b819

76: 本当にあった怖い名無し 2006/07/02(日) 23:02:32 ID:wmH8WCeb0

エースパイロットは昼でも星が見えたっていう
恐ろしい視力の持ち主が多かったらしい
目を酷使し過ぎて失明した人が何人もいたとか
77: 本当にあった怖い名無し 2006/07/02(日) 23:19:12 ID:YOqTFR/00

昔なんかの心霊番組で見たんだけど
兵隊さんが10人くらい座って慰霊している人
を見つめているんだけど向こうが透けて見える体で
風にふかれたカーテンみたいに
ふわっと消えたり現われたりしてたの知ってる人いますか?

116: 本当にあった怖い名無し 2006/07/12(水) 18:10:58 ID:FJhP1GgL0

>>77は沖縄で供養してたら、
上官と下士官が出てきた顔が鮮明で再放送中止。
硫黄島は海自では、禁忌な事象。演習で上陸し石を記念に持ち帰った所
亡霊が艦内を彷徨い、叫び声や電気系統に異常きしたらしい。
海自の航海日誌に載るくらいの事実ですからね。

119: 本当にあった怖い名無し 2006/07/13(木) 00:36:28 ID:rhfbJ3z+0

>>116

あれは本当に鮮明な映像でしたね
再放送禁止なんですか・・・
詳細㌧です

78: 本当にあった怖い名無し 2006/07/03(月) 00:48:54 ID:5G5IpcAA0

先の大戦中の戦車兵の話。
真夜中いつものように数十台で隊列を組んで行進していると、
付近の森から、蒼白い鬼火が続々と現れた。
狼狽していると、クラッペ(覗き穴)から
外を見ていた兵士の頭が吹き飛んだ。

夜が明けて、別の部隊がそこを通った。
そこには、切り裂かれたような戦車の残骸と、
車内にいたにも関わらず、射殺された兵士の死体がいくつも転がっていた。
その中に混じり、奇妙なランタンを持った、
敵の兵隊の死骸がおびただしい量転がっていた。

109: 本当にあった怖い名無し 2006/07/10(月) 01:23:42 ID:F1pvmzzwO

>>78

パンプキン・シザーズかwww

195: 本当にあった怖い名無し 2006/07/20(木) 08:33:08 ID:tla6gDIE0

>>78
はマガジンだかでやってるパンプキンシザーズの話だろう。
ゲシュペンシュト・イェーガーとかいう特殊部隊にいた兵士のお話。
青白いランタンと共に現れ、重装甲の戦車を
密着した0距離から撃つ事によって破壊するって兵士。
怖い話まとめサイトにまでUPされてるんだが
幾らなんでもあからさまなネタっていうか悪意のあるネタを
採用するなんてアンテナ低すぎだろう。

80: 本当にあった怖い名無し 2006/07/03(月) 02:02:51 ID:DiBnBa/H0

北アフリカ戦線にて。

イギリス軍の輸送トラックが砂嵐で進路を見失った。
視界が利かないため、ドライバーは停車して砂嵐をやり過ごすことにしたが、
なかなか止まず、それが去ったのは日が暮れたあとだった。
ドライバーは車中で一泊することにした。

乗せてくれ、と兵士がひとり、不意に闇の中から現れた。
話し相手がいないこともあり、ドライバーは快く乗せた。
妙な訛りの英語を話すやつだと思ったが、
連邦国のどれかの兵士だろうと気にしなかった。

しばらく会話を楽しんだあと、
もう行かなくては、と兵士はトラックから降りた。
こんなに遅く何処へ行くのだろうと思い、
ウィンドウ越しに姿を探したが、もう見当たらなかった。

夜が明けて、目が覚めると、砂嵐で気付かなかったが、
近くにドイツ軍の戦車が擱座していた。
それを味方の兵士たちが調査していた。
近づいてみると、壊れた戦車から、
戦車兵の死体を引っ張り出しているところだった。
その顔は、昨夜トラックに乗せた兵士と同じものだった。

なかなか良く出来ていると思った怪談。
出典はワカラン。

引用元:~戦場・戦争にまつわるオカルト~