b997

264: 本当にあった怖い名無し 04/08/08 16:22 ID:8fKRP1Jl

一般人立ち入り禁止なところで兵士が幽霊とか見たら
やっぱ上官に報告するのかな
「幽霊を見ました」って。

265: 本当にあった怖い名無し 04/08/08 18:19 ID:ZKOalW7V

>>264

報告途中に、上官に“皆まで言うな”式に
「そうか。ご苦労」とかいって打ち切らされたりなんかする(w
268: 本当にあった怖い名無し 04/08/08 18:59 ID:8yRGBNb3

>>264

こういう話がある

昭和19年11月14日の夜のこと
水戸歩兵第2連隊で突如営門が真一文字に開き、
同時に進軍ラッパが遠くから響いてきた
衛兵が警戒して見ていると、一個連隊ほどの部隊が行進してくる
その先頭で連隊長の中川大佐が馬に乗り抜刀し、
それに兵士が無言でついて来る
衛兵司令は直感的に「捧げ銃」を命令
衛兵が不動の姿勢で出迎えると、
営庭の途中で部隊の姿が掻き消すように見えなくなった

その日は村井少将と中川大佐が自決 
生き残りが最後の突撃を敢行 玉砕した日だった
この時点で玉砕は誰も知らされていなかった 

アッツ島で玉砕した
山崎大佐の留守部隊の旭川師団でも似たような事があり
(行進ラッパの音が近づいてくるが、
部隊営門近くになるとかき消すように聞こえなくなる)

最初は上官も「ウソつくな!」と衛兵司令を叱ってたらしいが
念のため将校を歩哨につけたところ、やっぱり聞こえたため、
上官も信じるようになった

302: 本当にあった怖い名無し 04/08/09 23:23 ID:cyc0Gz8x

>>264

古すぎ.

306: 本当にあった怖い名無し 04/08/10 13:05 ID:pAYSoo6b

>>302

そら、六十年以上前の話だからねー。戦争なんて。

古すぎといえば、昔何かの本で幽霊の寿命は四百年前後という
のを見たことあるけど、それにならうなら戦国時代の人たちとかは
そろそろ引退の時期なんでしょうか。

307: 本当にあった怖い名無し 04/08/10 13:07 ID:LLAqlQEb

>>306

おれもそれどっかで聞いたことあるけど・・・<400年前後

だったら将門の霊とかどうなるん?

308: 本当にあった怖い名無し 04/08/10 13:37 ID:J6XoOtgg

>>307

重役になると、定年が無くなるんですよ。

310: 本当にあった怖い名無し 04/08/10 15:10 ID:J8kMFIND

>>307

平将門は940年に討ち死にしたが、
1309年に神田明神に祀られ、神様になったそうだ。
ということは滑り込みセーフ?

神田明神、神田神社について
ttp://www.kandamyoujin.or.jp/about.html

309: 本当にあった怖い名無し 04/08/10 14:56 ID:YJ+YdJRw

>>306

イギリスにでるローマ兵なんかどうなるんだよ?

320: 本当にあった怖い名無し 04/08/10 17:32 ID:hidyDgQ2

>>309

イギリスの霊の中の人やローマの霊の中の人のことまでは知らん。

引用元:戦争、軍事にまつわる怪奇ネタ 二戦目