b826

271: 本当にあった怖い名無し 2006/07/24(月) 02:41:00 ID:pebW3s830

有名な話。日本軍が破竹の勢いでシンガポールを目指す、
直前に海軍と上陸作戦中に英・蘭軍の攻撃に遭遇。
駆逐艦が大破し水没しはじめた時に、主砲が一発だけ
轟いた。砲の部分は完全に水没してるのだが、陸軍にいた祖父は
万歳三唱がいつまでも聞こえ大和魂をみたと証言。
276: 本当にあった怖い名無し 2006/07/24(月) 07:14:56 ID:ijOAoxeT0

>>271
撃沈された駆逐艦の艦名と沈没地点をplz
あと陸軍のお爺さんにどこで、どっから聞いた/聞こえたを確認してくれ

正直話が見えない

277: 本当にあった怖い名無し 2006/07/24(月) 08:09:42 ID:0baoW9jT0

>>271
「有名な話」のわりに、
マレー作戦で駆逐艦が沈んだって話は初耳だが・・・

281: 本当にあった怖い名無し 2006/07/24(月) 10:54:56 ID:EITOW4Je0

>>271

小林の「戦争論」に出てた話だね

271の代わりに説明すると
陸軍の兵士(陸か他の船から)が
沈みかけてる船(補助艦艇だったかも)を
見ていると船首を高く上げ姿を消す瞬間に
砲身のみ見えていた主砲から砲弾が発射された。
それを見ていた陸軍兵士等が壮絶な海軍魂に
驚愕し思わず万歳をしたという話

278: 本当にあった怖い名無し 2006/07/24(月) 09:58:12 ID:9q7flxbA0

b381












レイテ海戦で小沢長官が駆逐艦に乗り移ったとき、瑞鶴が沈む間際に
飛行甲板に戦死した山本五十六大将が帽子を振っていたそうだ。

283: 本当にあった怖い名無し 2006/07/24(月) 11:23:49 ID:5T35Xm8SO

船が沈むのも恐れず、最後まで操縦室?に残って
砲弾を打ち続けた兵士がいたということか

泣けるな…

284: 本当にあった怖い名無し 2006/07/24(月) 20:54:21 ID:GCiXu8WA0

ぺリリュ-島→パラオまで、泳いで伝令に行った話しも、
感嘆するなぁ。

279: 本当にあった怖い名無し 2006/07/24(月) 10:34:11 ID:lEEOYW680

戦前・戦中までの話は何故こうまで心を打つものが多いのか・・。
「まことの日本人の美しさ」
に渇望している時代だからかね?

五十六燃え~。(あえて「萌え」でなくこの文字をあてたい)