった怖い話 in 軍事板 ◇■