国家総動員報

2: 名も無き国民の声 2008/07/14(月) 19:20:24 ID:wHJZ5ueoO

せんそうするなんてふしぎだねにんげんて

3: 名も無き国民の声 2008/07/14(月) 21:51:26 ID:/CX7w23h0

市の博物館に空襲予告のビラが
展示されていたを昨日見てきたよ
古い文体で黄ばんだ紙に書かれた
いくつかの都市名の中に我が町があった
広島・長崎・東京はなかった


結論
幽霊より生きてる人間の方が恐い
762: 名も無き国民の声 2008/09/26(金) 05:29:48 ID:nNh4YGp2O

>>3

亀だが何処が書いてあったんだ

4: 名も無き国民の声 2008/07/17(木) 05:33:35 ID:NhlfNMYZ0

硫黄島ってもっとジャングルかと思ったら
見通しもよさそうなほんと何もない島なのね
あんな島で大勢戦死ってただごとじゃないぜ

6: 名も無き国民の声 2008/07/17(木) 09:39:55 ID:o68rS3fb0

>>4

何も無い島だからこそあんな状況になった
食料調達先になる原住民もいないし、部隊が壊滅しても逃げ込む森もないし
今でも硫黄島に派遣される自衛隊員は、いろいろと体験するらしいな

7: 名も無き国民の声 2008/07/17(木) 13:25:48 ID:jGynLkX8O

>>6

kwskおねがいします

35: 名も無き国民の声 2008/07/22(火) 16:09:28 ID:WpIiLhefO

>>6

> 今でも硫黄島に派遣される自衛隊員は、
> いろいろと体験するらしいな
しないよ。
俺去年の9月までいたけどなんも無かった。
最初は興味津々で先輩に聞いて回ったけど誰一人不思議体験無し。

手当ては厚いし暇だしで超楽しかった。
また行きたい。

36: 名も無き国民の声 2008/07/22(火) 17:18:28 ID:RPW9/kww0

>>35

kwsk
元自衛隊員か?

43: 名も無き国民の声 2008/07/23(水) 01:05:50 ID:JTmnB6q6O

>>36

自衛隊の戦争関連オカルト話?

江田島の海自幹部候補生学校の正面ホール、
入って右手に大きな鏡がある。
そこは旧海軍時代には元々鏡は無かったが、
敗戦、軍解体、米軍占領を経て海上警備部(現海自)の
手に渡ったとき、壁一面に手跡がついていた。拭いてもとれない。
ペンキで塗りつぶしても次から次に浮き出てくる。
仕方ないので鏡を付けてごまかした、との事。

通説では「お国の為と学校で朝から晩まで必死にしごきに耐えて、
神国日本、必ず勝てる、頑張れよ!
と煽てられて行った先は神もへったくれもない泥沼化した戦場で
現実を思い知り、無念の戦氏を遂げた霊が家に帰らず
『騙したな!!』と幹候に戻ってきて恨んでいる」ためで、手形はその一環。
ホントかどうかは判らぬ。俺は幹部じゃないし。ただ、鏡は確かにある。

あと、自衛隊のオカルト関連話は戦争ネタよりも自殺や殺人、
UFO(「識別不明の航空機」)ネタの方が圧倒的に多い。
都市伝説級なら更にある。

44: 名も無き国民の声 2008/07/23(水) 01:33:56 ID:/9RX6tPm0

>>43

>UFO(「識別不明の航空機」)ネタの方が圧倒的に多い。
都市伝説級なら更にある。

kwsk教えてください

74: 名も無き国民の声 2008/07/28(月) 10:11:19 ID:6aifu5mt0

>>43

それ昔からある新入りを冷やかすためのヨタ話だ

481: 名も無き国民の声 2008/09/08(月) 06:51:54 ID:1NMizLwv0

>>43

あのキの敢闘ぶりには燃えた

5: 名も無き国民の声 2008/07/17(木) 06:03:19 ID:p+aR/TEM0

松谷みよ子が戦時中の怪談話を出してるね
いつの時代もかわらないものがあるんだなと、すごく泣けた

8: 名も無き国民の声 2008/07/18(金) 03:09:59 ID:TvGdYONL0

原爆投下で吹っ飛ばなかった
家のネタってマジなの??

9: 名も無き国民の声 2008/07/18(金) 03:12:50 ID:PXzDaWBE0

>>8

ああマジだ・・・
ソースはない
VIPからきますたけどなにか?

10: 名も無き国民の声 2008/07/19(土) 22:06:34 ID:Rf+hfSZI0

ガ島で玉砕したはずの一木支隊が
兵舎に帰ってきたりとか、そういう話はよく聞く

もっと現実的に怖いのは、ビルマで日本軍の一個小隊が
一夜にしてワニに食われて全滅したとかそういう話かな

不思議なことといえば、頭部に機銃弾食らった瀕死の状態で
ラバウルに帰還した坂井三郎や舩坂弘の存在そのものかも知れん

引用元:太平洋戦争中の不思議な・怖い話2