b14

388: 本当にあった怖い名無し 04/08/12 15:42 ID:aaM0CpfB
 
では、再度書き込みを。この話は、有名と言えば有名な話です。 
  
~U65、謎の爆発~ 
第一次世界大戦での話。 
大西洋を作戦にて航行していたアメリカ海軍の潜水艦が、波
間に漂うドイツ海軍のUボートを発見しました。時に1918年7月10日。
「良い得物を見つけた!・・・しかし妙だな。無人なのか、あの船は?」
 
アメリカ潜水艦側の艦長は不審に思いつつも、
魚雷装填を部下に命じます。そして正に魚雷を
ドイツ潜水艦に発射しようとした時、当の目標が大爆発を起こして、
あっという間に沈んでしまいました。


388: 本当にあった怖い名無し 04/08/12 15:42 ID:aaM0CpfB
 
呆気に取られてその有様を見ていた米潜水艦の艦長。
「どうしたことだ、誰かが俺の得物を横取りしたのか?!
・・・それにしても爆発の直前、独潜水艦の舳先に
誰かが立っていたような・・・?」
 
この爆発沈没した潜水艦こそ、
第一次世界大戦で「呪われたUボート」として知られる、
「U-65」最後の姿でした。 

実はこのU65、建造当時より
「曰くつきの艦」として噂になっていました。
まず、建造中に5人もの死者を出しています。最初の死者は
潜水艦の部品(鉄骨か何か)の下敷きになり、死亡。続いて
機関の点検をした際には有毒ガスが発生、その上機関室の扉が
何故か開かず、中に居た人間は逃げられずに全員死んでしまいます。

389: 軍板初心者inオカ板 04/08/12 15:42 ID:aaM0CpfB
 
それでも一応完成したU65は、初の潜航試験に臨みます。
ところが浮上できずに沈み続け、海底に着底して動かなくなりました。 
乗組員が必死に復旧作業をしましたがビクともしません。
そして誰もが諦めかけた12時間後。今度は突然浮上を始め、
乗員は辛くも一命を取り留めます。 
平和な時代であれば流石に使われる事も無かったのですが、
当時のドイツは戦争の真っ最中。出撃することになりました。 

出撃後最初の事故はベルギーで起きました。 
ベルギーの港へ寄港した際一発の魚雷が爆発、
中尉1人と下士官5人が死亡します。 

そして整備の為にU65がドッグに入れられた夜の事です。
艦の舳先に誰かが、じっと立っているのを2名の乗員が目撃しました。
一体誰だ、あんな所に突っ立ってるのは?そう思って注意しようとした時、
見覚えのある顔であることに気付きます。「そうだ、あいつはこの前の
魚雷爆発事故で死んだ中尉じゃないか・・・!」 

2人は艦長に対して見たままを報告しました。
しかし彼は幽霊など居る筈は無い、馬鹿馬鹿しいと言い放ち、
取り合いません(その後、幽霊を目撃したうちの1人は、艦から逃亡した)。 
そうこうするうちに艦の整備も終了し、再度出撃することになりました。

390: 軍板初心者inオカ板 04/08/12 15:44 ID:aaM0CpfB
 
航海中、U65は何隻かのイギリス船を撃沈して
立派に任務を遂行、帰港します。第二の事件はこの時起こりました。 
帰港した港がある日、イギリス軍の爆撃を受けて艦長が死亡。
U65には後任の艦長がやって来ます。彼は自分の新しい部下の大多数が、
精神的に追い詰められてるのを見て「これは只事では無い」と直感します。 

新任の艦長は部下達に「幽霊などは絶対に居ない」と訓示し、
一応念の為とでも思ったのか、従軍司祭にU65のお払いをさせました。
しかし、その後の経過を見るとお払いの効果は無かったようです。
まず、数日して砲手が発狂して自殺。同日に士官が足の骨を骨折。
更に翌朝、下士官の1人が突然海に飛び込み、そのまま行方不明に。 

立て続けに起きる事故に、新艦長も何かを感じたのでしょう。
本来なら敵を追いまわす立場である筈のU65は
極力敵との交戦を避けるようになりました。また恐慌状態にある乗組員を
少しずつ楽な部署へと移動させる努力もしました。
そうすることで、少しでも負の力を逸らそうとしたのでしょうか。
ですが、事態は悪化の一途を辿りました。 

