b89

280: 名も無き国民の声 2008/08/26(火) 20:41:42 ID:4Lp8Z78y0

米軍捕虜食肉事件

昭和19年7月、米軍の特殊部隊は
サイパン島を攻略し日本守備隊を玉砕した。
米軍は、このサイパンを最前線基地として連日東京への空爆を行った。
大本営は米軍の次の目標は硫黄島とみて、父島(小笠原諸島)に
約15000人からなる部隊を配置したのだった。
同年8月31日から9月2日にかけて、いよいよ父島に対する空爆が始まった。
米空母からアベンジャー爆撃機が次々に父島に向かって出撃していった。
一方、父島守備隊は高射砲や機関砲で応戦し5機の米軍機を撃ち落した。
この内の1機が後の第41代米国大統領となるジョージ・ブッシュ中尉だった。
ブッシュは、からくもコックピットから脱出してパラシュートで離脱。
その後、味方の潜水艦に救助されたが、
同乗していた2人の乗組み員は行方不明となった。
280: 名も無き国民の声 2008/08/26(火) 20:41:42 ID:4Lp8Z78y0

昭和20年8月15日終戦。
9月2日に父島に米艦が到着し、
立花陸軍中将を正使、森海軍中将を副使として降状手続きを行った。
この時、米軍側は開口一番、
「パラシュートで脱出した米軍パイロットは何名いたか。
その後、どうなっているか知りたい」

との質問に日本軍側は、「防空壕で全員爆死した」と回答。
これに対して米軍側は露骨に不機嫌な態度になった。
その後、日本兵の復員は順調に進んだが、
何故か的場陸軍少佐の大隊だけは復員が許可されなかった。
この時、米軍側は的場大隊以外の部隊から様々な情報を収集していた。

証拠固めができた昭和21年2月になって米軍側は、
「捕虜になった米軍パイロット達は、残虐行為の末に殺害され人食された。
この事件の主犯は陸軍では立花中将と的場少佐、海軍では、
森中将と吉井大佐である」としてグアムの軍事裁判に起訴した。
立花ら4人は大筋を認めて、小笠原事件に関与したとする
軍人ら25人が逮捕された。

281: 名も無き国民の声 2008/08/26(火) 20:42:28 ID:4Lp8Z78y0

一体、どのような経緯で捕虜の人食に至ったのか。
の後のBC級裁判で恐ろしい真実が明らかにされた。

昭和20年3月に前任の師団長が自決。
その後、副官の立場にあった立花と森が中将に昇格。
全体の指揮権は立花が握ることになった。
立花中将の副官的存在が的場少佐であった。
的場は、気が荒く酒乱の傾向があり、気に入らないことがあると部下を
半殺しの暴行を加えて周囲を恐れさせていた。実際に柔道、剣道など合わせて
10段以上の腕前と大きな体躯は周りを恐れさすには十分であった。

さて、ここで陸軍と海軍の高級将校達の酒盛りが連日行われた。
終戦末期の物不足の中、貴重品である酒を連日酌み交わした。
だが、゛つまみ゛が無い。そこで、立花らは米軍捕虜の肉を食べて
戦意高揚を図ろうと軍医に捕虜の解体を命じた。針金で大木に縛りつけた
米軍捕虜に立花が、「日本刀の凄みを披露する絶好の機会じゃ」と言って、
試し切りの希望者を募って殺害。その後、遺体を解体させて大宴会の゛つまみ゛にした。
後の日本兵の証言によると、米兵の手足の肉や内臓を立花が食べると、
「これは美味い。お代わりだ」とはしゃいでいたという。

282: 名も無き国民の声 2008/08/26(火) 20:43:37 ID:4Lp8Z78y0

参謀だった堀江芳孝少佐は
立花らの素行にかねてから不安を感じており、
捕虜のホール中尉 を、自分の英語教師として
身近に置くことで守っていたが、
外出後に戻るとすでに喰われた後だった。

的場少佐の部下の供述調書によると、
この時に的場少佐が発した命令は次の通り。

一、大隊は米人飛行家ホール中尉の肉を食したし
二、冠中尉は此の肉の配給を取り計らうべし
三、坂部軍医は処刑に立会い、肝臓、胆嚢を取り除くべし
1945年3月9日 午前9時 大隊長 陸軍少佐的場末男

