b399

812: 名も無き国民の声 04/03/25 21:12 ID:???

「我、死す。

されど、屈せず。

さらば、祖国よ。」

1941年6月22日、独ソ開戦から1ヶ月にして、
ワルシャワとモスクワの中間都市ミンスクは、
ヒトラーの電撃作戦に敗れ、陥落。

イジニエフ・アリスコビッチは、この遺書をしたため、戦闘に参加した。 
812: 名も無き国民の声 04/03/25 21:12 ID:???

そして、皮肉なことに、遺書をしたためた彼だけが生き残った。 
1945年ドイツ降伏まで、捕虜として
過酷な収容所生活を送り、やっと彼は祖国に帰国。

しかし、「ソビエトも負けたところがある」ことを
認めたくはなかったスターリンは、
イジニエフに「対ドイツ協力罪」をでっち上げ、
「裏切り者」としてシベリア送りにする。
やがて、時は流れ、スターリンは失脚。

後に立ったフルチショフによるスターリン批判により、
「ナチス・ドイツに対して勇敢に戦った者達」として、
ミンスクとブレスト要塞が「英雄都市」として、祭り上げられる。

と、同時にイジニエフは「ソビエト最大の裏切り者」から、
一日にして「ソビエト最大の英雄」に成る。

手の平を返したようにソビエトは
イジニエフを賞賛し、数多くの勲章を送る。
そんなイジニエフだったが、英雄に成ったからといっておごるでもなく、
シベリア送りに成っていたからといって、いじけるでもなく、
「私は単なる共産主義者。単なる労働者に過ぎない」
と、言って、数多くの「英雄」としての名誉職をすべて断って、
一人の労働者として、鉄道整備をしながら人生を過ごした。
そして、晩年を迎えようとする彼の人生に一つの事件が起きる。

チェルノブイリ原子力発電所の事故である。

814: 名も無き国民の声 04/03/25 21:18 ID:???

>>812

検索してみたら、あやしい傭兵体験と一緒に載ってて
それが気になったw

815: 名も無き国民の声 04/03/25 21:48 ID:???

>>814

この人妙に落ち着いているな…

813: 名も無き国民の声 04/03/25 21:12 ID:???

「私がいなかったら、誰が列車を動かすんだ?」
ただ、それだけを言うと、
次々と逃げ出した同僚を尻目に避難者で
満員の列車を一人で動かしつづけた。
汚染地域の上を何往復も……。

やがて、すべてが終わった時、
イジニエフは血を吐いた。放射能症である。

医者すらも、
「イジニエフを治療すると自分が危ない」として、治療を断ってしまった。
チェルノブイリ原子力発電所の事故は、崩壊しつつあった
ソビエトという国家そのものを象徴していたとも言える。
「一人の労働者」として稼いだイジニエフの持つ「ルーブル」は、
インフレのせいで、一夜にして「紙くず」と変り、
貰った数多くの勲章は、何の価値も無い「がらくた」なっていた。

そして、イジニエフは死にかけていた。
そんなイジニエフが、同じく死にかけていたソビエトに対して、遺した言葉がある。

「我、死す。

されど、屈せず。

さらば、祖国よ。」

こうして、イジニエフは死んだ。

816: 名も無き国民の声 04/03/25 22:10 ID:???

取り乱しながら検索した方がよいのか?

817: 名も無き国民の声 04/03/25 22:12 ID:???

>>816

いや、これが載っていたサイトの人のあやしい傭兵体験の中での話。

819: 名も無き国民の声 04/03/25 23:26 ID:???

>782
これやね

http://www12.plala.or.jp/asp/aspnews22.html#10
> ロシア北部コラ半島のムルマンスクにある北方艦隊基地で21日、
>電気料金の滞納を理由に基地への送電が
>停止したことが原因で、係留されている原子力潜水艦の原子炉が
>異常加熱する事故が起き、大惨事となる可能性もあったことが分かった。
>タス通信によると、地元電力会社のコラ電力が
>基地への送電を停止したため、原潜の原子炉の冷却装置が作動しなくなり、
>異常加熱が起きた。基地関係者の説得で
>コラ電力がまもなく送電を再開、大惨事は免れたという。
>同通信は「基地が電気代を払わなければ、コラ電力は
>いつでも送電を止める権利があり、基地に係留されている
>数十隻の原潜で大事故が起きる危険が常にある」と警告している。

うまくぼかして書いてるけど、「基地関係者の説得」って
武装した兵士1個小隊で送電管理棟を占拠することなんだよな・・・

821: 名も無き国民の声 04/03/25 23:59 ID:???

>>819

銃を付きつけても言葉で要求している限り「説得」です、と言ってみるテストw 

まぁあれだ、「傍らに機関銃を置いて静かに話す」ということで(ぉ

820: 名も無き国民の声 04/03/25 23:38 ID:???

ICBM基地が電気止められて(ry バージョンも確かあったな、ロシア。

822: 名も無き国民の声 04/03/26 01:13 ID:???

なるほど、督戦隊もちゃんと説得してるんだな

823: 名も無き国民の声 04/03/26 01:20 ID:???

戦争裁判では捕虜に対して軍刀で床をドン、も脅迫とみなされた訳だが

824: 名も無き国民の声 04/03/26 02:20 ID:???

いや、それ本当に怖いし。

825: 名も無き国民の声 04/03/26 04:10 ID:???

裁判といえば

戦時中、米軍捕虜の野菜不足解消のため、
ある心優しい日本兵は食事にゴボウを用意しました。
ゴボウは食物繊維が豊富で整腸作用のある優れた食物です。

また、腰痛に苦しむ捕虜に対しては、
これも優しい日本兵がお灸を施してあげました。
お灸は非常に熱いけど、効果は抜群です。

戦後、この優しい日本兵達は裁かれました。罪状は捕虜虐待。
前者のケースは「変な根っこを無理矢理食わせた」と。
新潟県の東京捕虜収容所直江津分所の事件です。
責任者2名が死刑になりました。
後者のケースは「火あぶりにされた」と。
こちらは笹川良一が誤解を解いたらしいですが。

837: 名も無き国民の声 04/03/26 10:38 ID:???

>>825

そのネタ、某はだしのゲンさんに載ってたな。
っていうかそれで読んだ。

826: 名も無き国民の声 04/03/26 04:36 ID:???

2人とも死刑になっとらんがな

827: 名も無き国民の声 04/03/26 05:15 ID:???

イギリスではごぼうを普通に食べる、ばかりかジュースにして飲む

828: 名も無き国民の声 04/03/26 05:20 ID:???

ごぼうは医師が説明して疑惑が晴れたはずだが?

829: 名も無き国民の声 04/03/26 05:57 ID:???

優しくしても戦後に訴えられては意味無いので
今後、捕虜はとらないと言う方針でオケー?

引用元:☆信じられないが、本当だPart10