そして運命の1918年7月10日を迎えるのです。 

恐怖に耐えられなかった乗組員が艦を自爆させたのでしょうか?
それとも味方潜水艦に誤射されたのでしょうか?
今となっては真相は闇の中です。

427: 本当にあった怖い名無し 04/08/12 23:50 ID:BaDgSe+b

>>390

シャルンホルストだけでなく
”グラフシュペー”なんかも結構オカルトな戦艦でしたな確か。
何せグラフシュペーも同じく建造中に死亡事故が頻発
(浸水式前日には船体が横倒しに)した
上に最後はフランスかどっかの港に停泊中、
突如として原因不明の大爆発を起こして、
そのまま湾の底に沈んでしまったとか・・・。

429: 本当にあった怖い名無し 04/08/13 00:36 ID:rWBNVtBV

>>427

あれ?シュペーっていうポケット戦艦はウルグアイかパラグアイの港で
連合軍に追われて自沈したんじゃ?
うろ覚えスマソ

430: 本当にあった怖い名無し 04/08/13 00:38 ID:Ckzoi8cO

>>429

その通りです。
謎の爆発で沈んではいません。
蛇足ですがシュペー号が自沈するまでの戦いぶりは
映画にもなってますね。
http://hush.gooside.com/name/a/spee/Spee.html

434: 本当にあった怖い名無し 04/08/13 00:55 ID:RySAi3z/

>>427

それシャルンホルストとごっちゃになってない?
まずグラフシュペーは、商船狩りに特化した
ポケット戦艦(豆戦艦・装甲艦)です。

その最後は停泊中に発生した謎の爆沈ではなく
イギリス海軍の巡洋艦三隻と砲戦を交え、
損傷したグラフシュペーは中立国である
ウルグアイのモンテビデオ港に停泊。つまり南米。

ここでは交戦は行われず、外交的かけひきの後に、
グラフシュペーはイギリス海軍の待ち受ける海へと出航します。
このとき、沿岸には80万人もの見物人が集まり、
固唾を呑んで見ていたと言います。

逃げられないと判断したラングスドルフ艦長は、
グラフシュペーを自沈させます。
乗員は商船に退避し、館長は後に自決しました。
これが世界的に有名なラ・プラタ沖海戦のあらましで、
小説や映画にもなった有名な海戦(船)です。 

停泊中による謎の爆沈で有名なのは、日本の戦艦・陸奥。
上で書き込みのある、爆発の前に砲塔の上で
薄気味の悪い女が笑っているという怪談のある船です。

>>432
温度上昇による火薬の異常発火説も根強いですね。

456: 軍板初心者inオカ板 04/08/13 12:21 ID:IZMBBaOa

>>427

レス、ありがとうございます。
グラーフ・シュペーに関しては他の方々がおっしゃる通りの流れです。
個人的には、最高の武勲艦だと思っています。

ttp://material.miyazaki-c.ed.jp/cec/rekisikirokueizou/s13_14/
s14matu/idx0310220216.htm

ここに行けば、グラーフ・シュペーの動画が見られますよ。

493: 427 04/08/14 01:26 ID:cgM4ECwd

>>430
>>434
亀レスで堪忍(^h^)
同時に訂正ありがとうございますm(_ _)m
そうでしたか・・・っというのも、
このグラフシュペーの話、実は何年か前に
立読みしたデムパ雑誌の最高峰(?)
月刊ムーに載ってた話なんですよ。(苦笑)

>>456
動画ありがとうございます・・・
それから度々話に出てきます雪風も確か長門勇が
主演で映画が製作/公開されてましたよ。
しかもクライマックスには
戦艦大和の最期を持ってきてましたし(;^_^)y-~~


497: 軍板初心者inオカ板 04/08/14 02:51 ID:tPZhvgPv

>493

レス、ありがとうございます。 
雪風の活躍は私も知るところですが、映画も出てたんですか。
機会があったら是非、観てみたいです。 

505: 本当にあった怖い名無し 04/08/14 12:43 ID:MAdaOaeK

>>493

マラッカあたりで、海賊にでもやられたんじゃないか?

引用元:戦争、軍事にまつわる怪奇ネタ 二戦目