b299

118: 名も無き国民の声 04/04/04 02:23 ID:???

つかあんま関係ない話でスマンが
いつから芸術≒反体制ということになったんだろうか?
それなら体制側だったベラスケスやダヴィッドの絵は
今の芸術家に言わせたら
価値がなくなるんだろうか?

119: 名も無き国民の声 04/04/04 05:59 ID:???

そういうふうにいわれがちなのは
表現の自由だからじゃない?
マスコミもそうでしょ
芸術は作家がどういうスタンスとっても
素晴らしいものは素晴らしいと思うけどな
120: 名も無き国民の声 04/04/04 08:03 ID:???

現代アートと古典はちょっと違うような。
現代アートは、その物自体よりも、解釈の仕方、視点の持ち方を
「芸術」と言い張ってるだけの様な気がして好きになれない。
金魚ミキサーなんかは嫌悪の対象。
で、その嫌悪感をも「芸術」って言うんだからなぁ…

121: 名も無き国民の声 04/04/04 09:46 ID:???

>>120

なるほろ。どちらが良いか悪いかはシランが、
別物であることは確かだな。
まぁわずかでも美術について学んだ人ならもっと深く
理解してるんだろうけれど、ちょっと視点が増えたよ。

122: 名も無き国民の声 04/04/04 09:54 ID:???

その手ので一番強烈なので、確か公開死姦やった奴がいた記憶が…

124: 名も無き国民の声 04/04/04 11:02 ID:???

>>122

行為や結果を観客のせいにしない潔さはあるな。

180: 名も無き国民の声 04/04/06 04:38 ID:???

ニューギニアのカミキリムシはサゴヤシや
サゴの残滓(デンプンとった滓)に居るサクサク・ビナタンという虫。
アポリジニが食べるのはウィッチェティ・グラブという虫。缶詰にもされてる。
イナゴ(またはトノサマバッタ)退治の方法は「食べる」だというのは、
中国でもアフリカでも紹介されてる。

今年2004年はアメリカでは17年セミの当たり年
(素数セミとも言うらしいが。17年周期型、13年周期型などあるそうな。)
このセミも新聞やネットで食べ方のレシピが紹介されるらしい。
ナッツ系の味と言われている。

軍板的に言うと
大元帥陛下(昭和天皇)の大好物がハチの子ごはん。
誰が最初に奨めたのかは不明だが、
おしなべて生物学研究者にはイカモノ好きがめずらしくない。
(ヒトデでもカメノテでも一度食べてみようという気になるらしい。)

181: 名も無き国民の声 04/04/06 07:25 ID:???

>>180

博物学者の南方熊楠もゲテモノ喰いだったらしい、
お昼に彼が弁当箱をあけると中身は昆虫などがぎっしり入っていて
周囲の人をぎょっとさせたとか。

186: 名も無き国民の声 04/04/06 10:08 ID:???

>>180

>サクサク・ビナタン

名前がかわいい(w

182: 名も無き国民の声 04/04/06 09:00 ID:???

いつの間にここは食い物スレになりましたか?

6: 名も無き国民の声 04/05/04 20:54 ID:???

さて、日本の大本営発表は、
世界に向けて外電経由で発信されていた。

んな訳で、台湾沖航空戦の大戦果や、
ブーゲンビル島沖航空戦の大戦果も海外に打電された。

この大戦果に各国は驚愕し、早速その報道を検証してみたところ、
余りにも実態とはかけ離れていたことに失笑し、以後、
「日本の大本営発表は信用出来ない」ということで
世界に大恥をさらしてしまったという。

信じられないが、本当だ。

12: 名も無き国民の声 04/05/04 20:32 ID:???

 >>6眠い人殿

確か、台湾沖航空戦の大本営発表を聞いたニミッツが
『我が機動部隊主力は海底に沈降した後、日本方面へ向かって逃走中』
という冗談丸出しの電文を司令部に打電していたのでしたっけ。

16: 名も無き国民の声 04/05/04 20:32 ID:???

>>6
北朝鮮の中央放送のような扱いだな(w 

140: 名も無き国民の声 04/05/04 20:32 ID:???

>>6
たしかそれでアメリカの株価だか戦時国債だかが暴落して
当時の海軍長官が必死で否定したが、
多大な経済的損失を被ることになってしまった。
という話を聞いたことがあるのだが。