b574

451: 名も無き国民の声 2007/08/12(日) 23:33:40 ID:vuO61VTm0

オカルト話じゃないんだが、知り合いの年寄りの話。
朝鮮寄りの旧満州でその年寄りは分隊長(部下は殆ど朝鮮人の兵隊)
で丘陵上に配置に着いていた。昭和20年の8月14日に武装解除命令が出た。
彼の位置から更に北に別の友軍部隊の陣地があった。何か轟音が聞こえる
んで、その陣地を見たら、ソビエト軍の大群がやって来て、武装解除した
殆ど丸腰の日本兵を銃剣で芋刺しまくったそうな。
458: 名も無き国民の声 2007/08/13(月) 01:54:02 ID:dXSb/wYH0

>>451
 
武装解除その物を解除又は放棄して、
助けに行きたかっただろうな・・・。・゚(つД`゚)゚・。

446: 名も無き国民の声 2007/08/12(日) 19:36:14 ID:2x7dClGpO

婆ちゃんから聞いた話。

婆ちゃんは汽車に乗って行く用事があって、
その汽車の時間に遅れそうで急いでいた。
途中駅まで数百メートルのところで不意に誰かに突き飛ばされた。
その自分を突き飛ばした人の方を見たが、
太陽を背に立っていたため顔はあまり良く見えなかったらしいが、
そこにいたのはたしかに日本兵の軍服を着た弟だったと言う。
今、陸軍に行っているはずの弟がなぜと思って必死に呼びかけたが、
返事もせずに林の中に入り、消えるようにすぐ見えなくなった。
弟の事も気になったが大事な用事を思いだし、
駅に向かったが汽車はすでに到着し、出発寸前。

その時、轟音が。
敵の戦闘機が飛んできて、駅と汽車に向けて機銃掃射したそうで、
まさに蜂の巣状態になってしまったという。

数日後、弟は指の骨だけになって帰ってきた。立派な戦死だったそうだ。

447: 名も無き国民の声 2007/08/12(日) 20:13:48 ID:v5srLqDZ0

うちの婆ちゃんの弟さん(おれにとって大叔父様)も
戦死された後に家に戻ってきたそうな。
ばちゃんの妹、(俺にとっての大叔母様)が
風呂に入っていると外に大きな火の玉が見えたそうです。
その夜婆ちゃんの夢に戦死された弟殿が出てきて
何事かを言ったそうですがそこで目がさめると
婆ちゃんは寝ながら泣いていて枕がびっしょり、
そして枕もとには出征した弟殿が立っていたそうですじゃ

俺も墓参り行く時は毎回線香をあげてますが、
よほど家に帰ってきたかったんだろうなとおもいますた

460: 名も無き国民の声 2007/08/13(月) 02:40:21 ID:dXSb/wYH0

ゴジラザウルス対米軍は、
日本の人たちが暮らしてた、島にわけの分からん海族が攻めてきて、
大混乱なシ-ンだと方栄当時のちっちゃな私は思った。

まあ、大東亜戦争に行き着くストーリーはそうなんだけどねW
海賊が日本の鎖国といて、戦争しかけて、原爆落として、
半植民地化してね・・・

461: 名も無き国民の声 2007/08/13(月) 17:03:22 ID:SfSbXup/0

太 平 洋 戦 争 中 の 不 思 議 な ・ 怖 い 話

462: 名も無き国民の声 2007/08/13(月) 21:46:26 ID:lmMNwB1O0

なんつったーて、ゴジラザウルス一体に対し、
当時米陸軍がやっと試作にこじつけた機械歩兵を
一個師団投入しても手に負えなかったんだから。
ドイツのハウニブに搭載されていた
88mm砲でさえ歯が立たなかったってウワサだぞ。











なんてな、サーセン!

464: 名も無き国民の声 2007/08/13(月) 23:15:23 ID:tOxGrYl9O

うちのじいちゃんも戦いに行った
不思議な話はないけど手を打ち抜かれて
今だに指が曲がらないし、人の肉も食べたって。
でもやっぱり同じ人間だからすごく罪悪感があった、
でも食べなきゃ自分が死ぬって思ったって。
敵を撃ったときは人格崩壊しそうだったって。
まだ生きてるよ。頑張って長生きしてほしい。

引用元:太平洋戦争中の不思議な・怖い話