b405
b442

617: 名も無き国民の声 2008/09/13(土) 23:04:03 ID:hCbgYmeY0

主観や史実を語りたいなら、軍板か近代史板でやれよ

620: 名も無き国民の声 2008/09/13(土) 23:47:03 ID:ZUJnV+ZK0

既女板のオカスレと同じで
1度話が脱線すると修正は不可能らしいw
621: 名も無き国民の声 2008/09/13(土) 23:47:16 ID:3lmKX42Y0

30 名前: ななしのいるせいかつ 投稿日: 2007/11/28(水) 17:55:28

祖母から聞いた話。

太平洋戦争最後の年、畑で勤労奉仕の仕事をしていたら、
白いモンシロチョウが、婆ちゃんの周りをしばらく飛び回り、
どこまでも後を付いて来たので不思議に思ったそうだ。

「この蝶々さん、私の事が好きなのかしら?」
と友達と冗談を言って笑顔を見せたら、
満足したかのように青空へ飛び去ったという。

後から知ったそうだが、
その日、祖母の幼なじみで初恋の相手だった男性が、
神風特攻隊員として出撃し、沖縄にて戦死した日だったそうだ。

623: 名も無き国民の声 2008/09/14(日) 02:07:49 ID:iOIkIUo00

626: 名も無き国民の声 2008/09/14(日) 15:13:49 ID:YKs20Gs70

>>623

これすげーな。全員助かったかどうかは不明だが、歴史に残る美談だな

629: 名も無き国民の声 2008/09/14(日) 15:52:47 ID:bxA/7wO+0

>>623

まだ日本が優勢だった頃の話だしなぁ・・・
たしかに工藤中佐が偉いことには変わりないけど。

624: 名も無き国民の声 2008/09/14(日) 10:43:57 ID:RdMsT3VI0

日本人も中国人もアメリカ人も結局人間であることに変りはないということ
だな。神仏にも勝る慈悲をそなえた者もいれば、
鬼悪魔に匹敵する残虐非道な人間もいるということだ。

625: 名も無き国民の声 2008/09/14(日) 15:09:11 ID:PwnugzvX0

組織全体を一個の人格としてみるからおかしくなる。

627: 名も無き国民の声 2008/09/14(日) 15:40:04 ID:QsXiz84l0

原爆投下後、広島、長崎がすぐに復興したのが怖い。
残留放射能に汚染されたら、数百年は人が住めない状態に
なる筈なのに、何故なのか?

633: 名も無き国民の声 2008/09/15(月) 21:58:42 ID:kPQPu+ahO

>>627

戦後の調査(たしか45年の9月や10月だったはず)でも
予想より量が少なかったから不思議がられたが、
その年の台風で汚染物質が流されたり飛ばされたから
という結論になってたはず

635: 名も無き国民の声 2008/09/16(火) 09:54:28 ID:Jz7cYjoGO

米軍は人道的な軍隊だねw
サイパン戦で生き残った
田中徳裕・元陸軍大尉(独立混成第47旅団)の証言

・「米軍は虐待しません」の呼びかけを信じて
洞窟から出てきた婦女子全員が素っ裸にされ、
数台のトラックに積み込まれた。
「殺して!」「殺して!」の絶叫を残してトラックは走り去った。

・次には滑走路に集まった
老人と子供の周りにガソリンがまかれ、火が付けられた。
たちまち阿鼻叫喚の巷と化した滑走路。我慢ならず我が兵が
小銃射撃をしたが、米軍は全く無頓着に蛮行を続ける。

・火から逃れようとする老人や子供を、米軍はゲラゲラ笑いながら
火の中へ蹴り飛ばしたり、銃で突き飛ばして火の中へ投げ入れる。
2人の米兵は草むらの中で泣いていた赤ん坊を見つけると、
両足を持って真っ二つに引き裂いて火中に投げ込んだ。
「ギャッ!」という悲鳴を残して蛙のように股裂きにされた
日本の赤ん坊とそれを見て笑う鬼畜の米兵ども。

・こんなに優勢な戦闘状況にも拘らず、
米軍は毒ガス弾(赤筒弾)攻撃まで仕掛けてきた。

・マッピ岬にたどり着いた田中大尉は、
岩の間に一本の青竹を渡し、それに串刺しにされた婦人を見た。
さらに自分と同じ洞窟に居た兵士や住民が五体を
バラバラに切り刻まれて倒れているのを眼前に見た。
田中徳裕著『我ら降伏せずサイパン玉砕戦の狂気と真実』 

639: 名も無き国民の声 2008/09/17(水) 00:04:55 ID:m8gbAFwB0

>>635

戦陣訓は至極もっともだ

636: 名も無き国民の声 2008/09/16(火) 20:48:48 ID:QA+4jEuB0

降伏したくてもできないな
アメリカ兵の一人ぐらい殺さないと
死んでも死にきれん
成仏しろって言われても成仏できないわ

引用元:太平洋戦争中の不思議な・怖い話2