b734

233: 名も無き国民の声 2007/08/07(火) 08:39:36 ID:6D53EUcYO

エノラゲイが広島上空に入った時ってマジで警報なかったのけ?

234: 名も無き国民の声 2007/08/07(火) 09:40:04 ID:Dts0ks3H0

>>233

8時13分に広島市に警戒警報発令。
これを受けたNHK広島がラジオニュース速報で
「中国軍管区情報。敵大型3機、西條上空…」
まで発令文を読み上げたところで原爆が爆発した。
242: 名も無き国民の声 2007/08/07(火) 12:59:21 ID:YnHsTIb70

>>234

いや、警報は間に合わなかったんだよ。

その内容は当時の職員の
一人の証言ではあるけど、いろいろな方面から
検証した結果、放送は発信できなかったという結論になってたはず。

詳しくは
「幻の声―NHK広島8月6日 白井久夫著(岩波新書)」を読むとわかる。

その日の広島放送局(NHK広島)の様子を とにかく正確に、詳細に、
できうる限りに 調べ尽くした記録ドキュメンタリーっていうものかな。
当時の放送事情なんかも興味深いからおすすめです。

259: 名も無き国民の声 2007/08/07(火) 17:43:08 ID:Dts0ks3H0

>>242

警報が間に合ったかどうかじゃなくて、
警報自体があったかどうかが
元発言の疑問なんだからいいでないか。

261: 名も無き国民の声 2007/08/07(火) 18:25:17 ID:6D53EUcYO

>>259

元発言した俺だが
領空内であんなバカでかいのが飛んでて
気付かないならそりゃ日本まけるや
って思ってたから聞いたんだ
なるほどな 間に合わなかったのか
それはそれでなんかな

269: 名も無き国民の声 2007/08/07(火) 23:33:57 ID:6GtQlmGh0

ってことが>>261で分かったから>>263で謝ったわけ。

あとNHKには届かなかったので、
放送が間に合わない以前の問題ですよ。

262: 名も無き国民の声 2007/08/07(火) 18:37:07 ID:YnHsTIb70

>>259

答え方が悪くてすまなかった。
警報が「間に合わなかった」っていうのは、
警報は「無かった」って意味。

たしか、軍の指令壕の通信室から
放送局に電話する前に原爆投下されて、
広島放送局へは警戒の文すら伝わらないまま、被
爆して機能停止してしまったと。
だから、警報を出すどころか
何も知らずに休憩してるような状態だった。

それは軍関係者や、
他の何人もの職員の証言や状況から判明したもので、
警報を押して「中国軍管区情報。敵大型3機、西條上空…」
と読んだというアナウンサーの手記は
別の日の記憶違いと考えるしかないということになってた。

267: 名も無き国民の声 2007/08/07(火) 22:55:04 ID:yI7QGoPX0

>>262

ちょっと横やりだが、放送に間に合わなかっただけで
「警報がなかった」というのは短絡的すぎる。

軍は警戒警報を出したのは事実、西条上空から
広島市街方面へ向かうB29を確認して報道機関だけでなく
各方面に警戒警報を出している。
この警報を受けた報道機関であるNHKの放送が間に合わず、
民間に広まらなかっただけである。

現に原爆の被害がなかった地域では、
この警報を受けてB29を撃ち落とすために
高射砲がB29に照準を合わせるために動いているんだし
(射撃命令が出なかったが…出るわけがない、
その司令部が原爆で壊滅したのだから)。

警戒警報は出て、軍内部にはこれがキチンと広まり、
軍はそれに呼応した動きをした。つまり警戒警報は
「出た」のであり、民間に伝わらなかっただけで
「無かった」とするのはよくない。

263: 名も無き国民の声 2007/08/07(火) 18:44:25 ID:YnHsTIb70

>>259
>>261
あー。なるほど、
気づいたか気づかなかったか、という意味だったのか。
ごめんなさい。
そういうことなら、軍の司令室?
みたいなところはさすがに気づいてた。

267: 名も無き国民の声 2007/08/07(火) 22:55:04 ID:yI7QGoPX0

>>233
氏の疑問に答えるなら
「警戒警報は出ていた」が回答であり、
但し書きで「だが民間には間に合わな
かった」というのが正しいと思う。

235: 名も無き国民の声 2007/08/07(火) 11:33:14 ID:6D53EUcYO

そうなのか
ゲン見てたら警報がなってないのに不思議とか会話してたから

引用元:太平洋戦争中の不思議な・怖い話