b774

180: 本当にあった怖い名無し 04/08/06 01:26 ID:KDxH7v/y

中国研究家の長野郎氏は
「現代支那全集/第四巻/支那兵・土匪・紅槍兵」では
以下のように書かれている。

「兵士は三々五々付近村を略奪するが、
時には村の土豪と組んで人民を絞り上げたり
夜間土匪に変じて人質狩りを行ったりする。店に入って人を追いだし、
大安売りを行って金を手にし、次の町へ行軍を続ける」、
「女の凌辱は常習的で、この点土匪より行儀が悪い。
戦争に負けて逃げるときは沿道の婦女を蹂躙し尽す。
土匪討伐のときもやっている。団体で女学校を包囲し、
学生全員を侵したこともあった」
(「現代支那全集」第四巻 支那兵・土匪・紅槍兵)

中国民衆にとって兵隊とは、
匪賊と同様、憎むべき存在だった。
彼らが捏造する日本軍人像も、
明らかに殺害と略奪を日常茶飯事とするこられ無秩序な
暴力集団がモデルであり、
本物の日本軍に対する名誉毀損と言わざるを得ない。

「日中戦争知られざる真実」黄文雄
181: 本当にあった怖い名無し 04/08/06 01:33 ID:KDxH7v/y

氏は土地の青年によってかつての激戦地に案内される。
ナガ族の青年は途々賞讃をこめて語りかけるのである。

インドにおける対日世論調査
日本兵が勇敢であったこと。
彼らは英印軍の圧倒的に優勢な武器をものともせず、
戦車に銃剣一つで立ち向かっていった。
死を少しも恐れていなかった。
そして、なかんずく軍律が厳しかったという事実を。

戦後しばしば聞かされていた日本陸軍の、
中国大陸やフィリピン、マレーでの
非人間的な戦争犯罪の話を思い出し、思わず「軍律が?」
と中根氏は尋ねた。青年は答える。

「日本の兵隊は
私たちの婦女子にけっして悪いことをしませんでした。
・・・英印軍のなかには私たちの婦女子にずいぶんひどいことをしたのも
少なくありませんでした。私たちは、敗けたとはいえ、
日本軍のあの勇敢さと軍律の厳しさを、
今でも尊敬しているのです」と。

「列伝 太平洋戦争」半藤一利
宮崎繁三郎中将--インパール作戦の鬼将軍

189: 本当にあった怖い名無し 04/08/06 12:42 ID:ggz1ks4Z

日本がどういう目的で
東南アジアを占領しようとしたのかをみてみましよう。
太平洋戦争突入の直前に決定された政府の方針では,
治安の回復、重要国防資源の獲得、作戦軍の自活確保を
目的として軍政をしくことがかかげられていました。

またこの目的のために現地住民に負担をおしつけながら、
独立運動を誘発するのを避けることもしるされています
(「南方占領地行政実施要領」)。

これらの地域を日本への原料供給地、
日本製品の市場とするため、工業を育成せず、
労働者の賃金をできるだけ低くおさえる方針も出されました
(「占領地軍政実施要領」)。

石油、スズ、ポーキサイトなど
重要資源の豊富なマラヤ(今のマレーシアとシンガポ-ル)と
インドネシアは、日本の領土に編入されることが、
天皇も出席した御前会議で決められました
(「大東亜政略指導大網」)。

他方で、フィリピンとビルマについては、
一九四三年になってようやく日本は「独立」を許しました。
しかし、軍事、外交、経済など全般にわたって
日本が把握することとなっており、真の独立からはほど遠いものでした
(インドシナは一応フランス領、タイは「独立国」でした)。

このようにみてきますと、
日本の東南アジア占領の主な目的は、重要資源の獲得であり、
東南アジア諸国の独立や経済発展などは
考えていなかったことがわかるでしょう。

197: 本当にあった怖い名無し 04/08/06 15:54 ID:Tk5Tv0eQ

>>189

しつこいねぇ
http://www.palau-namekawa.com/html/palau/history.html
パラオのように今でも本気で国を挙げて感謝し
辻元が虐殺話をでっち上げようとするも、
島の長老たちに一笑に付されたところもあるんだがな
東南アジア地域で、同じように目の色変えて演説ぶっても恥かくだけよ

さて、昭和19年 スリガオ海峡夜戦で、
戦艦山城は米艦隊の集中砲火を受けて撃沈された
丁度その頃、山城乗組だった岩本中尉の夫人のもとへ
若い水兵が訪ねてきた
何があったのか、玄関に上げると開口一番
「あなたのご主人は只今戦死なされました」と告げる
そのまま帰ろうとしたので驚いて外に出ると、
今出て行ったはずの水兵がどこにもいない

後で調べると、その水兵は
岩本中尉の従兵(同じく山城で戦死)にそっくりだったという

513: 本当にあった怖い名無し 04/08/14 18:28 ID:mLVMRtil

>>197

辻本って、きよみ?

190: 本当にあった怖い名無し 04/08/06 12:58 ID:Itrv2yT2

10年くらいまえ、
沖縄の海兵隊の基地(名前忘れた)に用事があって出かけた、
滞在期間が一週間ぐらいなので、
米軍も気を使ってくれて士官用のコンパートメント?みたいな
宿舎を用意してくれたんだけど、
毎日夜になると宿舎の横がザワザワして寝付けないので、
なんか訓練でもしているのかと、お付の軍曹に聞いたら、
ニヤニヤしながら気にしするなと言われた。

なんか、あるんだなーと思って、昼間の明るい時間に、
ザワザワしているあたりを調べにいったら、壕みたいのがあった。

192: 本当にあった怖い名無し 04/08/06 14:13 ID:HKm/zsw5

日本兵って日本人の味方だよな。
日本人を脅かすなんてこと無いよな。
六本木で女引っ掛けてるアメリカ人を脅かしてくれ。

引用元:戦争、軍事にまつわる怪奇ネタ 二戦目