b893

888: 名も無き国民の声 2008/10/15(水) 16:12:04 ID:Uxn+IvwSO

うちの父親の叔父が役人で一家で満州に行ってたらしいが
当時のことを聞いても誰も口を開かない
ていうか聞くのはタブーみたいになってる
終戦で叔父が満州で自殺したことぐらいしか知らないが、
残された家族は死ぬ思いで引き上げてきたんだろうなあ
893: 名も無き国民の声 2008/10/15(水) 19:49:59 ID:PTo/KBY20

あまり叩いてやるなよ
オカルト話だし、戦死者を馬鹿にするような
ネタ話とも違うからいいじゃん。

894: 名も無き国民の声 2008/10/15(水) 20:01:24 ID:3n5M34HJ0

イタコをなめるなよ
生きてる人間すら呼び寄せるほどだぞ
言葉の問題なんてたいしたことじゃないだろ

896: 名も無き国民の声 2008/10/15(水) 22:30:15 ID:rTH8B2usO

うちのじいちゃん、腕に5発とほっぺたに
一発撃たれ後あるんだけど
それをどっかの板の軍事スレで言ったら思っきり否定されたなw
腕が無くなるとか撃たれらどうなるか知ってるのか?とかw

いやじいちゃん撃たれてるしw
ほっぺたの銃弾を指でほじくって出したしw
まるで自分が戦争してるような言い方でワロタ
それともうちのじいちゃんの体がオカルトなんか? 
交通事故で死んじゃったけど、戦場で死ぬよりよかったのかな

902: 名も無き国民の声 2008/10/15(水) 23:10:55 ID:jr/94+siO

>>896

交通事故も苦しまずに即死だったらある意味まだ良かったのかもね
それにしても、じいちゃんはタフで波乱万丈だったんだねえ・・

897: 名も無き国民の声 2008/10/15(水) 22:44:20 ID:lZFzPXqe0

銃弾の威力は、発射されてからの距離によるから、
当たって弾が止まるとか有ってもおかしくはない

899: 名も無き国民の声 2008/10/15(水) 22:50:52 ID:xy6fiBK30

当時の銃の威力は知らんが距離とか離れてれば止まるんじゃね?
それに当時の銃じゃ近距離とかじゃないと腕吹っ飛ぶとかないだろw

906: 名も無き国民の声 2008/10/15(水) 23:57:19 ID:4qiOFxvjO

>>899

当時のアメリカ軍の銃は現用の銃よりはるかに威力あるよ。
彼のじいちゃんの負傷は多分、砲弾かなんかの破片を
遠距離で受けたのではないかな。

900: 名も無き国民の声 2008/10/15(水) 22:55:53 ID:aaTDGvC50

プライベート・ライアンの冒頭のシーンなんかが
脳裏に焼き付いてる厨房なんかは
腕がちぎれるとか顔がなくなるとか信じて疑わないんじゃね?

901: 名も無き国民の声 2008/10/15(水) 23:10:41 ID:xJ4JaCEa0

戦死者の怨念は無謀な戦争を始めた軍部に
向けられなかったのだろうか?

はたまた、鬼畜米英を呪ったりしなかったのだろうか?

ただ家族や故郷のことだけを考えていたのだろうか?

912: 名も無き国民の声 2008/10/16(木) 08:59:28 ID:+cfhu/WlO

シベリア抑留から生還した爺ちゃんが最近ボケだしたんだが…
孫とかが食ってる飯を黙って奪って袋に入れて、
隠れて一人で食うんだよ。
シベリアで爺ちゃんがどうやって生き残ったのか想像すると鬱

903: 名も無き国民の声 2008/10/15(水) 23:34:08 ID:qLWVflPh0

山本五十六が
アメリカと通じてたっていう話があるらしいのだが
やっぱりそうなのかな

台湾かどこかで死んだってのも
うそだったりして

907: 名も無き国民の声 2008/10/15(水) 23:58:56 ID:S50mgYed0

>>903

山本が台湾で死んだっていうのは初耳

909: 名も無き国民の声 2008/10/16(木) 00:03:27 ID:BMFe/S6I0

ブーゲンビル島でしたw
失礼

引用元:太平洋戦争中の不思議な・怖い話2