国家総動員報

2ちゃんねるの軍事関係のスレをまとめています。 その他、大日本帝国時代を懐古する様なスレもまとめています。 過激ではなく穏やかに保守の思想を貫きます。

イメージ
}管理人のつぶやき:「日本ってやっぱ凄いよ」 日本の日常のふとした光景に外国人が感銘!

宗教

なぜ日本人は一神教に拒否反応を示すのか

国家総動員報
国家総動員報

1: 名も無き国民の声 2017/11/13(月) 00:58:43.60 0

一神教のほうがシンプルでいいと思うけど

68: 名も無き国民の声 2017/11/13(月) 02:02:22.33 0

>>1

一神教は家族や身内を救ってくれないから

69: 名も無き国民の声 2017/11/13(月) 02:12:16.37 0

>>68

そんなの方便でもし「この宗教に入れば入ったお前だけは
確実に死んだ後好き放題な世界だ!」という確実な証拠出す宗教出たら
雪崩売ってみんなそこに入るわ
続きを読む

欧米「聖書のない日本で規律正しい秩序が生まれるのが不思議でならない」

b417

1: 名も無き国民の声 2017/11/08(水) 23:17:08.97 0

だそうです

10: 名も無き国民の声 2017/11/08(水) 23:26:45.64 0

>>1

聖書が間違っていると
なぜ考えないのか
続きを読む

イスラム教徒「日本ではスカーフを被っている人は雇えないと言われた」

no title

1: 名も無き国民の声 2017/11/07(火) 14:32:12.25 ID:/44vrJzcd

イスラム教の女性が髪の毛を隠すため、頭に巻くスカーフ
(アラビア語で「ヒジャーブ」、インドネシア語で「ジルバブ」)。
イスラムの聖典でも定められているものだが、東京で暮らすイスラムの女性たちが、
ヒジャーブを身につけているために、アルバイトとして雇ってもらえないという。

女性たちの窮状を訴えたのは、インドネシアの日本語通訳、ムハマド・スルヤさん。
10日1日付の朝日新聞投書欄で、
「物価の高い東京に大勢のイスラム教徒が暮らしている。
生活費を稼ぐために、彼女たちはアルバイトを探すが、どこも雇ってくれない」
「私の娘もアルバイト先を探したが、どこも雇ってもらえなかった。
その理由はジルバブを被っているから」と投書した。 
 
「採用の過程において考慮される要素は多いため、
不採用となった場合にその理由が本当にヒジャーブなのか
という判断は容易ではない、ということを最初に指摘しておきたいと思います。
その上で、仮に不採用の理由がヒジャーブであることが明らかだという前提でお答えします。
米国では人種差別を禁止する法律(公民権法)があり、その中で宗教を理由に
雇用を拒否することが明確に禁止されています。
ご紹介いただいた事案でも、この法律に違反するという判断がされました。 
https://www.bengo4.com/kokusai/n_6900/

4: 名も無き国民の声 2017/11/07(火) 14:33:38.50 ID:TWQOgf/c0

あのさあ、
自分から他者とは明らかに違う行為や格好しておいて
都合の良いところだけは同じにしろって
そんなの受け入れられるわけないでしょ
常識で考えようよ
続きを読む

ダライ・ラマ14世猊下 11月の来日中止 疲労が原因

b998

1: 名も無き国民の声 2017/10/03(火) 20:32:38.77 ID:CAP_USER9

11月、福岡市と熊本市で講演を行う予定だったチベット仏教の最高指導者、
ダライ・ラマ14世が、来日を取りやめたことがわかりました。
疲労が原因とみられるということです。

チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世は、
11月10日から21日まで日本を訪問し、東京での法話に続いて、
14日に福岡市で15日に熊本市でそれぞれ講演を行う予定でした。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所によりますと、2日、亡命先の
インド・ダラムサラにある法王庁から、「医師から休養を勧められた」と連絡が入り、
日本への訪問を取りやめることが決まったということです。

事務所では、「ダライ・ラマ14世の詳しい健康状態については分からないが、
疲労が原因とみられる」としています。ダライ・ラマ14世は非暴力主義の立場から、
中国当局による人権弾圧などチベット問題の解決を訴え続け、
1989年にノーベル平和賞を受賞し、82歳になった今も、世界各地を回っています。

日本には2000年以降、ほぼ毎年訪れていて、
今回、福岡県には9年ぶり、熊本県には12年ぶりの訪問になる予定でした。  
  
全文は下記のアドレスへどうぞ
http://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20171003/4482951.html

4: 名も無き国民の声 2017/10/03(火) 20:33:57.91 ID:4UerDmiE0

>>1

どうか無理しないで長生きしてください。
続きを読む

自衛隊「不発弾撤去!」神社「うちの宝物やぞ!撤去すんな!拒否する!」

国家総動員報桜

1: 名も無き国民の声 2017/09/28(木) 11:47:04.79 ID:Yvi6jiu4a

境内にある砲弾を撤去しようと、陸上自衛隊不発弾処理隊が27日、
群馬県沼田市榛名町の榛名神社(金子浩隆宮司)に出動したが、
神社側が砲弾の撤去を拒否した。

神社によると、長年まつっているが安全性は確認していないという。
神社での砲弾発見は5月以降、大分県や宮崎県などで
相次ぎ、陸自に回収されたものもある。

神社によると、砲弾は旧日本軍の未使用弾とみられ、長さ約78センチ、
直径約29センチ。「昭和七年二月」「海軍機関特務大尉金子芳太」と刻まれており、
1932年に奉納されたとみられる。境内の駐車場近くでコンクリートの土台に固定されている。  
 
県外で砲弾の発見が相次いだのを受け、金子宮司が6月に沼田署に相談。
報告を受けた県警本部が自衛隊に撤去を要請した。
金子宮司は「安全性について質問しただけで撤去をお願いしたわけではない」と話している。

同署は「100%安全ではないので早期の撤去が望ましい。
今後、神社から申し出があれば速やかに撤去する」とコメント。
金子宮司は「長年、神社にまつられてきた宝物。
氏子総代会に諮って方向性を決めたい」としている。

専門家によると、神社や民家で相次いで発見された砲弾の多くが
日清・日露戦争の戦勝記念として奉納されたとみられる。

どうなる砲弾の撤去 沼田の神社に自衛隊出動
http://www.jomo-news.co.jp/ns/1915065300607177/news.html

76: 名も無き国民の声 2017/09/28(木) 12:01:45.47 ID:pWy2Nrnra

>>1

勝手は!榛名が!許しません!
続きを読む
イメージ
イメージ
無慈悲な鉄槌を加える!
管理人:左大臣                      国民全てにお報せしたい情報を    記事にしております          非常時には国家総動員法に限る 相互リンク募集中です
最新記事
記事紹介
遺憾の意を表明する?
保 守 を 育 む 愛 国 心
一日一回、清き一票を!
記事検索
最新コメント
アクセスランキング
イメージ
イメージ
イメージ