b566

495: 名無し三等兵 02/11/01 20:27 ID:???

戦争当時の日本の港の荷役能率は全港湾の能力を合計しても
サンフランシスコ港一港の能力に及ばなかった。

496: 名無し三等兵 02/11/01 20:37 ID:???

面白い。具体的な数値が欲しいとこだな。
497: 名無し三等兵 02/11/01 20:54 ID:???

具体的な数値は載ってなかったんだけど・・・

・港湾そのものは内務/大蔵省に、
倉庫業は商工省に、海運連絡及び仲仕は
逓信/厚生省、臨港鉄道は鉄道省とバラバラに管轄されていたこと
・港湾労務に対する政府の無策
・全体の8割は人力に依っていたという港湾施設の機械化の遅れ

が原因だったそうだ。
実際、当時の日本の船舶の1ヵ年間の
活動期間中約180日は出荷のために
入港している状態だったとか。

515: 名無し三等兵 02/11/03 20:57 ID:???

昭和30年代、神奈川あたりで弾薬運搬車が
国道上で事故って大爆発したことあるらしいんだけど
誰か詳細知っている?むかしの新聞読み漁っていたら、
民家が同心円状に薙ぎ倒されている写真が載ってたんですわ。
けっこう火薬の事故って多いみたいだね。

517: 眠い人 ◆gQikaJHtf2 02/11/03 22:13 ID:???

>>515
昭和30年代だったら呉の引込み線で
81mm迫撃砲弾を満載した貨車が脱線した話があったな。
漏れの親父が営業担当だったんで、相当焦ったらしい。

462: 名無し三等兵 02/10/28 01:50 ID:RgcUCEoK

三島由紀夫は徴用されてきた台湾少年工員とともに
神奈川県の海軍工廠で「雷電」を製造していた。

516: 名無し三等兵 02/11/03 21:01 ID:???

太平洋戦争中の話。
当時の日本は船腹が非常に少なかったのは有名だが、
あまりの少なさにとうとう国内輸送もできなくなり、
炭坑から遠い本州・四国では一部地域で石炭供給が
停止 されてしまった。

ちなみに1943年1月の話。

518: 名無し三等兵 02/11/04 10:18 ID:???

>>516

まあ石炭の話は史実なんだろうが
誤解を招く書き方なのは如何なものかと。
当時の日本は米英に次ぐ世界第3位の船腹保有量だぞ。

521: 名無し三等兵 02/11/04 16:07 ID:???

>>518

でも、そのほとんどが開戦後数年のうちに海の底…・゚・(ノД`)・゚・

522: 名無し三等兵 02/11/04 16:59 ID:buDYOKKS

>>521

そして徴用船員の戦死率は海軍の兵員より高かった…・゚・(ノД`)・゚・
524: 名無し三等兵 02/11/04 19:24 ID:???

>世界第三位の船腹保有量
それは知ってますし確かに無用の誤解を招く書き方をしてし
まいましたが、需要にさっぱり追い付かなかったってことは
相対的には世界3位でも、絶対的に見ると少なかったって
ことなんじゃないでしょうか。
日中戦争の時点で中国航路に船腹持ってかれて国内は
鉄道による振り替え輸送に必死になってたんですし。

527: 名無し三等兵 02/11/04 23:11 ID:???

>>524

機雷で航路封鎖。

528: 名無し三等兵 02/11/06 00:15 ID:???

それはもっと後の話では・・・?
資料には確かに「輸送力不足で供給停止」と書いてありました。

引用元:復刻★信じられないが、本当だ。 Part4