b333

734: 名無し三等兵 03/10/12 10:33 ID:???

ソ連時代末期、赤の広場に強行着陸したセスナ機のパイロット、
マチアス・ルストは、西側最強の兵器であったという説がある。

たちどころに、国防相以下、防空軍の相当数の将官のクビを落としたから。

735: 名無し三等兵 03/10/12 11:26 ID:???

>>734
彼がソ連でお勤めを終え、
西ドイツに帰国した事は結構知られている
しかし、帰国直後に婦女暴行をやらかして
ム所行きになった事はあまり伝わっていない
736: 名無し三等兵 03/10/12 11:47 ID:???

久々に「信じられないが本当」向けのネタが出たのでage

737: 名無し三等兵 03/10/12 12:20 ID:???

Rust,Mathias
1987(昭和62)年5月28日 ランス・セスナ172P機でヘルシンキを離陸

 モスクワ「赤の広場」に強行着陸
 当時、19歳
 9月4日 自由剥奪4年の実刑判決を受ける

1988(昭和63)年8月3日 釈放 国外退去処分
1992(平成4)年 看護師(女性)を刺殺

739: 名無し三等兵 03/10/12 14:24 ID:???

>>737

確認してきた。
殺してはいない、殺人未遂で2年6月の懲役、出所後は
世界放浪の旅に出てインドで知り合った
裕福な紅茶商の娘と結婚したようだ。
ちなみにヒンズー教に改宗したそうな。

816: 名無し三等兵 03/10/14 19:32 ID:???

ところで、>>737

>自由剥奪4年の実刑判決を受ける

これは笑いどころなのか?

746: 名無し三等兵 03/10/12 18:06 ID:???

湾岸戦争終結後しばらくして、ヨーロッパの中古時計市場に、
ブライトリングのクロノグラフが大量に出回ったことがある。

搭乗機もなく、経済封鎖で食うに困ったイラク空軍のパイロットが、
官給品であり、唯一の「金目の持ち物」を我も我もと手放した結果。

747: 名無し三等兵 03/10/12 18:42 ID:???

第2次大戦時のアメリカ陸軍には、
コカコーラ社からの軍属、
アダ名を”コーク大佐”が派遣されており、
服装は一般兵のものと同じだったが、
コカコーラのパッチを部隊マークの代わりにつけていたのが識別点。

野戦ディスペンサーなどを使って、
前線にコカコーラを供給するのが任務だったが、
最も大きな仕事は、日本軍から奪回したフィリピンで、
コカコーラの現地工場の生産設備を修理、もう一度稼動させたことだった。

このとき、生産ラインから出てきた1本目のコカコーラのボトルに、
マッカーサーが記念のサインをしたものが、
今もコカコーラ本社に保存されている。

後方支援の任務ではあったが、それでも”コーク大佐”には、
2名の戦死者が出ている。

748: 名無し三等兵 03/10/12 19:41 ID:???
>>747
エエ話やねえ。
でも「コーク」って呼称は戦後にペプシコ社と裁判になってヤムなく登録商標にしたのではなかったか?

あまり関係ないがイスラム教徒用メッカ・コーラ通称メックには公式ウェブサイトが存在する。
http://www.mecca-cola.com/

751: 名無し三等兵 03/10/12 20:27 ID:???
>>747
コカコーラの空きビンは、米陸軍の通信隊に重宝されたらしい。
逆さにして地面に突っ込むと、ビンのくびれが、
通信ケーブルを巻きつけるのに手頃だったから。

752: 名無し三等兵 03/10/12 21:02 ID:???
>>747
コーク大佐が後方支援を行ったのは太平洋戦線?

753: 名無し三等兵 03/10/12 21:22 ID:???
>>752
747です。
出典は、出版は古い本ですが「コカコーラ大研究」という本から、
読んだ記憶をたどって書きました。

さらに記憶をたどるなら、ヨーロッパ戦線では、
ノルマンディ上陸作戦の折に、高い優先順位でコカコーラが陸揚げされた話も紹介されており、
ご質問にお答えするならば、
「アメリカ軍が展開した戦線全域」と、解釈できると思います。