b980

366: 名無し三等兵 04/01/11 15:32 ID:???

ttp://ryoshida.web.infoseek.co.jp/kaiki/77naporeon.htm
これも軍板のどっかでつっこまれてた。つーかだっけか?

367: 名無し三等兵 04/01/11 17:26 ID:???

>>366
・ナポレオンの部下に、なぜイギリス人大尉の先祖が?
・弾薬の規格があうのか?
・じいさんは、どうやって指揮官の名を知ったのだ?
・いくら砂漠は物が腐りにくいとはいえ、100年も変質しないものなのか?

369: 名無し三等兵 04/01/11 18:21 ID:???

>>367

これは怪談ではなく「メルヘン」なのだから・・・・
無粋なツッコミはイヤン!
368: 名無し三等兵 04/01/11 17:39 ID:???

軍板どころかオカ板ですら突っ込まれてたぞ>366

371: 名無し三等兵 04/01/11 22:50 ID:gs9w5A76
 

全然「怪談モノ」の本ではない、
「戦史」の中で触れられていた「怪談」なのだが、

インパール戦で日本軍は敗退したわけだが、
もちろん後退戦を行っていたし、時には頑強な抵抗で
英軍の追撃を食い止める事もあったわけだ。その中の一説で・・・。

ある日にらみ合っていた敵陣地から、
英軍の一部隊が投降を申し入れてきた。
驚きながら事情を聞くと、夜な夜な英軍の洞窟陣地を日本兵達が覗き込む、
それがどうも生きている人間では無い様なのだ。
それを大勢の英兵が目撃し始め、また、夜中に突貫の叫びを上げながら
日本軍が突撃してくる、慌てて全力射撃を行うと、
その姿が闇にすうっと消えて行く・・・。 そんなこんなで
もうまともな精神状態ではいられなくなり、降伏を申し入れてきたとの事。
それを聞いた著者達は「ああ、戦死した戦友たちだ。」と全く驚かなかった。

373: 名無し三等兵 04/01/12 00:17 ID:???

>>371

怪談ではなく「泣ける話し」だな

374: 名無し三等兵 04/01/12 00:35 ID:???

怪談なのに泣き話になってしまうのって軍事絡み位だろうか?

375: 名無し三等兵 04/01/12 00:39 ID:???

残された幼子を養うために毎晩飴屋に通った幽霊とか、
泣ける怪談話も無いわけではあるまいが・・・。

かの兵士たちは、終戦を悟ってもう成仏したのだろうか。

376: 名無し三等兵 04/01/12 00:45 ID:???

軍事な怪談を聞くと、涙もろくなるのは何故だろう。

「本当にあった怖い話」なんて称される怪談話を見ても、
 激戦区やホロコースト現場の画像ほどは恐怖を感じなのは何故だろう。

377: 名無し三等兵 04/01/12 00:52 ID:???

軍オタだから

378: 名無し三等兵 04/01/12 00:57 ID:???

陳腐だが、生きてる人間がいちばん怖いということで。

379: 名無し三等兵 04/01/12 00:59 ID:???

>>378

松村がそんなこと言ってたな・・・
真理なのだろう・・・

380: 名無し三等兵 04/01/12 01:02 ID:???

営業エリアwや恐怖の中身がごく限定されてる幽霊・妖怪と、
軍事(戦争)では、死や恐怖の広がりや量のケタが違いすぎる。

生身の人間が組織だって、陸海空を問わず昼夜を問わず、
大規模に死や破壊を振るい合う、という以上の恐怖はないよ。
しかも兵隊一人一人を掴まえて見れば、元はそこらの人の良い
小父ちゃんや兄ちゃんだという・・。

381: 名無し三等兵 04/01/12 01:24 ID:???

とりあえず幽霊は爆弾降らしたり核ミサイル撃ちこんだりはしない品