b788

719: 名無し三等兵 02/12/12 09:31 ID:GCTB9FoB

途中までしか読んでないので外出かもしれないけど、
機種は忘れたけど、自分の発射した機関砲弾が自分の機体に
命中、撃墜された奴がいるらしい。

721: 名無し三等兵 02/12/12 09:54 ID:???

>>719
ちょっと違うけど、ノブさんのイラストで
サイドワインダー2発撃ったら2発目が1発目を
追っかけてるっていうのを思い出したよ。
733: 名無し三等兵 02/12/12 21:32 ID:???

>>719
そりゃグラマンF11Fタイガー艦戦だわな。
降下中に音速突破、20ミリ砲を発射したら
追いついて自分に命中、撃墜・・

726: 名無し三等兵 02/12/12 17:24 ID:???

ある日、山の上の塹壕から眺めていると、下の方でふいに戦闘が始まる。
ドイツ軍とアメリカ軍が小さな人形のように見え、双方が撃ち合いを始め、
兵士たちがパタパタと倒れるのが見える。私は全心身をあげ、
一命を投げ出してドイツの為戦っているのだが、
それでも、人が人形のように倒れていくのを見るのは面白いことであった。

                       ――あるドイツ兵の手記より

738: 名無し三等兵 02/12/13 00:09 ID:???

>>726
そりゃオーウェルだ。どこをどう間違えればドイツ兵に・・・

727: 名無し三等兵 02/12/12 18:26 ID:yqKFizvY

いっちゃ何だが、
「見てるだけ」なら戦争ほど楽しいものはないですね。
昔は戦争見物は娯楽の一つだった。
紳士淑女はシートや椅子に座り弁当を食べながら戦闘を観覧した。
稀に興奮した兵隊が見物人を殺傷して問題になることもあった。

19世紀のイタリア統一戦争中、
スイスの銀行員アンリ・デュナンは休暇を取って北イタリアへ行き、
ソルフェリーノでのフランスとオーストリアの戦いを見物した。
彼は、想像していた華々しさとは程遠い現実の戦闘に心を痛め、
帰国したあと国際赤十字を設立した。

728: 名無し三等兵 02/12/12 18:46 ID:???

>>727

信長が戦の見物をしてた農民を殺したとか言う話もありますな。

739: 名無し三等兵 02/12/13 00:38 ID:???

>>727

有名な話だが、南北戦争の最初の戦闘では、
首都ワシントンに近かったために
大量の北側の民間人(議員)が見に行ったそうな。
ところが結果は、北側の惨敗。
逃げる民間人と、逃げる兵士でより混乱したそうな。

734: 名無し三等兵 02/12/12 21:51 ID:???

ジョークだが、こういうのがある。

英国軍のパイロットがイタリア戦線で撃墜され、捕虜になった。
捕虜収容所での食事はなかなかのもので、食前酒のワインにはじまり
食後のデザート、コーヒーまでついた。

パイロットはイタリア語がわからなかったのでこれは
「処刑される罪人の最後の食事」
なのではないかとの疑惑にかられていると収容所の所長らしき人物が
やってきて、こう言った。

「申し訳ない。こちらのミスで、士官のあなたに
一般兵用の粗末な食事を出してしまったことを許してもらえるだろうか?」

737: 名無し三等兵 02/12/13 00:05 ID:???

英国人は、自国のメシのまずさに誇りを持っている。
信じられないが、本当だ。

740: 名無し三等兵 02/12/13 00:46 ID:???

アメリカの簡易軍隊食(Cレーション、MREなど)の不味さは
英国人さえ、絶句させるらしい
MREを都合上、食べていたことあるが、
1日に2食までなら5、6日は生きていける(実体験)
ただ3食ぜんぶだと、マジで死ねます

760: 名無し三等兵 02/12/13 09:51 ID:NiMErJYv

パイロット以外でイタリア軍の捕虜になった
イギリス軍人がいることが
信じられないのですが・・・
本当ですか??

761: 名無し三等兵 02/12/13 10:01 ID:???

北アフリカ辺りかと。

741:   02/12/13 01:15 ID:5pu+da2D

捕虜と食事といえば。

第一次大戦中、日本は日英同盟の関係から参戦し、
青島他中国にあったドイツ租借地を攻略、多数のドイツ兵を捕虜にした。

捕虜は日本へ移送されることとなり、
ドイツ兵捕虜は意気消沈していたのだが、
船のタラップから見た光景が…

そこには、「歓迎 ドイツ兵ご一行」の横断幕と共に、
日の丸・ドイツ(プロイセン?)国旗を振って出迎える日本人の群集。
そのまま、歓迎パレードとを抜けると、そこは捕虜収容所だったのだが、
とても収容所とはかけ離れたものだった。

ほぼ、ホテルと言っても施設で、部屋ももちろん清潔。
食事も3食きちんと出て、ドイツ人ということを考慮してビールまで出していた。
 
戦争が終わって、ドイツ兵を祖国へ帰還させることなったのだが、
あまりにも居心地がよかったため、何人かは帰還せず、
パン屋をひらいたりして日本に残ったそうな。

747: 名無し三等兵 02/12/13 03:04 ID:NzizIFo2

>>741

当時の日本は、
欧米諸国以上の文明国となろうと云う自負から、けっこう
そんな美談を残しているからね。
太平洋戦争の時は、追いつめられて暴走もしたが、
世界的に見ても規律の取れた軍隊であり国家だったと思うよ。

751: 名無し三等兵 02/12/13 07:09 ID:???

>>741

捕虜収容所があった徳島あたりにはドイツゆかりの名所が多いよね。

748: 名無し三等兵 02/12/13 03:14 ID:nAUyCuLV

>>747
うむぅ 激しく同意
でも なぜかこの手の話ある派の人々に話すと・・・以下略

749: 名無し三等兵 02/12/13 03:18 ID:???

まあ全体主義国家だったからな。

750: 名無し三等兵 02/12/13 03:19 ID:???

捕虜になったアメリカ人は始末に悪かったと
ヴォネガットの「スローターハウス5」にもあるが・・・。

752: 名無し三等兵 02/12/13 07:15 ID:???

チャールズリンドバーグの日記とやらには
「米軍は捕虜にした日本兵を殺してしまうた
め玉砕するしかないのだ」とか書いてあるそうだが。