国家総動員報

747: 名も無き国民の声 04/10/18 15:15:26 ID:???

ベトナム戦争に参加したスカイレーダー。
これは小さい機体に合わず
爆撃機並に爆弾を搭載できたので
「こいつはキッチン以外
何でも搭載できるぜ」と評判だった。
そしてある日べトコンに破壊された
基地の家屋にキッチンがあると聞いた 
パイロットがなんと!!
キッチンを吊り下げて『実戦』に参加した。
747: 名も無き国民の声 04/10/18 15:15:26 ID:???

 無事キッチンを『投弾』して帰ってきて
「こいつは何でも搭載できるぜ」と言った
当時のTIMEかなんかの雑誌に
写真が載ってたらしくどっかのサイトでみた
ほんとに普通の家庭のキッチン
(ステンレスの流し台とガスコンロがセットになったやつ)
を吊り下げて飛ぶスカイレーダーはかっこよかった・・・
この話には続きがあって、その話を聞いた別の部隊では
風呂を吊り下げて飛ぼうとしたが、
上官に「真似すんな!」と言われ失敗したそうな

/);`ω´)<管理人オススメ記事をまとめてみました!! ID:totalwar226
748: 名も無き国民の声 04/10/18 15:51:30 ID:???

>>747

確か便器を積んだスカイレーダーも居たな・・・

749: 名も無き国民の声 04/10/18 16:03:56 ID:???

>>748

しかも信管がちゃんと付いてた。
ヤンキー達のヤケクソ振りが良く分かるショットだった。

750: 名も無き国民の声 04/10/18 16:11:36 ID:ftRwHCCu

AD-1スカイレーダーには
操縦士の後部に大型燃料タンクが1つあるだけ
なんだが、

容量は足りたのか?
被弾時の防火は?
操縦士に直撃弾が当たらないようにする配慮なのか?
燃料消費時に重心は大丈夫なのか?

この辺、教えてくだちぃ

752: 名も無き国民の声 04/10/18 16:56:28 ID:???

>>750

ソースはサンケイ文庫だが・・・
なんでも、WW2当時の被弾実績を調査して、
「分散配置するより、防弾・防漏機能を
充実させたタンク1個にした方が生残性イイ」
とか言う判断が出たのと、メッチャ航続距離が長いんで
「分散配置にすると、燃料タンクの
切り替え忘れて墜落するアホウが出るかも」
とか言う配慮で、でっかいタンク1個にしたらしい。 
重心移動は、尾翼取り付け角を
電動可変式にする事で対応したんじゃないかな? 
↑内部分解図にそんな装置が書いてあったような。

751: 名も無き国民の声 04/10/18 16:53:01 ID:???

>>747-748

そういうことを
やらかす国に負けた国が日本・・・・。
信じたくないが・・・・生真面目だけでは
駄目なんだね。余裕が必要なのか。。。

753: 名も無き国民の声 04/10/18 16:57:13 ID:???

スカイレイダーに
なんでも搭載するスレはこのスレでつか?

754: 名も無き国民の声 04/10/18 17:25:42 ID:???

「スカイレイダーにこんなものを搭載するスレ」
とか立てたら流行るかなあ。

/);`ω´)<管理人オススメ記事をまとめてみました!! ID:totalwar226
755: 名も無き国民の声 04/10/18 17:29:58 ID:???

WW2時、
ドイツ軍の操車場を攻撃したP-47の一機が
右翼の爆弾が装置の故障で落ちなかった。
そのまま着陸するのは危ないので、
翼を上下させたりしたが落ちなかった。
見かねた隊長機が
そのまま真っ直ぐ飛べというとなんと
爆弾と翼の間に自分の翼を
無理やり突っ込んだのだった。

そして無事とれ・・・ない。
がっちり食い込んで隊長機も離れなくなってしまった。
さすがにおっかなくなって二人とも
パラシュートで脱出した。

もちろん機体はオシャカ。
「あん時は怖かったよ、がっはっは」と
当時隊長機に乗ってたじいさんの
お茶目な笑いが印象的だった。
当時は低速だったからできた芸当なんだろうな。

758: 名も無き国民の声 04/10/18 18:32:00 ID:ftRwHCCu

タイフーンやテンペストが
低空で高速飛行するV-1ロケットを
翼で引っ掛けてバランスを崩して墜落させる、のは

このスレッドの趣旨に合致する>>755

760: 名も無き国民の声 04/10/18 18:46:01 ID:???

>>758

ああそれhistoryチャネルでこのまえ見たよ
スピットファイヤーの翼をちょこっと当てるだけで
あらぬ方向に飛んでくてゆう話だよね

761: 名も無き国民の声 04/10/18 18:55:31 ID:???

最初V1に射撃して自身もろとも墜落したんだよね。


引用元:★信じられないが、本当だPart18