発令方法…冠中尉並に坂部を面前に呼び口頭命令、
報告は立花旅団長へ、通告は堀江参謀へ

283: 名も無き国民の声 2008/08/26(火) 20:45:07 ID:4Lp8Z78y0

結局、8人の米軍捕虜を殺害し人食したこの行為で、
立花、的場、吉井ら5人が絞首刑となった(森は終身刑だったが、
後のオランダ軍の裁判で死刑)。吉井は軍事裁判で、
「無差別爆撃する米空軍が悪い。パイロットは処刑されて当然。
人肉は戦意高揚のため食した」と供述。 
更に、「日本軍の戦陣訓である、
゛生きて陵辱の辱めを受けず゛・・・という教えがあり、
捕虜に対する行為は何をおいても許される」と主張した。

ジョージブッシュは、昭和天皇の崩御で
「大喪の礼」に参列した後、「初めて日本人を許す気になった」と語ったという。
それほどまでに、ブッシュはこの事件を
「戦時中に経験した最悪の時」として自伝に書き込んでいる。
もしあの時、ブッシュが米潜水艦に救助されていなかったら、
米国大統領になっていなかった可能性が大きい。
何故なら日本軍に食べられていただろうから。

284: 名も無き国民の声 2008/08/26(火) 23:03:14 ID:1lq3nfte0

絶海の孤島に数千人もいれば食糧不足になる。
米軍から視点では「アジア系民族は総じて野蛮」ってことになるが
上の長文を読むと、敵の肉を喰らい血をすすってでも徹
底抗戦しようって意志を感じる。

大西洋無着陸横断飛行のリンドバーグの日記によると、
アメリカ側は人肉こそ食べたりしないが
ネイティブアメリカンの兵士に日本兵の遺骨を材料に
ペーパーナイフを作らせて記念品にする者や
嫌悪感や嫌がらせ目的、或いは好奇心などから
戦利品の日本刀で日本兵の遺体の首を切断したり
爆弾で開いた穴に多数の日本軍兵士の遺体を投げ込み、
その上から自分たちの残飯をぶちまけたという。
(この日本軍守備隊の生き残り数名が降伏したが、
米軍はそれを拒否した記述もある)

285: 名も無き国民の声 2008/08/26(火) 23:06:27 ID:1lq3nfte0

また、テニアンで捕虜になったパイロットの手記によれば
収容所近くの米兵が居住するテントの入り口には、日本兵の髑髏が2つ
木の柱にそれぞれ掲げられ飾られていたという。
出典は忘れたが、日本兵の髑髏を戦場みやげにするため
手間を惜しまない記載も見受けられた。
(米本土の収容所では日本兵の扱いはかなり良好だったそうだが)

286: 名も無き国民の声 2008/08/26(火) 23:09:36 ID:1lq3nfte0

航空機による攻撃では、日本軍はフィリピンの
クラークフィールド攻撃後ラジオ放送局を爆撃する準備として
まず隣の病院から患者を非難させるよう米軍に対して伝えたという。
いっぽう、米英のパイロットの場合は好んで
一般家屋や無抵抗な民間人を銃撃したり
教会や学校でも関係なく爆撃するなど、
まるでハンティングでもするかのように大量虐殺を行っている。
つまり戦勝国だから好き放題言えるだけで、
戦争は狂った世界で双方異常であることに変わりはないのだ。

287: 名も無き国民の声 2008/08/27(水) 13:54:01 ID:DDTnJCC70

日本兵の骸骨を前に微笑む少女の写真を見た事あるな。
「お土産をありがとう」と戦地に手紙を書いてるところ・・
日本兵は珍獣扱いだったのか?

288: 名も無き国民の声 2008/08/27(水) 16:13:34 ID:FzNqEde9O

司令官が
「サルのバーベキューに行って来るぜ!w」とか言ってた国ですから...

304: 名も無き国民の声 2008/08/30(土) 22:43:38 ID:iBnbJEg80

>>288

「サルの惑星」の原作者はたしか、オーストラリアで日本軍の捕虜になった
時の経験を書いたんだよね

289: 名も無き国民の声 2008/08/27(水) 16:46:35 ID:QDirtk2W0

どこの魔族だよ(´・ω・`)

引用元:太平洋戦争中の不思議な・怖い話2