b731

875: 名も無き国民の声 2007/09/07(金) 21:12:07 ID:IFo1fzHI0

砂糖のお礼を言いそびれて、言おうとするけど毎回機会を逃し
それでも律儀に礼のためにと後をコソーリつけてゆくちょっと照れ屋で
義理堅い狐たんを想像してしまった

876: 名も無き国民の声 2007/09/07(金) 23:47:52 ID:EMmE1BZc0

礼には礼を尽くすという事だろう。
我々日本人の本来のあり方だわな。
514: 名も無き国民の声 2007/08/18(土) 11:41:37 ID:ZdXCEThT0

大戦から何を学ぶかということだな。
それなくして大勢の戦死した人達に報いることはできん。
国を守るために死んでいったのだから。
売国して自己の保身と利を追求するような国賊が
パフォーマンスで靖国に参拝などをどんな思いで見ているだろうか。
ペテンとケケ中の路線が終了しつつあるのも、
もはや許し難いということの表れでもあるだろうな。

取り敢えず、
1.基本的な食料の自給率を100%以上にすること。
2.国土自然と水を大切にせよ。(現状地下水はほぼ全滅)
3.国政を牛耳る連中を信じてはならん。
4.何より真実をストレートに知ることが肝要だ。
5.選民意識を極度に曲げて悪しき方向に利用した洗脳狂育は許されん。
6.武器商人に踊らされた戦争に向かう可能性は全て回避排除せよ。
 (但し、防衛は当たり前に必要だ)
7.大和魂(礼節を尽くし、賢く、大きく和する心)に
 あふれる立派な人材を育成せよ。

873: 名も無き国民の声 2007/09/07(金) 17:58:16 ID:7ZrhWVwDO

そうだ
恐山に行こうw
スレチスマソ

874: 名も無き国民の声 2007/09/07(金) 18:30:58 ID:DIH4pqHGO

小さい頃恐山に行くのが夢だったナー

878: 名も無き国民の声 2007/09/08(土) 00:55:49 ID:D9RvJRgu0

家のじいさんは元海軍兵。
徴兵された時に英語がしゃべれると嘘言って
陸軍で言う伍長同等の階級で
とある駆逐艦にで働いていた。

年上の下っ端(たいていがREMF)をこき使いながら
自分と同じ歳か年下の部下を
大切に楽をさせてたそうだ。

とある日じいさんが乗っていた駆逐艦が攻撃を受けた。
じいさんはなんとか助かったが
自分が一番可愛がっていた年下の奴が戦死した。
大口径の銃弾が多数当たったらしく彼の死体はひどいもんだったそうだ。
じいさんはバラバラになった部下の死体を戦闘後に拾い集め埋葬したそうだ。

そして数カ月後アメリカ軍との戦闘に入り、艦内を移動中に
「伍長あぶない!」
との声と共に押し倒された。

彼が地面に付くと同時に彼の頭上に一発の弾痕が。
じいさんは自分の命を助けてくれた奴に感謝しようとしたが
じいさんの後ろには誰もいなかった。

880: 名も無き国民の声 2007/09/08(土) 05:47:21 ID:1ZN2kLYIO

>>878

英語が喋れる嘘が通じるか?

897: 名も無き国民の声 2007/09/08(土) 20:11:32 ID:3087FAl/O

>>878

オマエまた湧いて来やがったな!
ツッコミ所がイッパイあるが、また信じる奴が出るだろうが!

879: 名も無き国民の声 2007/09/08(土) 02:47:01 ID:JnSQ5Iax0

第三者からすれば部下の霊魂が
上官を守ってくれたいい話なんだろうけど
じいさんにすれば辛い思い出だろうな。

最初の戦闘後しばらくは放心状態だったろうし、
遺体を回収するときは発狂するほど悲しかったに違いない。

881: 名も無き国民の声 2007/09/08(土) 06:43:23 ID:602PmFa00

つ丹波哲郎

882: 名も無き国民の声 2007/09/08(土) 09:08:51 ID:t6rBHEUT0

丹波哲郎と言えば俺の中では小沢提督

883: 名も無き国民の声 2007/09/08(土) 09:22:06 ID:DsVySgRYO

丹波哲郎と言えば、漏れの中では、児玉!
「戦は気合いじゃぞ!」

885: 名も無き国民の声 2007/09/08(土) 15:50:39 ID:zkbYon/+0

ちょw

886: 名も無き国民の声 2007/09/08(土) 15:57:01 ID:5M1+t8U/0

あわわ・・・

引用元:太平洋戦争中の不思議な・怖い話