b939

459: 名も無き国民の声 04/12/21 16:01:47 ID:???

しかし何でまた大山柏氏は
東条に目の敵にされたのでしょうか?
ひょっとして薩摩藩出の大山が書いた
「戊辰役戦史」を、
盛岡藩出の東条が気にくわなかったとか、
そういうものすごいしょうもない理由か?
462: 名も無き国民の声 04/12/21 16:23:28 ID:???

>>459

東条に嫌われていて云々は
いくらでもあるわさ。その多くがデマしかないさ。

東条というか統制派に睨まれたとしたら、
山下奉文のように226に関わった
皇道派の危険人物と見られていただけだろ。
皇道派は東条失脚後に
復権したのが多くいるけどな。

だけど招集かけられて
本土決戦部隊に配属なんての時期は、
東条は失脚してるじゃねえか。

そういうわけで大山柏と東条の関係なんてねえさ。

/);`ω´)<管理人オススメ記事をまとめてみました!! ID:totalwar226
461: 名も無き国民の声 04/12/21 16:16:42 ID:???

http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5908/

あと上にも出てる大山柏とカタパルトで検索すると
出てくるこのサイト面白い
とくにこのページとかあと侍が戦場でどのくらいケガしてたとか

464: 名も無き国民の声 04/12/21 17:01:07 ID:eFWpRDdi

ttp://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5908/mb1/index.htm


この帝国陸軍唯一のレンジャー旅団の任務は対ソ戦だった。
ソ連と開戦した際にはシベリアに密かに侵入して
鉄道路を爆破遮断、タイガの中で遊撃作戦を行うのである。
このため原始林でのサバイバル訓練を積んだのだが、
問題はいかにして密林や荒野を乗り越え、
敵領土の奥深く密かに侵入するかであった。 
そして機動第一旅団は兵士たちが音も無く、
夜空を一人ずつ飛んでいくという忍者めいた技術を
遂に実用化したのである!

奇策! ふ号兵器 

その驚異の技術とは関東軍の
近藤石象技師(のち航技少佐)の発案した
「ふ号兵器」である。それが何かは
下図を見れば一目瞭然だろう。

闇に消えたというのは完全には正しくなかった。
「ふ号兵器」はなんと形を変えて生き延びていたのである。 

この記事を書いた後、何気なく検索したサイトで
ジャンピングバルーンという
アトラクションを見つけた。あちこちのイベントに展示され、
実際に遊ばれているらしい。 
気になって調べてみたら、国会図書館の目録にこんな本があった。

「空で遊ぼう!! ジャンピングバルーン」近藤石象、ラテイス(1967) 

著者は「ふ号兵器」の近藤少佐に間違いない。 
これも軍事技術の平和利用、ということになるんだろうなあ。

473: 名も無き国民の声 04/12/21 20:37:44 ID:???

>>464

ふ号兵器の近藤少佐と、
ジャンピングバルーンの近藤氏は
同じ人です。

ジャンピングバルーンの材料からして、
和紙とこんにゃくのりです。

474: 名も無き国民の声 04/12/21 20:45:24 ID:???

いまハヤリの「韓流」は
植民地時代の台湾でつくられた日本語。

475: 名も無き国民の声 04/12/21 21:03:56 ID:???

ふと思う。韓流ブームの先駆者って
「オジャパメン」だったんではなかろーか。

476: 名も無き国民の声 04/12/21 21:20:47 ID:???

時は明治2年 政府の鉄道建設計画が
根本から揺らぎかける事件がおきた
なんと慶応3年、江戸幕府がアメリカに
鉄道建設免状を出していた事が発覚
アメリカ公使館がその免状を楯に、
鉄道建設をさせるよう求めてきた

「そんなことを許可したら
植民地同様になってしまう」と大隈重信が突っぱねた所
翌日公使が抗議状を持って政府に乗り込んできた
そこで仔細に免状を調査したところ、
署名が将軍慶喜ではなく老中小笠原壱岐守であり
大政奉還直後の12月23日発行だった 
つまり無資格の老中が勝手に発行したものだった

それを理由に再度突っぱねたが、公使は納得せず
一時は戦争も辞さない構えだったという

/);`ω´)<管理人オススメ記事をまとめてみました!! ID:totalwar226
479: 名も無き国民の声 04/12/21 21:38:04 ID:???

翼面荷重が200Kgもあり
見た目いかにも重戦闘機ライクなBf109だが
翼面荷重が130Kgしかない
スピットファイアや110Kgのハリケーンより
実は小回りが効いた。
全金属単葉引き込み脚機でBf109より小回りが効くのは
零戦と隼ぐらいしかなく、かつロール率のよさまで考えれば
Bf109がもっとも俊敏な戦闘機と言って過言ではない。

480: 名も無き国民の声 04/12/21 21:52:29 ID:???

>>479

どっかの戦闘機スレで思う存分主張してきてください

501: 名も無き国民の声 04/12/21 23:02:32 ID:???

