b877

84: 名無し三等兵 2005/10/17(月) 04:41:36 ID:???

中世のキリスト教圏では処女を殺害することはタブーであったため
処女に死刑判決が下った際は、きちんと純潔を奪ってから処刑したそうな。
85: 名無し三等兵 2005/10/17(月) 11:00:02 ID:???

ポーランドの旧ドイツ領だったところに最近オープンした某古城ホテル、
昼夜を問わず誰もいないのに軍靴で誰かが歩いてる足音がしたり、
夜中に号令や銃声や泣き声が聞こえるんだって。
そこは第二次大戦の末期、ドイツ軍と逃げ遅れたドイツ系の民間人が
一時期立て籠もってて、近くにソ連軍が遺体を埋めた場所があるんだって。
でもヨーロッパの人は幽霊とかあんまり気にしないから、
普通に宿泊してるんだって。

87: 名無し三等兵 2005/10/18(火) 10:09:47 ID:???

>>85
その話が本当か嘘かは知らんが
一昔前までキリスト教圏では 
人間の幽霊・怨念 なぞと云う物は恐怖の対象では無かった

必ず悪魔(悪魔的な物)が絡んで初めて恐怖の対象となる

ホラーの基本設定のギャップはココにあったんだがねー

96: 名無し三等兵 2005/10/23(日) 22:25:32 ID:YGz/ZrDK

既出だと思うけど

旧日本海軍の伊号潜水艦(番号忘れた)が
アッツ島の近くを水上航行してるときに
アッツ島からオレンジ色の火の玉が上がり、
こちらにものすごい勢いで向かってきた。
驚いた艦長は急速潜航を指示。
艦内ではあれは英霊だ、いやオーロラの一種だ、
などいろいろ話されたが結局なんだったのか不明・・・。

(艦長達の太平洋戦争より)
ここの部分、何度読んでも背筋が凍りそうになる。

105: 名無し三等兵 2005/10/24(月) 20:44:33 ID:???

ウォースパイトやシャルンホルストはかなりガチ。

106: 名無し三等兵 2005/10/25(火) 00:25:35 ID:EMfZJPwl

昔TVでミステリー系の特集番組で大戦後ヒトラーが生き延びて、
スイスかどっかの田舎町でクリーニング屋を経営してっるて言ってた。 
まさに怪談だな。

112: 名無し三等兵 2005/10/25(火) 12:51:21 ID:???

>>106

義経が平泉から落ち延びて大陸に渡ってチンギス・ハンになった
と言う怪談に比べればまだ可愛いもん。

122: 名無し三等兵 2005/12/12(月) 23:11:24 ID:???

>>106

伍長閣下が「いや~このタイプのシミはなかなか取れませんね」
とか言ってると思うとワロチ

107: 名無し三等兵 2005/10/25(火) 02:09:36 ID:n8BVd/kY

UAEの空軍って「空飛ぶじゅうたん」が標準装備なんでしょ?
石油出る国なのに燃料いらないんだって。 正に怪談。

109: 名無し三等兵 2005/10/25(火) 04:12:49 ID:cOFDkaXl

不思議現象と怪談は違いますよ。

110: 名無し三等兵 2005/10/25(火) 06:24:08 ID:???

トンでも本には必ずフィラディルフィラ実験が出るな

111: 名無し三等兵 2005/10/25(火) 12:42:52 ID:2EGTMjYX

以前も話たけど。呉の海自学校にある桜並木から時々、
ザッザッと部隊が行軍するような音が聞こえることがあるそうだ
その音を聞いて、「嗚呼、英霊がやっと帰国なされた」と
自衛官の皆さんは手を合わせるそうだ。
文芸春秋文庫の「現代の怪談」にこのような話が掲載されているよ

引用元:軍事な怪談 その2