国家総動員報

306: 名も無き国民の声 04/12/19 22:51:42 ID:???

日中戦争で日本軍の進軍を止めるために
蒋介石の命令で中国軍が黄河の
堤防を決壊させたのだが、それによる
中国人10万人弱の被害に対して、
日本軍は一人も死なず、被災民の救助をする余裕すら見せた。
もっとも日本軍の進軍を送らせる目的は達した。
まあ信じられないほどでもないか。
315: 名も無き国民の声 04/12/20 01:21:08 ID:???

砂糖を塗すで思い出したけど、
納豆に砂糖を塗すのは北海道だっけ?

318: 名も無き国民の声 04/12/20 02:02:36 ID:Emf2hnSD

まぁ甘納豆というお菓子があるからして
別にいいとは思うのだが。


319: 名も無き国民の声 04/12/20 02:16:36 ID:???

甘納豆だと日持ちし
レーション向きだな

322: 名も無き国民の声 04/12/20 02:30:28 ID:???

北海道の十勝地方で赤飯と言えば
小豆の代わりに甘納豆が入ってる。
これ本当

325: 名も無き国民の声 04/12/20 03:59:26 ID:???

>>322

新潟で赤飯と言えば小豆ではなく醤油で色付けをする

ローソンで新潟醤油赤飯お握りが今出てるっしょ

341: 名も無き国民の声 04/12/20 14:40:47 ID:???

>>325

新潟にも赤飯はある。
醤油で味付けするのは「醤油おこわ」。別の食い物だ。

324: 名も無き国民の声 04/12/20 03:31:05 ID:???

北海道では茶碗蒸しの
銀杏の代わりに、栗の甘露煮を入れる。
修学旅行先で初めて銀杏を食べた学生が
「この栗、腐ってる」と宣ったとか。

327: 名も無き国民の声 04/12/20 05:19:03 ID:???

>>324

北海道にも銀杏ぐらいあるわいっ!
イチョウもはえとるわいっ!
本州行ってへぇ、だったのは
豚汁に里芋入れてる事だな。こっちでは
ジャガイモなんだけど。

337: 名も無き国民の声 04/12/20 09:07:30 ID:???

戦場での唯一の楽しみは
飯と休暇、飯に話が傾くのは不自然じゃない

信じられるがココは戦場じゃない
326: 名も無き国民の声 04/12/20 05:12:43 ID:???

ご飯の話が出てきたので、
たまにはこんなのも・・・・

1943年の論文『遺伝と変異』の中で、
ソ連の(エセ)生物学者ルイセンコはこう述べている。

「メンデル主義者達は、このエンドウの法則を
全生物に対して当てはめようとしたのである。
しかし実際にはこの法則はエンドウの雑種―
それはメンデル自身が得た実例を含めて―に対してすら
根本的に誤っていたのである。すなわちメンデルの実験においてさえ、
さまざまな雑種植物の子孫は3:1の比から著しく外れている。
例えば、黄色の種子と緑色の種子の比はある植物では19:20、
また別の子孫では実に30:1であったのである。」

さすがに世界中の生物学者の笑いものになったらしい。
ソ連の食糧事情が悪かった理由が分かる気がする。
さすがルイセンコ。信じられないが本当だ。

なお、ルイセンコは、獲得形質の遺伝を信じているので、
最後の最後まで遺伝子の存在を認めようとしなかった。

332: 名も無き国民の声 04/12/20 06:18:45 ID:???

>>326

メンデルの実験結果は後生の研究者が
再現実験をしても再現出来ないほどに
1:3:3:9にピッタリと合う。
これについて「神に背きし邪悪な豆」という逸話がある。

メンデルは交配実験の結果、
自分の立てた法則と豆の比率が合わないと、
「邪悪な豆は去れ!」
と言いながら余計な豆をはじいていた。
神のお作りになった美しい
1:3:3:9の比率を乱す豆は邪悪なものだからである。
かくして再現困難なほどに美しいメンデルの法則を立証する
実験結果は完成したのである。

333: 名も無き国民の声 04/12/20 06:46:01 ID:???

>>332

そりゃ、メンデルが
修道院長まで務めた聖職者って予備知識がないと
あまり笑えない理系ジョークだ罠。

ちなみに、メンデルの実験は
いまだ正しく追試が行われていないとか。
理由は「長い時間(8年+6年間)と
複雑な統計処理を行わないといけないため」らしい。
確認するためだけに、普通の研究者は
15年も無駄にできないので、
結果、「簡略化した実験で近似値を確認するだけ」に
なっているのですわ。

336: 名も無き国民の声 04/12/20 08:57:26 ID:???

>>332

ワロタ。

/);`ω´)<管理人オススメ記事をまとめてみました!! ID:totalwar226
338: 名も無き国民の声 04/12/20 09:56:19 ID:???

いろいろ混じってるな。
メンデルの理論は当初、
なかなか生物学会に受け入れられなかった。
これは335の言う通り、
「何で統計やねん」「どんだけ手間かかるねん」
「結果出るの何年先やねん」という問題から。

で、メンデルの死後に
新たな生物学者から「再発見」され、
ダーウィニズムの一端を説明するものとして
ようやく受け入れられた訳だ。

しかし、それでも認めなかったのが
当時ソ連で活発だった
ラマルク進化説を取る研究者。
彼らは「遺伝子」の存在を認められなかった。 

人民の能力は革命的環境によって進化する。
決して生まれながら分かたれている筈が無い。
遺伝子などという観念を持ち出し
人民を操ろうとする陰謀に抵抗せよ!
そんなファンダメンタリストみたいな事を言って、
まだソ連にも居た遺伝の研究者らを粛清したんだな。

国外脱出した者を除けば、
相当数の優秀な研究者が収容所で亡くなったという。
自己批判し、表向きラマルク主義に転向した者も冷遇された。
332は、この頃言われたメンデル批判の一つでは無かったかな?
何しろ、学会がまともに注目した頃には本人死んでるし、
アマチュアが一人でこつこつ研究してたんだから、
周りにディープな証言できる香具師がいるとも思えない。


引用元:★信じられないが、本当だPart22