>>479

Bf-109の意外なほどの運動性の高さは
主翼前縁の引き出しフラップ(スラット)によるものだが、
多くのメッサー乗りは一撃離脱戦法に徹し、
このフラップの効果がでるような低速・小旋回半径での
戦闘を行わなかったためほとんど無用の長物だった。
これを使いこなせていたのはマルセイユのような職人的で
編隊空戦を行わない一匹狼な一部のエースだけだった。

一方スピットファイアの特徴でもある楕円翼は、
主翼端で発生する翼端渦を少なくする
効率の良い翼形であるが、逆に言うと旋回による
翼端の抗力も発生しにくいので曲がろうとしてもなかなか
速度が落ちず小さく旋回できない傾向を持つ欠点も持つ。
しかるにスピットファイアのマーリンエンジンの
気化式燃料供給装置は初期の頃は
気圧の急変化に対応しておらず、
急降下による一撃離脱戦法が取れなかった。

ということで、後知恵で見ると
バトルオブブリテンは両軍共に
お互い主力機体の一番の持ち味を
活かさず・活かせずに戦っていた
妙な戦闘だった,ということになる。信じられないが本当だ。

482: 名も無き国民の声 04/12/21 22:07:06 ID:???

『足りぬ足りぬは工夫が足りぬ』は
戦中日本の合言葉。海軍も例外ではない。
空母瑞鶴ではこんな工夫が現場で行なわれていた。

1.レッコ(海上投棄)用レール
破損のひどい機体は海に捨てるのだが、
そのまま放り出すと甲板下のスポンソンや
人間に引っかかる危険がある。
そこで鉄骨を3本甲板と直角に張り出させ、
この上を滑らせて捨てるようにした。

2.搭載機数増大のために
艦尾付近の短艇格納用甲板と
格納庫の床の高さが同じなところに目をつけ、
この間の仕切り壁を撤去して搭載機数の増大を図った。
艦攻3機分のスペースが確保できたという。

ちなみに2の話を瑞鶴の元乗組員から聞いた
某作家が、元艦政本部の福井静夫氏に話したところ、
一瞬絶句した後「そういうことをされると強度が落ちるから
困るんですよね」と何とも言いようのない反応を返したとか。

494: 名も無き国民の声 04/12/21 22:43:51 ID:???

日本人で超音速飛行を始めて
体験した人の話とか無いのか。

495: 名も無き国民の声 04/12/21 22:45:41 ID:???

>>494

桜花に乗った人じゃないのか?

496: 名も無き国民の声 04/12/21 22:47:17 ID:???

>>495

おまい、松本零士の漫画を
信じているんじゃあるまいな?

498: 名も無き国民の声 04/12/21 22:57:18 ID:???

>>494

日本ならF-86のパイロットじゃない?

/);`ω´)<管理人オススメ記事をまとめてみました!! ID:totalwar226
497: 名も無き国民の声 04/12/21 22:54:31 ID:???

うーん、じゃあ秋水に乗った人じゃないのか?

499: 名も無き国民の声 04/12/21 22:58:09 ID:???

>>497

あれも初飛行(にして、最後の飛行)で、
離陸直後に墜落してるだろうが。

500: 名も無き国民の声 04/12/21 22:59:01 ID:???

>>497

つーか、「ロケットにすれば音速を越える」とか
思ってないか?

503: 名も無き国民の声 04/12/21 23:05:20 ID:???

飛燕2型の空戦も、
計器速度1000キロ突破したというものだから
音速超えたかどうかは分からん

505: 名も無き国民の声 04/12/21 23:26:43 ID:???

そんな話ははじめて聞いた。
出典をキボンヌ

510: 名も無き国民の声 04/12/22 01:47:32 ID:A5+ZygpD

>>505

>>503の話はオイラも聞いたけど
ソースが思い出せない。
確か本土防空戦にまつわる手記かなんか。
思い出せる記述は「・・・飛燕は
当時の日本機としては堅牢な機体で・・・
突入に失敗し速度計を見ると1000kで止まってた云々」
ちなみに飛燕の制限降下速度は850kmだそうです。
(これ本当って表現むずかし)

511: 名も無き国民の声 04/12/22 01:57:23 ID:pHOxxQq2

>>505

昭和20年に、飛燕2型に乗った
航空審査部の坂本少佐がF6Fとの空中戦中の急降下で
1000キロまで計れる速度計が振り切れて壊れた
まあ、ここまでの高速になると結構誤差も出るらしいが

506: 名も無き国民の声 04/12/21 23:37:39 ID:???

事故でいいなら墜落中に音速突破の事例はあるぞ

507: 名も無き国民の声 04/12/21 23:48:29 ID:???

ベトナム戦争で米軍は
AD-1でシステムキッチンや便器を
公式なミッションとして敵に投下してきたけど、
他にもロクでもないもの投下した話って無い?

508: 名も無き国民の声 04/12/22 00:11:07 ID:???

>>507

政治ネタ、食い物ネタ

/);`ω´)<管理人オススメ記事をまとめてみました!! ID:totalwar226
509: 名も無き国民の声 04/12/22 00:13:02 ID:???

米海軍の最終型ファントムF-4Sは
翼下クリーンで機内燃料が満載だと
規定で飛行する事が出来ない。

原因は増設した機器により重心位置が後退し、
許容範囲を超えてしまうため。

信じられないが本当だ。

483: 名も無き国民の声 04/12/21 22:12:37 ID:???

小ネタ…。

戦争末期、とある新聞が、
陸軍の戦勝を報じた記事を情報局に提出した。
勿論、検閲に引っかからなかったので、
情報局はその記事の掲載を許可した。

翌日、情報局の担当者が記事を見て激怒した。
それというのも、昨日新聞社が持ってきた記事と
全然違う記事を掲載していたからだった。
当然、情報局の担当者は新聞社の編集長から
何から呼びつけたのだが…。 

実は、情報局の許可が降りた後、
陸軍報道部から記事の差し換え依頼が来て、
陸軍報道部検閲済みの記事を載せたためと判明。

情報局は拳の下ろし処が無く、困っていたという。
信じられないが本当だ。