b16

866: 名も無き国民の声 2009/08/08(土) 04:28:26 ID:LOghqyHu0

東京都北区にある喫茶店のおばちゃんが
「近所に住んでる人が戦時中に風呂を沸かすために
薪を火の中に放り込んでたらその薪のなかに爆弾らしき
物が入ってて爆発して顔を貫通して大怪我をしてしまい、
そのせいで今ではまともに見られないような顔をしてる」
と言ってた。そんな事ってあるのかな?
867: 名も無き国民の声 2009/08/08(土) 05:49:12 ID:TKwq9K2CO

そりゃマキ型爆弾だな

871: 名も無き国民の声 2009/08/08(土) 09:47:13 ID:MuoiR7Wi0

破片が顔を貫通して生きてるってスゴい丈夫な人ですね
さらに当時の医療技術に感動しまスた

872: 名も無き国民の声 2009/08/08(土) 10:09:13 ID:6P8LDHe00

場所によっちゃ感染症さえ避けられれば生き長らえる。

901: 名も無き国民の声 2009/08/09(日) 23:24:21 ID:wHT5kTxG0

俺のじいちゃん満州鉄道の社員だったらしい
戦争始まって徴兵へーいされて
前線に送り込まれたんだって
それで銃撃戦のさなか後ろにいる味方の銃弾が
じいちゃんの足にヒットしたらしい
味方に撃たれた名誉の負傷wwww
とか笑いながら傷跡見せてくれた

その傷のおかげで死なずに日本に帰れて
じいちゃんは他の人より比較的傷は軽いが
まともに歩けなかったため兵隊として使えない
として除隊させられたんだってさ

「じいちゃんは敵の兵隊撃ったの?」って聞いたら
爺「撃つ前に撃たれたwwwww」
爺曰く「戦争は後ろからも玉が飛んでくる怖いもんだ」
と言ってた
確かに何もしないうちに味方に撃ち殺されたらいやだな
とおもた

後日談としてばあちゃんに聞いた話
傷の治療で入院してお世話になった看護婦さんが、ばぁちゃん
ばぁちゃんはじいちゃんの傷を名誉の負傷と思ってたらしいよ

904: 名も無き国民の声 2009/08/09(日) 23:52:50 ID:vlJXOGOz0

うちのじいちゃん、ボンボンでバイク好きで
乗り回してたら事故って足を悪くしたんで徴兵されなかった。
しかしオート三輪乗ってたら
アメリカの飛行機に追いかけられたらしい。
無事逃げ切って結婚したんで俺がいる。

905: 名も無き国民の声 2009/08/09(日) 23:58:48 ID:GlXgGGpcO

家の爺さん中国再召集出兵時船沈められて部隊全滅
戻って働いた工場は東京大空襲で消失
話聞いてたら悲惨すぎて途中で断念
鬼籍にはいった爺さん偵察機で撮影しまくり
97陸攻の編隊を撮影したり現地の写真取りまくり
フィルムは偵察機の物が簡単にもらえたとのこと。
両親の仲人は南方出撃時に発病で日本に残る。
その部隊は全滅
これも悲惨過ぎてあまり聞けない
今生きてる人達は奇跡なんだろうなとおもいます。

引用元:太平洋戦争中の不思議な・怖い話4