b564

485: 軍板初心者inオカ板 04/08/14 00:17 ID:tPZhvgPv
 
また書き込みます。今度も、あまり怖い話ではないですが・・・。

~ジャングルの声~ 
戦時中ではなく、戦後の話です。 
ビルマ(現ミャンマー)の現地の方々によれば、
夜のジャングルから聞き慣れない言葉
(日本語)が聞こえてくるそうです。 
そのどれもが、苦しそうな声だとか。
きっと、インパール作戦で散った兵士なのでしょう。
現地の人々からすれば言葉も分からないでしょうし
不気味かも知れませんが、我々日本人にとっては涙を誘う話です。 
485: 軍板初心者inオカ板 04/08/14 00:17 ID:tPZhvgPv
 
 ~消えた乗員~ 
これも戦後の話です。 
1958年の事。サハラ砂漠のカランシオ台地上空を
飛行していた飛行機が、砂漠に胴体着陸したまま
放置されている一機の爆撃機を発見しました。
 
見たところアメリカ軍の爆撃機B-24と見られ、
発見者は直ぐに米軍へ報告したのですが、
「該当機は無し」との返答。不時着着はそのまま半年放置されます。 

その後地上からの捜索が始まり、
問題の爆撃機は再発見されました。
B24自体に大した損傷が無いばかりか、機体の中には
チューインガムや煙草、ポットに入ったコーヒーなども
残されていたのです。調査員は首を捻りました。

「機体はほぼ完全、中には食料も残されている。乗員は何処へ・・・?」 

更に機体の中からは飛行日誌も見つかりました。
日誌の最後は「1944年4月4日ナポリ港爆撃」の項で終了していました。

486: 軍板初心者inオカ板 04/08/14 00:17 ID:tPZhvgPv
 
この事件は「空のマリー・セレスト号事件」として
長らく語られたのですが、その後真実が徐々に明らかになります。 

問題の1944年4月4日、ナポリ港爆撃は深夜に行われた夜間爆撃でした。
その後B24は帰投しようとしたのですが、どこをどう間違えたかサハラ砂漠へ。
夜間なので海と砂漠の見分けも付きません。その後も必死に帰るべき
空港を探しますが結局見つからないばかりか、燃料も尽きて
全員(9人)パラシュートで脱出。
 
その時点で1人が行方不明になり、
残り8人は地中海を目指して北へ歩き出します。ですが
砂漠の過酷な気候に耐えられず5人がダウン。
残された3人は更に北へ。 

結局この3人も途中で力尽きてしまうのですが、
これらの事実は見つけられた遺体に残された日記から明らかになったものです。
B24は彼等の脱出地点からすぐ南に不時着しており、更に南を目指してれば
オアシスもあったとの事。搭乗員達が北ではなく、南を目指していたら、
あるいは助かっていたのかも知れません。 

こうして事実は明らかになったのですが、それでも疑問は残ります。
飛行日誌のには、次の一文が書かれていました

「火の玉、赤い火の玉・・・」。 
これは戦時中、日本やドイツ上空に現れた
「フー・ファイター」の事ではないでしょうか。
敵味方関係無く、多くの人間によって目撃されています。
「フー・ファイター」に攻撃されたという事実は今のところ無いようですが、
B24のクルー達がこの「火の玉」に惑わされ、
砂漠に迷い込んでしまったとしたら・・・。

487: 本当にあった怖い名無し 04/08/14 00:30 ID:bfzve6yI

空手の練習で、側頭部に一発喰らった後で「赤い火の玉」がボーッと
見えておった事がありますた。Foo

489: 本当にあった怖い名無し 04/08/14 01:06 ID:DMVHu3S9

「パラオ」の話。

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人がいた。
「あそこでみんな死んでいったんだ・・・」
沖に浮かぶ島を指差しながら、老人はつぶやいた。

太平洋戦争のとき、その島には日本軍が進駐し陣地が作られた。
老人は村の若者達と共にその作業に参加した。
日本兵とは仲良くなって、日本の歌を一緒に歌ったりしたという。

やがて戦況は日本に不利となり、
いつ米軍が上陸してもおかしくない状況になった。
仲間達と話し合った彼は代表数人と共に
日本の守備隊長のもとを訪れた。自分達も一緒に戦わせて欲しい、と。

それを聞くなり隊長は激高し叫んだという
「帝国軍人が、貴様ら土人と一緒に戦えるか!」
日本人は仲間だと思っていたのに…みせかけだったのか
裏切られた想いで、みな悔し涙を流した…
船に乗って島を去る日 日本兵は誰一人見送りに来ない。
村の若者達は、悄然と船に乗り込んだ。

しかし船が島を離れた瞬間、日本兵全員が浜に走り出てきた。
そして一緒に歌った日本の歌を歌いながら、手を振って彼らを見送った。
先頭には笑顔で手を振るあの隊長が。その瞬間、彼は悟ったという。
あの言葉は、自分達を救うためのものだったのだと・・・。

511: 名無し三等兵 04/08/14 17:52 ID:kGw1mpmN

>>489

泣ける話だ つд`)

こんな兵隊さん達が中国や沖縄では・・・・だなんて
信じられないよ。

512: 本当にあった怖い名無し 04/08/14 18:13 ID:VIxPiKV7

>>511

左翼ひs(ry

519: 本当にあった怖い名無し 04/08/14 22:19 ID:1ph2KZHL

>>489

いい話だ。

さすが南方の方は純粋な方ばかりだ。
台湾人も冷静な方が多い。

それに比べ、支那人や鮮人は、、、

490: 本当にあった怖い名無し 04/08/14 01:12 ID:Q6xmhtXH

♪ザワワ さくら ザワワ 
  さとうきび畑は 今咲き誇る

引用元:戦争、軍事にまつわる怪奇ネタ 二戦目