b34

159: 名も無き国民の声 2008/08/16(土) 06:11:28 ID:FhzdNVDk0

こわいはなし
祖母(当時11歳)が話してくれた空襲
「ここは危ないからあっちへ逃げなさい」と誘導してくれた
若い兵隊さんが、朝戻ってみたら亡くなっていた
曾祖父は町内会長としてやはり誘導やらしてて逃げ遅れ亡くなった
地方都市の空襲で亡くなった兵隊さんは若い人が多かった
偉い上官さんは安全な所にいたんだろう

終戦の数日前再び避難先の隣町で小さな空襲があって、逃げていたら
「逃げてるんじゃないよ非国民!」と知らないおばさんにののしられ
親が死んでるんだよ!うちも燃えちゃったんだ!!
と怒鳴りつけたら黙ったって

若い頃はけして自分から語らなかった戦争の話を、年老いたせいか
孫の俺らに少しずつ話してくれるようなった
後者の話が恐い。終戦間際、もう限界で一般市民もどっかおかしくなってたのか 
161: 名も無き国民の声 2008/08/16(土) 07:48:59 ID:+TBsGbgT0

>>159

おばさんは、もしかすると婦人防空団とかの人だったかも。
隣組単位で消火活動とかする決まりになってるから、
逃げた=非国民という思考だったのかも
ね。まぁそういう意味ではおかしいのかも知れないけど。
当時、軍属とかの人が幅を利かせてたから・・・。

212: 名も無き国民の声 2008/08/18(月) 09:12:14 ID:QfeHeILx0

>>159

空襲警報が鳴っているのに防空壕に入らなくて家ごと焼死した人に対して
「この怠け者が!」と死体を足蹴にした人達がいたと聞きます。

162: 名も無き国民の声 2008/08/16(土) 07:53:45 ID:DcqdRO180

個人の自由を侵害するなんて日本はとんでもない糞国家だったんだよな
今の北朝鮮と同じようなもんだ
俺たちは原爆開放してくれたアメリカに感謝しないといけないな

166: 名も無き国民の声 2008/08/16(土) 16:44:24 ID:pUadG+Cn0

>>162

うちの親父(戦時中小学生だった)によると、
確かにインフラ整備とか、多少のいいことはしてあげたけど、
大部分の一般的な日本人や、下級の兵隊さんたちは
「おいこらちょん」やら「しなちく野郎」とか見下し威張りくさって
棒で日本語出来ない中国人、朝鮮人をこづきまわしてたりしてた、と。

まぁどんなに良く言ったとしても「相手の国を武力で脅して、占領した」
って事実は変わらないからねぇ。当時はそれが当たり前の世界だったとしても

しかし昨日のNHKのフィリピンの戦時中の話、はむごかったOTZ

170: 名も無き国民の声 2008/08/16(土) 19:25:36 ID:+TBsGbgT0

>>166

日本からほとんど持ち出しで国内不景気になったことを
「多少のいいこと」程度で済ますとは。
南洋諸島の老人に言ってごらん、逆に怒られるから。
しかも朝鮮人は、内地と同じ一党国民
扱いだったんだよ(ちなみに台湾は二等国民)。

>まぁどんなに良く言ったとしても「相手の国を武力で脅して、占領した」
>って事実は変わらないからねぇ。当時はそれが当たり前の世界だったとしても

もう少し歴史を勉強したほうがいい。

199: 名も無き国民の声 2008/08/17(日) 08:28:40 ID:EznXzh0k0

>>170

>>日本からほとんど持ち出しで国内不景気になったことを
「多少のいいこと」程度で済ますとは
それが事実だったら、そこまでしてた、ってのは認識してなかった
すまんかった。
ただ言えることは「うちの親父世代は北京でオリンピックとか、
あほらしくて見にいきたくもない、って差別は自分の中でも残ってる」
みたいなこと言ってたな。

なんかヨーロッパとかは、
EUとかで国を超えて共同体作ろう、って時代に
こんなに近い国で近親憎悪で憎みあってるのって醜いよなぁ、
嫌中嫌韓派は、みたいには思います、まーそれ以上に向こうにも
反日派みたいのはいるんでしょうけど、
もーちょっと感情的でなく冷静に過去の歴史見たらいいじゃん、って思う。

201: 名も無き国民の声 2008/08/17(日) 08:37:31 ID:gwQtt3Gv0

>>199

父ちゃんは戦後に変な教育受けたことに自覚がないだけだろ。

>北京でオリンピックとか、あほらしくて見にいきたくもない、
って差別は自分の中でも残ってる
その文章のおかしさに気づけ
「あほらしくて見に行きたくもない」と「差別」は
繋がらない。

205: 名も無き国民の声 2008/08/17(日) 09:33:25 ID:me1hFa+aO

>>199

べつにネトウヨ的な考え方じゃないんだが…。
中国の特に漢族の共産党員に蔓延する
中華思想が払拭されないかぎり無理だろう。

あれが民族紛争やナショナリズムの根源のように感じる。

198: 名も無き国民の声 2008/08/17(日) 02:19:21 ID:/s5vFGWT0

>>166

実際はそういう雰囲気だったろうな。
立場の強い人間が威張りくさることは、今でもよくあること。

中国がそれを外交カードとして使い始めてから、
国民感情の温度もおかしなことになってしまった。

200: 名も無き国民の声 2008/08/17(日) 08:33:48 ID:EznXzh0k0

続けてごめんね
>>198
>立場の強い人間が威張りくさることは、今でもよくあること。
ほんとですね、同じ日本人でもありますよね
そーゆーのが一番醜いと思います、

って言っても自分も「中国の共産党」とかって独善的で間違ってるよなぁ
とか思うんですけどね、戦前の日本みたいで

178: 名も無き国民の声 2008/08/16(土) 21:06:05 ID:glv9Eu8S0

恐慌で失敗こいた中世起源のへぼ貴族の末裔が、下手こいて
至急戦争を用意しただけでしょ。そのため国内でも、派閥内で
戦争賛成論が躍起になって、結局、戦争反対者が魔女狩りにあった。

引用元:太平洋戦争中の不思議な・怖い話2