b12

1: 名も無き国民の声 2009/05/14(木) 22:21:49 ID:cJ3vBKqf0

前スレ

太平洋戦争中の不思議な・怖い話3@オカルト板
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1224293877/
2: 名も無き国民の声 2009/05/14(木) 22:25:06 ID:l8FBJbU/O

『煮解賭(にげと)』

明朝末期、中國北東部の男達の間で、
素麗建(すれたて)なる遊びが流行していた。

先端に話題旗をくくりつけた棒を地面に立て、
合図と共に棒に駆け寄りに旗を奪い合うという、
己の機敏さを誇示する遊びであった。

やがてこの遊びにも飽きた者達が、
毒草を煮込んだ煮汁を飲み、
その解毒剤を旗代わりにして奪い合うという競技に発展させた。
これのせいで命を落とす者が続出したが、
競走に勝利したものは現人神として賞賛され、
朝廷に仕える者を輩出するほどであった。

この、解毒剤を賭けた戦いは
「煮解賭」と呼ばれ、時代を左右する勝負の場でも
最も信頼できる、決定権獲得試合として行われてきた。

己の速さを誇示できることの
少なくなった現代社会においては、電子掲示板などで
「2ゲットォォ!」と、機会を変えて、
現代人が機敏さを争っているのかもしれない。

(民明書房刊 「DNAに刻まれた勝負心 現代人の奇行のルーツを探る」より)

3: 名も無き国民の声 2009/05/14(木) 23:31:32 ID:SouozwZZ0

『参下都(さんげと)』

平安後期、山に籠る僧らは
貴族社会の都を忌み嫌っていた。
道徳は退廃し、至る所でひもねす博打、
芸者遊びに興じるものが溢れていた。

ある日、山からイノシシの祟り神がやってきて、都中を荒らし回った。
自然の神に感謝することも忘れた人間たちに、神が怒ったのであった。
逃げ惑う人々、呪いの蛇につかまれ絶命する人々・・・都は凄惨を極めた。

そこに一人の僧が山から下りてきた。
彼の名は茶禰羅(ちゃねら)。
普段は巻物を読み読経し、
敬虔に仏に仕える僧であるが寺院の中では、
剣術の達人としても知られていた。

彼の腕は青い炎に燃え上がり、読経を始めた。
やがて彼に気付い祟り神が彼を襲おうと走り寄ってきた。すると
「祟りまします神よ、傲慢なる人間の罪をお許し給え」と叫ぶと、
一撃、青い炎に包まれた剣が祟り神の頭頂部に落ちた。
それにより神は鎮まり、祟り神はやってこなかったという。

人々は自らの生活の堕落を恥じて、
また、神と彼に感謝したという。
そのことから、山にいた僧が都を救いに来た、
転じて普段は目立たない人物が
救世主となることに対し「参下都」
という言葉が使われるようになった。

5: 名も無き国民の声 2009/05/15(金) 16:32:02 ID:IDW+0ckG0

若い人は知らないだろうけど
戦争に行かされた人達は何らかの形で
シェルショックという心の病を持って戦後の日本を生きて来た。
おいらはお爺ちゃんとか戦友の人達の昔話を聞いて育ったが
戦争というのは映画やドラマなんかよりもっと悲惨で地獄だったそうだ。

追いつめられて戦友の肉を食べたり、敵前逃亡したり、
戦闘の異常心理状態の中、上官を殺したり。と

皆既に亡くなられているが
一人興味深い話をしてくれた人がいた。
ガダルカナルで要塞に突撃されたとき
精神が錯乱して味方を銃で撃ってしまったと。
戦後日本に帰り某船舶関係の仕事をしていたが
「海を見ているとアイツの顔が波の形になって
俺を責めるんだ」と語っていた。

本人も幽霊では無く自分の自責の念と
精神の疲弊のせいだろうと行ってたが
幽霊の存在よりも俺は物凄く怖い。

6: 名も無き国民の声 2009/05/16(土) 11:18:35 ID:eplPPn290

小笠原事件、怖いな。

7: 名も無き国民の声 2009/05/16(土) 15:42:11 ID:4oyQXo/20

シェルショックの意味間違えてるし。

9: 名も無き国民の声 2009/05/17(日) 01:11:47 ID:5Pjwyj+0O

顔が波の形になるのか、それは怖いな

11: 名も無き国民の声 2009/05/22(金) 02:16:08 ID:dDCRXBa/0

神様が居たら一生のお願いをしたい

俺を太平洋戦争の5年前に送って欲しい

レーザー
コンピュータ
レーダ
反重力エンジン
を日本軍に齎そう

14: 名も無き国民の声 2009/05/22(金) 10:29:56 ID:BwePuqfp0

神様が居たら一生のお願いをしたい

俺を明治時代に送って欲しい

理科年表を日本に齎そう

12: 名も無き国民の声 2009/05/22(金) 02:32:54 ID:17SZexOL0

神様が居たら一生のお願いをしたい

俺を太平洋戦争中に送って欲しい

最新鋭イージス艦を日本軍に齎そう  


あれ?

13: 名も無き国民の声 2009/05/22(金) 08:56:22 ID:qnusspRdO

>>12

真面目に突っ込もうかと思ったが
指が痛くなりそうだからやめた。ゴメン

引用元:太平洋戦争中の不思議な・怖い話4