国家総動員報桜

867: 名も無き国民の声 2009/05/02(土) 01:06:38 ID:LwiqJ10g0

残留思念という単語を見て、
幻魔大戦を思い出してしまった漏れはオッサン。

868: 名も無き国民の声 2009/05/02(土) 02:16:30 ID:fOCjrdQ30

>>867

ベガ  乙
891: 名も無き国民の声 2009/05/03(日) 08:11:59 ID:l9W2krgo0

>>867

東丈、ルナ姫、黒ん坊の子供

友人から聞いたが、
太平洋戦争中比叡山だか高野山だかでは毎夜敵国調伏
の祈祷が行われていたそうだ。まさにオカルト戦争。

893: 名も無き国民の声 2009/05/03(日) 08:52:58 ID:6WQg0uC70

>>891

祈祷は戦国時代樹からやってるし。
別段珍しくも無い。

853: 名も無き国民の声 2009/05/01(金) 02:15:14 ID:kUO7+CUuO

うちのじいちゃん、親父が結婚するまえに死んだから
話しかしらないけど、大和の護衛艦・涼月の生き残りで、
大和が沈む最後の作戦にも参加して生き残りなんだけど。
その時の話が地元の新聞社からちょっとした本になって、
うちの家宝になってる。

ちょこっとだけどオカルト話もあるし、今、読むと凄く勉強になる。

で、父ちゃんに内緒で今は俺の手元にある。
生々しいよ。

ちなみにじいちゃんの弟も特攻隊の生き残りで本を出してて、
それはネットでも買えるみたい。
試しに検索したらほんとに出てきてびっくりした(笑)
おじさんは戦後は、
「仲間がたくさん、沖縄で死んだから俺も沖縄に骨を埋める」

って言って、終生、沖縄で人生過ごしてたよ。
今年、老衰で亡くなったけど男らしい厳しい人だった、
今頃、あの世でじいちゃんと酒でも呑んでるかなぁ。

しまった、オカルト話がねぇ!!

本から抜粋していぃ?

858: 名も無き国民の声 2009/05/01(金) 10:13:22 ID:kcaJ6UTG0

>>853

kwsk

855: 名も無き国民の声 2009/05/01(金) 02:52:27 ID:DUKofRlz0

うちは某地方豪族の子孫だが、
仏壇のほかに「かんさま」(神様?)を祭っている
遠縁含め一族の誰かが出陣する時は「かんさま」の御前で、
決まった作法通りの儀式
(といってもお膳を供えて
一族が土下座して安全を祈るぐらい)をしないと必ず戦死する
その儀式をやっとけば武勲はともかく安全は保障されるんだが、
やっぱりやらない無駄なチャレンジャーが結構いるわけで…
明治以降の結果を挙げると

・日露戦争 陸軍歩兵中尉(曽祖父)…
儀式済み、生還し金鵄勲章もらう 
・シベリア出兵 陸軍歩兵上等兵…
儀式なし、尼港事件で戦死
・日中戦争 陸軍工兵伍長…
儀式済み、生還し金鵄勲章受勲
・日中戦争 陸軍砲兵一等兵…
儀式済み、生還 
→太平洋戦争応召時は儀式なし、
曹長のとき輸送船で戦死
・太平洋戦争 
陸軍主計大尉(祖父)…
儀式済み、ビルマで死線を彷徨うも生還
・太平洋戦争 海軍少尉 …
「本家の下らん迷信だ!」と儀式放棄、駆逐艦が沈んで戦死
・太平洋戦争 陸軍兵長(大叔父)…
儀式なし、内地で安全だと思ってたら機銃掃射で戦死

ここまで的中率が高いと信ぜざるをえない、が一族の中での結論
太平洋戦争以降儀式の出番が無いのが幸いだ

857: 名も無き国民の声 2009/05/01(金) 08:51:28 ID:f4ZKH+NTO

祖父から聞いた話だが、
ニューギニアだかフィリピンだか忘れたけど、
当時はまだ先住民の中に首狩り族がいて、
友軍が襲われた事もあったそうだ。
祖父が見たのは、どこかの小隊の死体だったが、
すべての死体の首が刃物らしきもので切り取られていたそうだ。

手には銃や軍刀が握られたままの遺体がほとんどで、
帝国軍人らしく、逃げる事無く果敢に抵抗したが、
先住民は大集団で襲って来るので虚しく敗れたんだろうと言っていた。

引用元:太平洋戦争中の不思議な・怖い話3