国家総動員報桜

791: 名も無き国民の声 2008/10/02(木) 10:06:06 ID:dbYxy0b30

知り合いおじいさんは終戦当時20歳だった
最近昔のことをやたら語りたがる

アル中で認知症はいってて本当かどうか分からないが
終戦3日前の夜にラジオから日本は負けて戦争は終わるから
今すぐ自決せよ、と流れてその後1時間ほど
ラジオが全く聞こえなくなったそうだ

そんな話しは誰に聞いてもネットで探してもないから
夢かボケ老人のたわごとだと思うんだけど
なんかこわいな
792: 名も無き国民の声 2008/10/02(木) 15:49:41 ID:pfm+vvUk0

>>791

それと同一の話は聞いたことがないが、
類似するエピソードは結構あるな
ラジオ以外でも、天皇の使者がどこそこに現れて敗戦を告げたとか、
日本軍自体が戦争の終了が近いことを予告するビラをまいたとか、
枚挙に暇がない
また、逆の話として、「神風」に類似する奇跡によって、逆転勝利が
確約されたという話がまことしやかなソース(当時としては)付きで、
市中に流れたなんてのもある

大半はただの噂なんだろうが、
一部には国の中枢、あるいは内地の有力部隊からの
意図的な情報流出、操作が疑われるケースも存在するらしい

793: 名も無き国民の声 2008/10/02(木) 16:40:26 ID:VVBWu9CG0

水木しげる先生は、ぬりかべのおかげで助かったそうです。

794: 名も無き国民の声 2008/10/02(木) 17:48:27 ID:7raOBSLWO

昔、北海道の帯広駐屯地に配属されていた時の話です。

私たちは夜間訓練をしていました、たまたま霊感の強い同期がおり
彼が「あそこに何かいる」と言い出しました。

私には何も見えませんでしたが、彼曰くその霊は軍服を着ており
同じ場所で何度も何度も倒れては立ち上がり
倒れては立ち上がりを繰り返していたそうです。

彼は銃に撃たれて死んだ人なもかもね
と言ってました…
戦争に関係あるかはわかりませんが、投稿です

795: 名も無き国民の声 2008/10/03(金) 02:41:41 ID:FEekDYat0

霊もそこまでパフォーマンスしないだろ。
>>794は陸自経験者なのに警衛で鍛えられなかったのか?

796: 名も無き国民の声 2008/10/03(金) 13:01:23 ID:P1Y6RX8zO

>>795

前述のサイパンの話しはもっとすごくね

797: 名も無き国民の声 2008/10/03(金) 16:53:22 ID:+Ei1TquPO

海軍出身の曾祖父の話し
寝ていた時に従兵に起こされた
『あれ~この声は以前、従兵していた〇〇じゃないか?』と
不審思いながらドアを開けると、やっぱり〇〇が敬礼して立っている
『自分が亡くなったことと、従兵している時に世話になったこと』を
話し終えるとスーと消えていったそうです
後で従兵の消息を調べてたら、訪問した時間は、
従兵が乗っていた艦の沈没した時間とほぼ一致
戦中戦後、死者の訪問を受けたことは何度もあって
一番堪えたと語ってました

802: 名も無き国民の声 2008/10/03(金) 19:28:27 ID:UgDXNMab0

オレが戦争時の話で一番怖かったのは、
小池荘彦の「心霊写真」の載ってる”写らない兵士の悲劇”の話。

集合写真に透けて写った兵士が、ノイローゼで自殺する。
そののち上官が死んだはずのその兵士の名前を病院船の名簿で発見するが、
すでに船は出てしまい確認できず。
ベツの戦地で、そこの部隊の伍長にその死んだ兵士が今ここにいると言われ、
見に行くとおらず、一緒にいた兵が
確かに今までいたのですが・・・と戸惑う話。

東京荒川に住んでいた人の分隊長の体験談らしい。

803: 名も無き国民の声 2008/10/04(土) 18:10:01 ID:nzpyYsajO

昔、ガキ向けのA6サイズの分厚い心霊写真本に
ひめゆりの塔か摩文仁での終戦慰霊祭をニュースで中継したら、
周囲の木陰から「写っていては困る」方々の姿が写ってしまった。
っていう話が載ってたな。
それと、今は亡きマヤに載ってた記事に
「第二次大戦中に沈没したイギリスの戦艦ウォースパイトが
大西洋に現れて航行している船舶を震え上がらせている・・・云々」
なんて話が載っていた。






HMSウォースパイトは、天寿を全うしてなかったか?

804: 名も無き国民の声 2008/10/04(土) 19:07:57 ID:NUfnyh1i0

確かに、終戦まで生き残ったな

引用元:太平洋戦争中の不思議な・怖い話2