国家総動員報

569: 名も無き国民の声 04/11/01 22:42:55 ID:???

『等活地獄』って語を思い出した・・・

576: 名も無き国民の声 04/11/01 23:56:08 ID:???

>>569

チョト古い。

577: 名も無き国民の声 04/11/02 00:52:15 ID:???

>>569

一発で「ソドム」と読めた人もちょと古い。
590: 名も無き国民の声 04/11/02 21:48:59 ID:???

ある意味、日本史ネタだけど…。

大阪の陣の際、田中の城門の格子から
西上する井伊家の赤備えを見た家康は、
そのピカピカの赤備えの集団を見るや、途端に不機嫌となり、
「あんな格好をしてたら、荒っぽい戦場で、戦の役にたつまいよ。
井伊家は先陣を切る役目の家柄なのに
不覚悟なことよ」と嘆いて見せた。

しかし、その後方から、剥げ掛かった
赤い古頭形の兜、飾り気のない鎧を纏った、
老武士の集団がやってくると、
「老いても心得のある武者どもだ。物見も先陣も
立派にこなすに相違ない」と喜んだという。

で、その大坂の陣。
この合戦が最後の戦国の戦になる、
と読んだ駿河宰相頼宣の家臣矢部虎之助は、
是非とも目立つ働きをしようと考えた。
そこで、指物師を呼び、長さ二間(3.6m)の
大きな位牌を作らせ、そこに辞世の句、
「咲く頃は花の数にも足らざれど 散るには洩れぬ 
矢部虎之助」と彫り込んで、
勇んで出陣した。

さて、大坂の陣で、
駿河宰相の陣に敵が迫った時、
彼は真っ先に一騎駆けして
手柄を上げようとしたのだが…。
彼の馬はその位牌の重さに耐え切れずに
前へ進まず、遅れを取った彼は戦場に間に合わず、
戦後、これを恥じて自分の屋敷を出ずに
食を断って飢え死にしたと言う。

/);`ω´)<管理人オススメ記事をまとめてみました!! ID:totalwar226
592: 名も無き国民の声 04/11/02 23:03:56 ID:???

>>590

芸人すぎる(笑

601: 名も無き国民の声 04/11/03 06:39:52 ID:???

>>592

ちなみに戦国期における
「芸」とは武芸のことを指すので、
芸人→武芸者であるから、
ある意味ピッタリの言葉ではある。

その後「芸」に歌舞音曲も含まれるようになった。

「芸人=お笑い芸人」はホンの最近の話

593: 名も無き国民の声 04/11/03 00:54:10 ID:???

>>590
はマジ?

606: 名も無き国民の声 04/11/03 12:31:18 ID:???

>>590

で、第1パラグラフにオチはないの?

607: 名も無き国民の声 04/11/03 12:40:16 ID:???

>>606

第1パラグラフは
「格好にばかりこだわるのは
まともな侍ではない」って説明でしょ。

608: 名も無き国民の声 04/11/03 13:28:09 ID:???

大阪の陣(1614-15)って、関ヶ原(1600)から
だいぶ時間が経過してるんだよね。
最前線に立つ20~30歳台の兵や武者は、
実際の戦を知らない。
指揮官クラスの侍大将(30~40歳台)にしても、
関ヶ原以前を知っていても
まだまだぺーぺーだろうし…
>>590の第一パラグラフは、
そのことを嘆いた家康のエピソード。

戦いを経験した兵が強いのは古今東西共通のようで…

610: 名も無き国民の声 04/11/03 16:57:30 ID:???

>>608

大阪の陣より更に20年後の
島原の乱の幕府軍にいたっては、
攻城櫓の作り方を誰も知らず、
大阪の陣で見たことがある老兵の指導によって、
見よう見まねで作り上げた。


613: 名も無き国民の声 04/11/03 18:17:36 ID:???

>>610

幕府軍つーか、幕府から仰せつかった熊本細川軍ね

618: 名も無き国民の声 04/11/03 19:35:06 ID:???

>>610

水野日向守だったか立花左近将監だったか・・。
江戸でなんぼ「兵糧攻め」の説明しても
松平伊豆守の他は誰も聞く耳もたないので
「漏れが行くまで手出しするなゴルァ!」
でのんびりまつたり城中の食い物が
無くなる頃に到着てのもありますな。

619: 名も無き国民の声 04/11/03 19:43:19 ID:???

>>618

オランダ船に艦砲射撃までさせた、知恵伊豆まんせー


引用元:★信じられないが、本当だPart19