b568-2

221: 名も無き国民の声 2008/08/18(月) 21:59:10 ID:4h7dL9Ch0

スレチだがガチガチの共産主義者は
このての話は信じないんだろな。
けどもし彼らが体験したらどう思うんだろ?

222: 名も無き国民の声 2008/08/18(月) 23:19:26 ID:iq1NrvBx0

>>221

幽霊になってまで戦争の苦しみや悲しみを云々
やはり戦争はイクナイ云々
だな。日本の左翼は。
223: 名も無き国民の声 2008/08/18(月) 23:23:04 ID:iq1NrvBx0

しかしフルシチョフあたりに語らせると面白いだろうな、幽霊ww

224: 名も無き国民の声 2008/08/18(月) 23:45:24 ID:OSzPDguK0

ここまで世界を
単純な図式でラベリング出来る思考回路。
それは
あくなき現実逃避。
あるいは、甘やかされた無知。

226: 名も無き国民の声 2008/08/19(火) 02:35:22 ID:OzQ68srN0

これは米海軍の潜水艦乗りの話なんだけど、
太平洋のど真ん中で日本の巡洋艦が停止してるのを見つけたんだって。
で、艦長はこりゃーしめたと思って魚雷を発射したんだそうな。
そしたらその日本艦、魚雷に気付いたみたいで突然エンジン始動さ。
でもね、遅すぎるって。今頃エンジン動かしたって、間に合うわけねーだろと
タカをくくってみてたら、スルスルスルーーーっすべるように日本艦が動いた。
びっくりしたって。
驚いたのはそれだけじゃない。日本艦は空中になにかを発射したんだよ。
それが落下傘を開いて海に落ちたと思ったら、
探信音を出してこっちに向かってくる!
そんなバカな!ソナーはアメリカ海軍が秘密裏に開発中の最新兵器だし、
そもそも魚雷が空を飛んで探信音出して襲ってくるなんてありえない!
もうガクブルで観念してたら、なんと魚雷が自爆・・・。
命からがら真珠湾に帰等したって。
この不思議な話を報告しても誰も信じてくれなかったらしいんだけど・・・
バンデクリフト少将が同じ目に合うまではね・・・。

227: 名も無き国民の声 2008/08/19(火) 02:48:36 ID:HSCcu5A90

>>226

ジパングはいいから

233: 名も無き国民の声 2008/08/19(火) 04:45:56 ID:evN1SYbpO

家のじいちゃんがいた部隊の話なんだが

日本で訓練してたときに、近所の墓で火の玉がでるって話になって、
なぜか火の玉は水で消えるか?っていう話になったそうな

で結局中隊みんなでバケツに水をくんで墓にいったらしい

でその墓にはガチで火の玉がいたらしく、
みんなでバケツの水をぶっかけてやったらじゅ…て音がして消えたらしい

火の玉の数は一個や二個じゃなかったから
しまいには小便までかけて消して回ったとか

じいちゃん曰く

チ〇コ燃やされる覚悟でかけろ

だって

234: 名も無き国民の声 2008/08/19(火) 05:11:50 ID:AnB+c2is0

今年97になったうちのじいさん、何事にも動じない
頑固で無口なヒトだが、あの眼で戦時中に何を見たのか
時々不思議になる。(徴兵されて終戦はセレベス島で迎えた)

まるで何か脅迫観念があるかのように信心深い(特定の宗教に
のめり込んでいるとかじゃなく、毎晩家の各部屋でお祈りをする
(各部屋にいる何かと交信している?)とか)から、昔何かあった
のか、元々何か見える体質なのか・・・。
もうボケて何の話も出来ないが、ボケる前もかなり無口で、
戦中にセレベス島で蛇を食べた話位しか聞きだせなかった。

235: 名も無き国民の声 2008/08/19(火) 10:14:06 ID:s/v7FFkvO

日露戦争に出征したタヌキたちは
さすがに太平洋戦争の火力では活躍できなかったのかな...

太平洋戦争末期、アメリカ大統領を呪殺する目的で、
陰陽師部隊が集められた

「我々が東条を呪殺してれば...」と言う後悔の念から、
参加者はあまり語りたがらない

243: 名も無き国民の声 2008/08/20(水) 16:58:27 ID:mWuGL5ck0

ええ話や・・・。

>>235
秦都彦の本に「神風は実は吹いていた」って話があった。
実際に台風で米軍の駆逐艦が2隻ほど大破したらしい。
でもやっぱ鉄の船相手だと元寇のときのようにはいかない。

あとどっかでみたけど、戦争末期の憲兵隊の巷間の噂に関する調査資料で、
軍服姿で出征したけど血だらけになって帰って来た
某神社の神様の話が噂として流布していたようだ。。

日本の神様は全知全能ではなく、限界があるっていうのが面白い。

引用元:太平洋戦争中の不思議な・怖い話2