b892

202: 名無し三等兵 03/09/19 11:22 ID:???

漏れの知ってる硫黄島の話は
夜寝る前に水の入ったヤカンを置いておかないと
亡霊が水を求めて官舎に入ってくる。と言う話なんだが、、、
どこか別の話?
203: 名無し三等兵 03/09/19 13:38 ID:???

>>202
朝起きると、ヤカンが空に…

204: 名無し三等兵 03/09/20 01:20 ID:???

ヤカンが空に浮いている。

205: 名無し三等兵 03/09/20 01:26 ID:???

朝なのに夜間飛行とはこれいかに。

207: 名無し三等兵 03/09/20 01:28 ID:???

>>205

空を飛んでも、
飛行船というが如し。

208: うまい! 03/09/20 01:48 ID:???

>>207

( ´ー`)ノ■ 座布団一枚!

206: 名無し三等兵 03/09/20 01:27 ID:???

オカンが空の向こうで笑ってる。

209: 香具師 03/09/23 22:56 ID:zI5z3ojC

>詳しい話は忘れたが、WW1の独海軍で不吉な事件ばかり起こる
 Uボートが存在していたとなにかの本で読んだことがある。
 なぜかWW2よりWW1のほうが奇談等が多い気がするが?

210: 大渦よりの来訪者 03/09/23 23:04 ID:???

>>209

その当時は、まだ科学の力が今ほど強くなかったからですよ。
第一次大戦の頃と第二次大戦の頃では、
自動車の普及率一つをとっても段違い。

そういう世界で暮らしてきた人たちは想像力も豊かになるのです。
昔は子供が居なくなると、街の中を茶碗やら金物やらを叩いて回ったけど、
今じゃ、子供が行方不明になってもそんなことしないでしょ?

224: 名無し三等兵 03/10/06 01:21 ID:???

>>209

魚雷の爆発事故で死んだシュヴァルツ(黒)
という徒名の水兵の亡霊に祟られたフネというやつだな。
艦名は忘れたよ。
社会思想社あたりから文庫が出ていたと思う。


198: 名無し三等兵 03/09/13 22:52 ID:???

怪談というほどでもないんですが………

鯖が移転する前、祖父の戦争体験スレ(初代)にちょっと愚痴っぽく
書き込んだ者です。

先日のお盆、実家に帰ったら、
ずっとアル中だった父の容態が驚くほど
正常に戻っていました。母に聞いたら、春からずっと
酒絶ちに成功しているんだそうです。
何があったのかと聞いてみたところ、

春のお彼岸にお墓参りに行き、
父(私の祖父)の墓前に線香を供えたら
落としたわけでもないのに線香がぽきぽきと折れてしまったとか。
何度やり直しても、線香は折れてしまい、
火も消えてしまうという有様だったそうです。

それを横目で見ていた祖母が一言、
「ほれ見ぃ、おじいちゃんもお前を怒っとるんやで」
父は何も言わず、うなだれたままだったそうです。

ソ連の捕虜になり、酒も満足に飲めないまま、
遙かな北の異境で生涯を終えた祖父が
父を叱責してくれてたのでしょうか。
それ以来、父はなんとか自分の意志で酒を断っているそうです。
ありがとうおじいちゃん。

199: 名無し三等兵 03/09/14 08:10 ID:???

ええ話や・・・。

引用元:軍事な怪談